2019年08月 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2013.12.30 (Mon)

CLUB SEVEN 9th stage! 観劇日記 +2013/12/7+

CLUB SEVENは前々から名前だけは知っていましたが
今回、友人に誘われて初CLUB SEVEN に行ってきました。

1幕は歌とダンス。ショートコント的な短い劇を織り交ぜて進んで行き、しかも
展開が速い。
2幕はミュージカルと50音順メドレー。
という構成でした。

とにかく かる~く観れて、笑えるシーンが盛りだくさん!
そしてダンスと歌でビシッと決めるところは決めてカッコ良かった。

1幕で一番印象に残っているのは子供オーディションです(笑)

子供に付き添ってきた母親も巻き込まれてのオーディションで
玉野さんの一言で、カエル・ゴキブリ・蚤の演技を子供と母親がしなくてはいけなくて
それが面白すぎ!それぞれ虫になりきって演技するのですが…(笑)
みんな弾けてました。
何を演技するかはアドリブと言うか毎回違うらしいのですが
あまりにも玉野さんの出す課題が素朴?なだけに凄い笑えました。

この時、古川さんはお母さん役だったのですが
すごい美人!綺麗で女装がとっても似合ってました。
エリザの時の皇太子の面影はまったくなかった…(笑)

2幕のミュージカルは全18曲だと玉野さんからコメントがありました。
このミュージカルは…曲調はちょっとレミゼに似ていると言うか
本格的なミュージカル的な感じでした。
小野田龍之介さんが一番歌が上手かったな~。
私には贔屓目で吉野さんが主役に見えましたが…
贔屓目で見ると誰もが主役に見えるような演出でした。

50音順メドレーは誰もが知っているような
CM曲やヒット曲を怒涛のごとく歌って踊るステージ。
圧巻でした~。しかも笑えた(笑)

古川さんの声、帝劇では細くて聴こえにくかったけれど
クリエだと良く聴こえて普通に上手かったです。

今回、とっても驚いて、やっぱりな~って思ったのは
吉野さんの事。

いやいや。大した事ではないのですが…
『ダンス オブ ヴァンパイア』のフィナーレで少しだけ踊るシーンがありますが
私は毎回ずっと吉野さんを見ていました。
踊り上手いな~と…。

今回、CLUB SEVENで本格的に踊っているのを見て…
いや~。本当にビックリ。TDVよりも本格的に歌って踊って
しかも激しい… メドレーではずっと踊ってるし…。
私はずっと吉野さんに釘付けで、、、、(^。^;;
本当に吉野さんカッコ良すぎました。
髪形も素敵で良かったです(o^-^o)

それにしても、吉野さんが『三銃士』でアキレス腱断裂という大怪我(一体何年
前の事だ?って感じですが)をして、演出は多少変わったものの、それでも舞台
に立ち続け、役者魂を見せてくれ、東京楽日に降板しますと悔し涙を流していた
吉野さん。
その後、怪我も回復して舞台に復帰と言うところまでは知っていましたが…

あの日以来の吉野さん観劇。本当に治って良かったな~と心底思いました。
こんなにもキラキラ輝いていて、生き生きとしている吉野さんを見れて本当に良
かった。いや~前から思っていましたが吉野さんって“華”があるな。と改めて思
いました。

そうそう!今思い出しました。
牙とマントを付けてヴァンパイアで登場するシーンがありました。
TDVの時の吉野さんの綺麗なマント裁きも脳裏をよぎり…
あ~また、伯爵(山口さん)と息子(吉野さん)として舞台で観れたら…
心底、嬉しいのな。。。。


出演者
玉野和紀 / 吉野圭吾 / 西村直人 / 町田慎吾 / 中河内雅貴 / 古川雄大 / 上口
耕平 / 小野田龍之介 / 橋本汰斗
スポンサーサイト
23:43  |  その他舞台  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.01.08 (Sun)

深呼吸する惑星 観劇日記 +2012/1/7+

今日は第三舞台の公演を観て参りました。
待ちに待った第三舞台の10年の封印解除公演!?
と思ったら、おまけがついて「・・・&解散公演」・・・

10年前、本当に封印は解かれるのか?って思って疑っていましたが
解除と同時に解散なんて(泣)

本当はVの11/27の初日前日(12月はTDV三昧になるので)11/26(土)に行きたかったのだけれどチケットは取れず・・・
半ば諦めていた所、「1/7のチケット取れたよ~」と
友人から朗報が入り凄い嬉しかった~。

これがまた昔から第三舞台のチケットってまったく取れなかった(泣)
なので、封印やら何やらで、今回でようやく観劇3回目です。

観劇日記と言うよりも思い出日記的です。

劇場はサンシャイン劇場でした。なんとなく古いイメージがあったのですが
久しぶりに行ったら改装されてとっても綺麗になっていました。
ビックリ!!(笑)

最後に行ったのは実に15、6年前に観た第三舞台の「リレイヤーⅢ」でした。
まさに再会♪って感じです。

劇場へ入ると沢山のチラシをいただきます・・・
するとこれまた懐かしや。
鴻上さんがノートに書いた「ごあいさつ」(コピー)も一緒に入っていました。
こういう「ごあいさつ」昔もいただきました。今も大切に取ってあります。

ロビーには鴻上さんがオレンジのTシャツ?トレーナー?を着て立っていらっしゃいました。

客席の雰囲気は、、、
これまた濃密な感じで第三舞台の復活を心待ちにしていた人達が集まっている雰囲気。
この舞台。一時をも見逃すまいとして、みんながみんな舞台に集中している感じで、舞台と客席に凄い一体感がありました。

鴻上さんの演出・・・

オープニングから、あ~そう言えば昔もこんな演出だった!
って懐かしかったな~。
第三舞台って全員で踊るんですよね~
それが凄い格好良くって昔観た時「カッコイ~~!!」って思った記憶が蘇ってきました。

そしてストーリーは相変わらず、やっぱりとってもシュールでした。

舞台展開は凄い早くて飽きないのですが話に付いて行くのが大変!
凄いスピード感があり、渦の中に巻き込まれていく感じ。
このシーンがどこに繋がって行くんだろう?????
どこに着地するのか??????
と言っても真面目な話で悶々とする感じではありません。
笑いも沢山あり…
ジグソーパズルのようで、とにかく「???」だったのが最後にピタッとはまるこの流れ・・・
そして密かに散りばめられたメッセージ。ちょっと淋しげなエンディング。

筧さん。
実は第三舞台のDVDでは見たことがありますが
第三舞台の一員として筧さんを観るのは初めてでした。
(ミス・サイゴンのエンジニア役、観に行きました)

筧さんは相変わらずの芸風・・・
いえいえ(笑)相変わらずの役柄で盛り上げ役みたいな
お笑い担当的でパワフルでした(笑)

大高さん、小須田さん、長野さん、山下さんは
封印されている間も舞台は何回か観に行きました。

TVでは「世にも奇妙な・・・」とか色々なドラマでちょいちょい見かけます。
さすがに個々のスケジュールチェックは出来ないのですが
色々なドラマを見てて、出演されていると嬉しくなります。

大高さん、小須田さんは刑事とか医者役が多いかな?
しかも怪しい・・・(苦笑)怪演な事が多いので、そこが楽しい。
長野さんは普通にお母さん役とか先生役とか色々な役をしているのを見ます。
直近では山下さんが「ラストマネー」で意地悪な(親分肌の)パートのおばちゃん役で出てて「おお!山下さんだ!」って思いました。

私は第三舞台という劇団、全員がとっても個性的で好きなのですがあえて言うなら
小須田さんが一番好きかな~?
何と言うか…いつも怪し過ぎるというか、雰囲気、台詞回しが
何とも言えず、いつの間にか引き込まれている自分に気付きます。
今日もそんな感じでした。

そして今回も長野さんの鳥の着ぐるみ姿を見れて楽しかった(笑)
懐かしい~!!何度見ても可愛い!
劇中で他の出演者から着ぐるみアピールがあって、いつ着ぐるみを着て出てきてくれるのか楽しみにして見てしまいました。

私が初めて見たのは黄色いヒヨコ姿だったかもしれません。
今までペンギンとか飛べない鳥ばかりだったみたいですね。
ところが今日は「カモメ」の着ぐるみで初めて飛べる鳥と言う事でした。
飛び立つと言う事か・・・って淋しい気がしました。

高橋一生さん。
私は細かいキャストチェックとかしないで観に行っているのですが
高橋一生さんが出演されてて驚きました。
「名前をなくした女神」で初めて知りましたが、まさか生で見る事があるなんて!

高橋一生さんも第三舞台のメンバーに混ざって踊っていました。
全員でのダンスは本当に格好良くて好きです。

最後、劇中。
舞台上の人達が見えなくなるほどの量の黄色い紙吹雪が容赦なく降りてきて凄かった。最後の最後は横からバ~ンという感じで黄色い紙吹雪が撒かれ・・・
やっぱりダンス オブ ヴァンパイアを思い出してしまいました。

カーテンコールは3回。
私の好きな人達、全員一気に見れる貴重な舞台だった・・・
ってしみじみ・・・(泣)
一列に並んでいると圧巻でした。

大高さんが最後に出てきて「七草がゆを食べましょう・・・」的なことを言っていました。

作・演出:鴻上尚史 
キャスト:筧利夫・大高洋夫・長野里美・小須田康人・山下裕子・筒井真理子
高橋一生・荻野貴継・小沢道成・三上陽永




終演後も斉藤和義さんの「ずっと好きだった」が流れていました。

歌を聴いていたら・・・
私はずっと第三舞台が好きだった・・・。
そして復活をずっと待っていた・・・。
とつくづく思ってしまった。


鴻上さんの選曲・・・
いつも余韻が残ります。
このCD借りようかな~?

今まで演劇系ではパンフレットは買った事がないのですが
今日は最後の記念にと思って購入しました。

サードステージ


そしてこの舞台のDVD、収録本「もうひとつの私家版第三舞台」も予約♪
「もうひとつの・・・」の方は遠い昔に購入した写真集のような本「第三舞台」とかぶる部分があるのかな?って思ったけれど、もういいんです。購入する事にしました。

なんと!
YouTubeにメッセージがUPされていました!
製作発表もあったんですね。知らなかったな~。
後でゆっくり見てみたいと思います。

YouTube★daisanbutai2011 製作発表他

 

 

大千秋楽の模様が映画館にて生中継されるようですね。

03:09  |  その他舞台  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2011.10.16 (Sun)

美男(イケメン)ですね 観劇日記 +2011/10/10+

友人に誘われ、突然。
「美男ですね」の舞台を観に行って参りました。
劇場は赤坂ACTシアター。

赤坂なんて10年ぶりに行きました。
初めて行ったのは10数年前で(96~97年ぐらい?)に劇団四季の「美女と野獣」を観に行った時でした。
その時はすでに山口さんは退団されていたのですよね・・・なんて思いつつ。

TVで良く見るTBSの建物も初めて生で見た!(笑)
TBSの建物の中へ入ってみるとちょっとしたスペースに歴代のTBSの看板番組の写真などが展示されていました。

CAKSHCBV.jpg

「美男ですね」は韓国ドラマをTBSでリメイクし、7~9月の夏クールで放送されていましたが、、、
私は(韓国版をみていたので)日本版はなんか入り込めず第一話だけ見て断念・・・

実は・・・ドラマ好きな私はフジテレビの韓流αも録画して見ているのです。
韓国版も初め見た時は「どこがイケメンなんだ?(-_-;)」って思って適当に流し見していました。が、なんとなく見ている内に演技が上手くて、ストーリーも面白くって徐々に早く次を見たい!って思うようになっていました。本当に韓国版は胸キュンって感じで「こういうのが胸キュンって言うんだよね~まさにその通り!」なんて思ってしまいました(笑)

今ではヨン様をしのぐようなグンちゃん(チャン・グンソク)人気で凄いですね!
私は視点がちょっと違うのかな?(笑)このドラマの中ではお茶目で面白くて可愛い
イ・ホンギがお気に入りでした。それから主題歌や挿入歌もイ・ホンギが歌っている方が好きだったな~。綺麗な声で♪

前置きがかなり長くなってしまいましたが
韓国版の「美男<イケメン>ですね」を見ていたので、あんなに長いドラマがどういう風に舞台化されるのか楽しみでした。

1幕目は省略部分も多いいけれど、ほぼTVと同じような流れ。2幕目はかなり改変。な感じ。
胸キュンというよりは、コメディで笑いが満載。めちゃくちゃ笑えました。

出演キャストをざっと見ると高橋ひとみさんしか知らない感じ?って思って行ったら
他に松澤一之さん、猫背椿さんとか知っている方もいて、こんな事でもなければ生で見れなかった…って思ってしまいました。

マネージャー役の人。
美男(美子)の事を韓国版でのコ・ミナムの「ミナム~」って言った箇所があった気がしたけれど私の聞き間違いかもしれません。

そして友人が最近嵌っていると言う北山君は、どんな感じなのかな~?と若干ドキドキして見てしまいましたが
普通に演技も上手かったし、歌は「イケメンですね」の歌、3曲を歌っていましたが、歌も上手かったです。(歌が知っている曲だったのが嬉しかった)

感想を一言で言うと、とにかく笑えて、歌も楽しめた舞台でした。
回を重ねるごとに進化していく舞台だな~とも思いました。
そしてリピーターもかなりいると思うので、楽が近づくにしたがって客席と舞台がさらに一体になってライブシーンもかなり盛り上るような気がしました。

たまには違う舞台を見るのも“新鮮ですね!”

CAGJHPHH.jpg

キャスト
桂木廉: 北山宏光(Kis-My-Ft2)
藤城柊: 内博貴
本郷勇気: 宮田俊哉(Kis-My-Ft2)
桜庭美男/美子: 高畑充希

馬淵始: 玉置孝匡
NANA: 真野恵里菜
出口(記者): 市川しんぺー

亜弓 他: 竹井亮介
直美 他: 植田裕一
七海 他: 高松泰治
美咲: 藻田留理子

桜庭シゲ子(叔母さん): 猫背椿
安藤弘(社長): 松澤一之
院長: 高橋ひとみ

テーマ : ミュージカル - ジャンル : アイドル・芸能

05:14  |  その他舞台  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.02.01 (Sun)

「ムサシ」のチケット…

昨日、「ムサシ」のチケット発売でした。

私は小栗旬さんと藤原竜也さんの二人も注目しているので
共演ならぜひ観に行かねば!!と思ったものの…
肝心なチケットが取れませんでした。
チケットぴあ独占販売だった…後は若干、カード会社枠があったけれど。

先行から挑戦したのにな~。先行は見事に落選。
そして電話は繋がらず。
繋がったのは10:29でした。
が…「完売です」と無情のアナウンスが流れ撃沈。

さいたま芸術劇場って超狭い所だから、取れたら奇跡かも?
店頭販売も埼玉会館とか熊谷で各20席ぐらい?あったみたいだけれど徹夜組とかいたのかな?
朝は凄い突風の嵐でこれで並んで買えなかった人はかわいそうだな~とも思いました。

今後もこの2人が舞台をやるとなったら観に行きたい人たちです。
生で見てみたいな~。
そして蜷川幸雄氏の舞台も賛否両論あるみたいだけれど1度は見てみたいと思ってます。

04:31  |  その他舞台  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.10.10 (Fri)

ミス・サイゴン 観劇日記 +2008/9/21+

またミスサイゴン観て来ました。
観劇からあっと言う間に数週間経ってしまいましたが・・・

この日はキャストが以前見た時と同じだったので
双眼鏡を使わずにゆる~~~く観ようと思っていました。

ところが、知らず知らずの内に引き込まれてしまった・・・
キムとトゥイが子供のタムを挟んで争そうシーン。
泉見さんの迫真の演技に釘付けでした。
そのシーンが終わって思わずハッとしてしまった。

ゆるく見るはずだったのに・・・
うわ~~~入り込んでしまった・・・と
思わず、、、舞台って楽しいなとつくづく思った瞬間です。

2幕目最初の岡さんの「ブイドイ」・・・聴き入ってしまいます。
岡さんと言うとなんとなく、、、、声が高めで伸び伸びとした歌い方。
というイメージがあるのですが、今回、岡さんの“低い声”が
すごいいい声だな~と思いました。

今回のミス・サイゴンは岡さん、泉見さん、が見たくて行った感じです。
またしても、見たことない方にはさっぱり分からないレポになってますがお許しください。

それにしても来年の夏はまたヴァンパイアで泉見さんの熱いアルフが見れるんだな~と思うととっても嬉しいです。

キャスト

エンジニア・・・別所哲也
キム・・・知念里奈
クリス・・・井上芳雄
ジョン・・・岡幸二郎
エレン・・・鈴木ほのか
トゥイ・・・泉見洋平
ジジ・・・菅谷真理恵

テーマ : 舞台・ミュージカル - ジャンル : アイドル・芸能

21:30  |  その他舞台  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.07.27 (Sun)

ミス・サイゴン 観劇日記 +2008/7/26+

最近暑くて死にそうです・・・
パソコンも熱くて?いきなり落ちることがしばしば・・・
暑い季節・・・なるべくPCを使わないよう控えめにしているのですが
いきなりスキャンディスクが自動的に開始され
「とうとう壊れた~???」なんて不安でいっぱいです。

そんな中、、、26日、観にいってきました。

別所さん・・・
レミゼの時は山口さんと同じ役なので、レミゼでは見たことないのですが
ミス・サイゴンでは2.3回目かな~?
なんだか、以前と違ってチンピラ、ヤクザっぽく胡散臭さ倍増って感じでした。
眉毛がなかった・・・。別所さんも背が高いので舞台栄えします。

岡さん&泉見さんは言うことなし!
でも・・・もっともっと歌が聞きたい!!と思ってしまいます。

今回、泉見さん見たさに行っているのか?良く分からないけれど・・・
泉見さんの迫真の演技好きだな~♪
親が決めた婚約者だったとしてもキムに対して一途だし。
キムに撃たれて、死んでしまうシーン。
目を見開いたまま長い時間、瞬きせずに倒れててすごいなと思う。
2幕目は亡霊のところしか出てこなくて
「あ~終わっちゃった・・・」って早々にエンドなのでちょっと淋しい。

井上君は井上君のクリスを演じていてとっても良いのですが
なぜかどうしても井上君のクリスを見つつも
以前、クリス役だった石井一孝さんがどうしても頭をよぎってしまいます。
石井さんのクリス、、、熱くて好きだったな~。

こう言っては何ですが、私はそういうフラストレーションがいやで
山口さんと同じ役の場合はどんなに興味があっても観にいかないことにしています。

ミス・サイゴンはレミゼ並に話が重いので「よし!観るぞ!」って思わないと
私的にはちょっと大変かも。
でも・・・・今まで気が付かなかった、見逃していた所を
そういうことだったのか~と確認できて新たに作品の奥深さを感じられたりしました。


キャスト

エンジニア・・・別所哲也
キム・・・知念里奈
クリス・・・井上芳雄
ジョン・・・岡幸二郎
エレン・・・RiRiKa
トゥイ・・・泉見洋平
ジジ・・・池谷祐子

テーマ : 舞台・ミュージカル - ジャンル : アイドル・芸能

04:32  |  その他舞台  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.07.21 (Mon)

ミス・サイゴン 観劇日記 +2008/7/18+初日+

先週「ミス・サイゴン」初日に観劇してまいりました。
私的には選び抜いたベストキャストの日でした。
通いなれた(?)久しぶりの帝劇でお気楽に観にいけるかな~?
なんて思っていたのに、いざ当日になるとなぜか緊張してしまいました。

4年ぶりの再演で細かい所はほとんど忘れていましたが
見ていくうちに「あ~そうそう!」と思い出す感じで見てました。

市村さんと泉見さんを同時に見るとどうしても
ダンス・オブ・ヴァンパイアを思い出してしまいます。
面白かったな~。

市村さんって場の雰囲気を変える凄い人だと改めて思ってしまいました。
エンジニアのキムにまとわりつき、胡散臭さ、神出鬼没?
ひょこひょこした感じ?とでも言うのでしょうか?
例え方が変だけど本当にうまい!!
市村さんを後1回観たいな~なんて思ってしまいます。

新妻さんはやっぱり歌が上手い。
安心して聞いていられて良かったです。
以前見たとき、新妻さんのキムに感情移入して
子供を思う気持ちが凄く伝わってきて泣いてしまった事あったな~と
懐かしく思って見ました。

井上君は前よりさらに大人になった気がしました。
特に奥さんに告白する時。
キムと息子の存在を知り、引き取るかどうか?
あの戦争の時の悪夢・・・などなどの場面。
凄まじかったです。

岡さん・・・・髪の毛を短くして色黒になってました。
岡さんの声は心地よく・・・伸び伸びしてました。
この声聞くと「わぁ~~岡さんだ~」って思ってしまいます。
2幕目最初が一番、岡さんの声を堪能できるので真剣に見てしまいます。

泉見さん、サイゴンだとやたらマイクトラブルがある気がします。
音がくぐもってしまう・・・
それからついつい、ヴァンパイアの時やレミゼのみたいに
聴かせる長いソロが聞きたいと思ってしまった。
あれだけじゃ足りないよ~なんて。
でも泉見さんのトゥイを観にいくのがとっても×2楽しみです。

私は今回、サイゴンの“ストーリーを思い出す的”に見てしまって
入り込めませんでしたが泣いている人、沢山いました

カーテンコールは結構、みんな粘ってました。
最後に市村さんがみんなを代表して・・・と言って2回ほど出てきてくれました。

終演後、出口付近で号外というものが配られていたので頂いてきました♪

saigon.jpg

※ミス・サイゴンはエリザベートの為に出来るだけリピらない予定です。
  レベッカで散財してしまい・・・金欠でなければ、、、
  名古屋、博多エリザ行きたかったな~。でも遠くから応援してます。

キャスト

エンジニア・・・市村正親
キム・・・新妻聖子
クリス・・・井上芳雄
ジョン・・・岡幸二郎
エレン・・・鈴木ほのか
トゥイ・・・泉見洋平
ジジ・・・池谷祐子


テーマ : 舞台・ミュージカル - ジャンル : アイドル・芸能

03:19  |  その他舞台  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2008.04.06 (Sun)

アマツカゼ―天つ風―

先週、嵐の大野君の舞台「アマツカゼ」を観て来ました。
ずいぶん前から評判を聞いてずっと観に行ってみたかった舞台でした。 

山口さん以外の舞台を観るのは凄い久しぶり。
(2年ぶりかな~?)

きだつよしサンの脚本・演出は展開がはやいはやい!!!
ワンシーンがダラダラと続くと飽きちゃうところだけれど
パッパッパ!と程よい具合に次の場面にいくので好感が持てました。
そして展開の他の演出も視覚的に興味深げで良かったです。
私が今まで見たことのない舞台を観れました。

そして主人公の大野君。
普段の大野君からは想像が出来ないほどのすばやい動き!
どうしてあんななめらかな動きが出来るの?って思う程の殺陣(っていうのかな?)でした。

そんな中で引き付けられたのは武田義晴さんです。
1幕目は明らかにこの人の独壇場!?(言いすぎかな?)と思えるくらい
演技が上手い!!出てくると舞台の雰囲気がガラリと変わる…ように感じました。
私だけかも!?

大野君以外はみんな死んでしまって…
特に武田義晴さんと松本まりかさんが殺されてしまうところは辛かった…
私はウルウル程度でこらえたけれど、結構泣いていた人いました。

いつもの如く…見たことない人にはさっぱり分からないレポとなっています。
内容の説明はせず、感じたそのままの感覚的なもので捕らえています。
その点、お許しください。

今まで都合が合わず、ずっと見ることが出来なかったけれど
今年、やっと見れて嬉しかったな。チケ取ってくれた友達に感謝です。

3/30(日)13:00 青山劇場
*出演者*
大野智・松本まりか・西野園達大・武田義晴・きだつよし・佐藤アツヒロ 他

a.jpg


FC2ブログランキング

それから…
4/6レベッカ初日。当日券のチケットも手に入らず残念だけど
数日後に観に行く日が楽しみです。
初日って役者と観客の不思議な緊迫感・緊張感が漂っていて
そういうのがヒシヒシと伝わってきて、体感できるから面白いですよね。
行かれる方、充分に味わってきてください。

02:48  |  その他舞台  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007.11.17 (Sat)

恐れを知らぬ川上音二郎一座

今、シアタークリエで公演されている
「恐れを知らぬ川上音二郎一座」はやっぱり見たかったな~
シアタークリエの合同取材の様子をみて思いました。

いつの日か三谷幸喜さん演出の舞台を見てみたいな。

来年絶対に行く事になるシアタークリエも下見?として
行っておきたかったのにな…

注)この舞台は年末まで公演されています。

f_02.gif

21:20  |  その他舞台  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007.09.01 (Sat)

恐れを知らぬ川上音二郎一座  一般発売

今日は「恐れを知らぬ…」の一般発売でした。
11月前半なら山口さんの舞台もないし~
この公演は三谷さん演出の上に豪華キャストで気になっていたので
チケット取れたら行きたいな~
なんて思っていたのだけど、やっぱり取れなかった(泣)

シアタークリエって600人ぐらいしか席がないのね…
近くで見れていいけどチケットが取れない。
電話も繋がらずしかも新システムの「東宝ナビザーブ」でも挑戦したけど
こちらもまったく繋がらず、イライラが募る一方で全然便利じゃなかった
昼過ぎに「もういいや…」って感じでチケ取りをやめてしまいました。

なんだか年末に発売される「レベッカ」のチケット争奪戦が思いやられます。
今回の件でちょっと予行練習?になったような気もしますが…
先行き不安…

その前にモーツァルト!の一般発売もあった!!!
「新・東宝ナビザーブ」はまだまだって感じで大変だな~
と思った一日でした。



公演:恐れを知らぬ川上音二郎一座
日程:2007/11/7(水)~12/30(日)
会場: シアタークリエ(東京都)

脚本・演出…三谷幸喜

キャスト
川上音二郎… ユースケ・サンタマリア
川上貞… 常盤貴子
助川タエ… 戸田恵子
伊達実… 堺雅人
甲本与之助… 堺正章

23:57  |  その他舞台  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2007.08.21 (Tue)

ミス・サイゴン

昨日は「エリザベート」の方に気を取られてしまいましたが…
「ミス・サイゴン」のキャストが発表されていました。

公演期間 2008年7月~10月
場所 帝国劇場

エンジニア …市村正親 ・筧利夫 ・橋本さとし・別所哲也
キム…笹本玲奈・ ソニン ・知念里奈・新妻聖子
クリス …井上芳雄・照井裕隆・原田優一・藤岡正明
ジョン…岡幸二郎・坂元健児
エレン …朝野実奈子・シルビア・グラブ ・鈴木ほのか・RiRiKA
トゥイ …石井一彰・泉見洋平

山口さんは8月から名古屋・福岡公演という事が明確になったので
私は多分、「ミス・サイゴン」を何回か観に行くことになると思います。4ヶ月もの長い公演だとついついチケットを追加してしまう危険性がありますが…

前回の2004年公演では満遍なく全キャスト見ました。
松たか子さんと石井一孝さんに結構ハマっていたのですが
今回は入っていなくて残念です。

レミゼのアンジョルラスで好演だった原田優一さんは
どういうクリスを見せてくれるか楽しみです。

そして泉見さんのトゥイがまた観れる~嬉しいな。
あの頃かなりハマってました。
一点を見つめながら目を見開いて歌う姿は強烈だったな~(笑)

19:24  |  その他舞台  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |