2019年11月 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2011.05.11 (Wed)

レ・ミゼラブル 観劇日記 +2011/5/8+ 山口さん千秋楽

なんだかずっと余韻に浸っています・・・
今年のレミゼのパワー。
帝劇の空間が何かにとり付かれているような、うねりと言うか目に見えない不思議な力があるようでした。

震災後、日本国民の何かが変わった気がする中。
直近で観劇する演目が「ダンス・オブ・ヴァンパイア」でもなく「エリザベート」でもなく「レ・ミゼラブル」だった事に運命的な何か意味があるような気がしました。

そして山口さんのバルジャンとして生きる姿。
バルジャンそのものとしか思えない、素晴らしい舞台を観させていただきました。
山口バルジャンの完成形を見せてもらった気がします。

現演出が最後と言う事なので、バルジャンを中心に記憶の限り細かく書き残しておきたいと思います。
自分自身の覚書のような感じです。凄く長くなってしまいました(汗)

スポンサーサイト



テーマ : ミュージカル - ジャンル : アイドル・芸能

03:57  |  観劇日記(レミゼ)  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2011.05.08 (Sun)

レ・ミゼラブル 観劇日記 +2011/5/7+

今日はあいにくの雨で、外はちょっと薄ら寒い感じでした。
客席は若干空調が入っているみたいでしたが
(今日に限らず)節電の為、ロビーは空調を入れていないらしくお客さんの熱気も倍増!という感じでムンムンしています。
舞台上ももしかすると、とっても暑いのかもしれません。
衣装がコートを着たり厚着だから、額には汗が光っています。

今年の夏。
電力不足はなんとかなると言う見通しみたいですが、どちらにしても節電対策は必須です。もしかすると真夏の最中の「三銃士」は汗だくで見ることになるかもしれませんね?

そして今日の公演。
山口さん等数名は明日楽日ですが、レミゼ公演は来月まであるので
切羽詰ったような千秋楽間近の独特の雰囲気はなかったけれど、本日も熱い舞台でした。

司教様・・・ここずっと清原邦仁さんの司教様です。
バルジャンを諭させる司教様のあの歌声はとっても重要なんですが
本当に綺麗な良い声で、演技もスマートで好きです。
今回、キャスティングされた司教様は2人とも美声で大満足です。

今さんのジャベール。
また見れて良かったです。
「対決」の時、低い声で「ハハハ・・・」
と笑い声を加えていたので、「ジャベール怖いよ~(><)」って思ってしまいました。
いやいや、面白かったです。

ガブローシュ・・・加藤清史郎でした。
再び見れて良かったです。やっぱり可愛いですね。

それからエポニーヌの平田愛咲さんをもう一度見ることが出来て嬉しかったです。
歌は上手いし、なんか不幸っぽく孤独な雰囲気を醸し出していて
マリウスにまったく相手にされないエポニーヌに同情してしまいます。
最期、死んでしまうものの、マリウスに看取られて死ぬ事が出来て良かったね感が倍増します。

今日の山口さん。

後2公演でこの演出のレミゼは見納めか・・・
って言う気持ちで見てて、昔の事とか思い出しながら見てしまいました。
なので今日は入り込むことなく、冷静に見ていられたかな?(苦笑)

「裁き」
「そのバルジャンではないのか?」の時、正面を向くか?ジャベールの方を向くか?
ジ~~~っと見ていました(苦笑)
そしたらやっぱりジャベールに向かって「バルジャンではないのか?」って
問いかけていました。今さんの時はこのヴァージョンみたいですね。

「取引」
今日は上手側の席だったので、山口さんがコゼットに向ける優しい顔が沢山見れました。
テナ夫妻がバルジャンを椅子に押さえつける所。
今日も2人も力ずくでしたが・・・(笑)
山口さん、押さえられつつもコゼットに助けを求めるように手を伸ばしてて笑ってしまいました(*^^*)

「ワン・デイ・モア」
今日も「あしたは~~~~」の声が響き渡っていました。

2幕目
ジャベールとバリケードでの再会で「違うそれは違う・・・」って歌っている時。
いつも横顔か後姿しか見えなかったけれど、今日は表情が見えました。
真剣なお顔をしているんですね。

「彼を帰して」
今日は前楽だからと言って熱すぎず、いつもと同じようにマリウスの為に祈りの歌を捧げていました。
歌い終わった後、どこからか「ブラボー」って声が上がっていました。

エピローグ
死ぬ時、結構大きめに「ガク~~」って力が抜けた感じの演技でした。
いつも見えそうで見えなかったところ。
ファンティーヌが迎えに来て、立ち上がった所でファンティーヌの事を見て再会を嬉しそうに一瞬、笑顔になっていました。
やっぱり笑顔か・・・ってスッキリ。

今日は結構、冷静に見ていたつもりですが最後の歌の歌詞。
「世に苦しみの炎消えないが どんな闇夜もやがて朝が~♪」って・・・
「明るい明日は必ず来る」みたいな歌詞が今期すごい泣けてくる。

カーテンコールも凄い盛り上りました。
回数は数えてはいなかったけれど、1回ぐらい多かった気がします。

明日はいよいよ。現演出のレミゼ見納め日。
きっとアドリブとかしないで、忠実に演技するんだろうな~って予想。

山口さん千秋楽。心に焼付けたいと思います。

ジャン・バルジャン…山口祐一郎
ジャベール…今拓哉
エポニーヌ…平田愛咲
ファンティーヌ…知念里奈
コゼット…稲田みづ紀
マリウス…原田優一
テナルディエ…三波豊和
テナルディエの妻…森公美子
アンジョルラス…上原理生
ガブローシュ・・・加藤清史郎

テーマ : ミュージカル - ジャンル : アイドル・芸能

01:32  |  観劇日記(レミゼ)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.05.06 (Fri)

レ・ミゼラブル 観劇日記 +2011/5/4+ 

2日のチャリティーコンサートで聴いたスペシャルなバルジャン4人の歌声が頭の中をめぐる中。
本公演。観に行ってまいりました。
4日ぶりだったけど、コンサートの影響で、観劇するのがとってもワクワクな感じでした(*^^*)

待ちに待った原田優一さんのマリウスをようやく観る事が出来ました。
演技が入るとコンサートで歌だけを聴いた時と感想が違って来ました(驚)
1幕目、なんかフワフワしているような軽い感じでナンパな感じ。
醸し出す雰囲気が明るいのかな?チャラチャラした感じにも見えました。
こんな感想になるなんて不思議です。
2幕目はやっぱり歌が上手いな~って思い、バルジャンとの絡みはどうなのかな?と、ちょい緊張しつつ見ていましたが後半はまったく違和感がなく観れました。

石川ジャベール
改めて観て見ると、信念を貫く為に感情の起伏がとっても激しいジャベールに見えました。石川さんは激しく熱いジャベールですね。石川さんのジャベールに対する気持ちが凄い現れている感じもしました。
また石川さんのジャベールをまた観る事が出来て良かったです。

そして駒田さん&モリクミさんのテナ夫妻。
いや~^^やっぱり面白い!!!
この間は駒田さん微妙に声が辛そうな感じがしたけれど今日は絶好調!!
宿屋のお客さんへのおもてなし?(笑)が細かい!一気に気持ちを持っていかれる感じ。
悪さ?をするテナに対してアンサンブルの方達もみんなそれに合わせて演技をしているから余計に面白い!!
すごい引き付けられて観てしまいとっても面白かった!!
結婚式の時も駒田さんとモリクミさん共に微妙に変えてて、笑える~~。
本当にこの組み合わせ大好きです!

今日の山口さん。
幕が上がってすぐにバルジャンは登場しますが、この2日間というもの私は待ちわびてたよ~。私のバルジャンは山口さんしかいないんだよな~って・・・あの日、思い知らされ、今日観れる事が嬉しかった。

「バルジャンの独白」
この歌、初めて聴いた時は山口さんの凄まじさが凄い衝撃的だったのですが
何度も再演されるので数年前から慣れてしまって、山口さんの歌だ~ぐらいにしか感じていなかった気がします。
でも・・・今期は目を見張る凄まじさです・・・
いや・・・そんな一言では言い表せないと言うか・・・

たった一つのパンを盗んで19年も牢獄に入れられて、仮出獄でもひどい仕打ちを受けて、世の中を憎んで暗闇の中にいるような地獄のようなバルジャンの人生。その不条理な無念さがビシビシ伝わって来ます。
そして「レ・ミゼラブル」って日本語では「ああ無情」だった・・・って急に思い出しました(苦笑)

「また地獄へ送り返さずに・・・自由をくれたのだっ!」って言う絶叫のようなバルジャンの心の叫び・・・

不覚にもバルジャンの気持ちが伝わってきて、この歌で泣けてきました・・・
この歌で初めてかも・・・
いきなりここで泣いている人いないから、悟られないように目が痒いふりをして少しずつ涙を乾かしました(苦笑)ここが劇場ではなく誰もいない場所だったら号泣したい気持ちでした。
私、最近心が弱くなったと言うか、涙もろくなってしまった気がします。

「裁き」
30日に観た今さんジャベールの時は「そのバルジャンではないのか?」の所でずっとジャベールのほうを向いていたけれど
石川さんの時は以前のように客席に向かって「バルジャンではないのか?」って歌っていました。
私的には顔が見えるので客席を向いてくれる方が嬉しい。
「俺は2465さ~~~あん」って今日も良い声が響き渡っていました。
この時、ジャベールをキリリと見る、山口さんの表情好きです。

「対決」
ジャベールが登場し「バルジャ~ン ついにまた出会ったな・・・」って歌っている時。
ファンティーヌの頬に手をそっと触れたのがツボでした。
前はやっていなかったよな~?

「取引」
出されたお酒?カップを手に取って「怪しい・・・」的に
眺めて元に戻す所が、宿屋のテナの悪さを思い出して笑ってしまいます。
前はカップは手に取っていなかった気がします。

「ワン・デイ・モア」
何気に、この時響き渡る山口さんの「明日は~~~~」の声好きです。
凄いスッキリ。私の感覚にピッタリと嵌ります。
色紙に書いてある山口さんの言葉の「あしたは」も思い出したりするけれど・・・
今年の日本のテーマは「明日は」って気がします。

「彼を帰して」
チャリティーコンサートの時は客席や遠く(被災地)へ向かって歌ってくれているように感じたけれど、(私の感覚では)今日はやっぱりマリウスの事を思って歌っているようでした。舞台上のバルジャンに戻ったようでした。
しかし・・・いつものように素晴らしい歌声でした。
2,3分ぐらいの歌だと思うけれど短く感じてしまう。

「エピローグ」
周りではすすり泣く声が聞こえてきたけれど
今日はもう泣かないぞ!とグッと力を入れてみていました。
でも・・・今日もバルジャンがコゼットを見る表情が切なくて辛かった・・・

カーテンコール
普通に熱いカテコ。山口さんの笑顔。
今日も良い舞台でした。

レポを書き終わった4月6日現在
山口さん千秋楽まで残り2公演です。
そして現演出、見納め日も迫ってきています。
存分にレミゼの世界に浸りたいと思います。

ジャン・バルジャン…山口祐一郎
ジャベール…石川禅
エポニーヌ…Jennifer
ファンティーヌ…和音美桜
コゼット…折井理子
マリウス…原田優一
テナルディエ…駒田一
テナルディエの妻…森公美子
アンジョルラス…上原理生

テーマ : ミュージカル - ジャンル : アイドル・芸能

02:29  |  観劇日記(レミゼ)  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2011.05.03 (Tue)

レ・ミゼラブル チャリティーコンサート

チケット発売の日。
半ば諦めていたのですが、奇跡的に取れて行く事が出来ました。

舞台の幕はいつものものとは違っていて
白い幕にコゼットの絵がかかれてて「チャリティーコンサート」の文字が書かれていました。

始まる前に司会とかあるのかな?って思っていたら
いつもの舞台のように薄暗くなり、オーケストラのジャッジャ~~ンっと同じ感じに始まったのですが
幕が上がると、椅子が並べられており・・・一部の出演者は椅子に座りました。
皆さん、きちんと扮装しているので、2004年のレミコンを思い出しました。

曲名はロビーに貼ってありましたが、全部で23曲かな?
主要な歌は全部歌われました。
(曲名の書かれている紙を撮影したのですがピンボケでよく写っていませんでした・苦笑)

1役に対し複数名いるので、代わる代わる歌う感じでした。

司教様・・・林アキラさん、ファンティーヌ・・・岩崎宏美さん
久しぶりに歌を聴きました。スペシャルキャストは観劇しないのでとっても貴重でした。

マリウス
野島直人さんは1回も見れないな~って思っていた所、コンサートで歌声を聴くことが出来て良かったです。
マリウスを演じた時、どういう感じになるのか?観てみたかったな~。
今後観る事になる原田優一さんも、一足先に見れて良かった~。
歌が上手いから、まったく心配なしです。
そしてもう山崎さんのマリウスの歌は聞けないと思っていたのに
また聞けてよかったです。もしかすると今期、山崎さんが一番好きなマリウスになるかもしれないです・・・
って今の所、山崎さんしか観たことないんですが…(汗)山崎さんのファンになってしまいそう。かなり洗脳されているかも!?しれません。

ジャベール
もう2度と聞けないと思っていたKENTAROさんの「STARS」を聞くことが出来ました。
(今さんとWでの歌だったけれど・・・)
本当に綺麗な声です。今日がKENTAROさんのお誕生日と言う事でした。

ガブローシュ
3人揃うととっても可愛い。
加藤清史郎くん久しぶりに見ましたがやっぱりとっても可愛い♪
キャスト表チェックしていないけれど、後1回ぐらい清史郎くんで観れると良いな~。

バルジャン
絶対に観る事が出来ない、別所さん、今井さん、吉原さんのバルジャン。
歌を聴けて良かったです。

別所さんは「ミス・サイゴン」で歌とか聴いたことありますがバルジャンだと発声の仕方が違う?
凄い不思議。こういう風(クラシックな感じ?)に別所さんは歌うんだ~って思いました。

今井さんは「パイレート・クィーン」の時、なんとなくバルジャンはこんな感じなのかな~?ってイメージしたことがありましたが、ほぼ予想通りの感じ。

吉原さんは製作発表で感じた時と同じで、歌声が大きくて声量がすごい!
がむしゃらと言うかパワ~がありまくり!って感じ。すごい迫力です。

ザ~~っと曲名を観て、、、山口さんはきっと「彼を帰して」を歌うだろうな~って思っていたら、やっぱり「彼帰」を歌いました。
色々な方の歌を聴けて面白いな~って楽しんでいましたが、山口さんの歌に来るまで長かった~。
舞台の時はマリウスに向けて歌っているけれど、スタンドマイクで正面の客席に向かって「彼を帰して」を歌ってくれたので、表情が良く見えて凄い良かった。

物凄い丁寧に丁寧に歌っていました。
まるで天からの声のような歌声で、本当に聞き入ってしまいます。
歌に魂を込めているという表現がぴったり。
初めは神様に問いかけるように静かに歌い始めるけれど
マリウスを助けたいと力強く歌ったり・・・バルジャンの気持ち。
とにかく助けたい・・・と言う切なる思いが苦しい・・・
最後の方「彼を・・・帰して・・・」って目に涙を溜めて歌っていました。
あとちょっとで涙が流れるのでは?って思うくらいでした。
舞台の時は薄暗くて良く見えないだけで、毎回涙ぐんで歌っているのかな?とか思ったりしました。
本当に・・・(泣)山口さんの歌唱力に脱帽です。

最後、「エピローグ」は今井さんでしたが、それで終わりなのかな?って思ったら
別所さん、山口さん、鹿賀丈史さん、今井さん(客席から見た並び順)が登場。
鹿賀さん以外は、皆バルジャンが死ぬ時の扮装。
そしてハモッたりしてアレンジされた「彼を帰して」を代わる代わる歌ってくれました。
それにしても鹿賀さんの歌を聴くことが出来るなんて!!これまたビックリ!
忘れられない日になりそうです。

山口さんは、、、後半から歌に加わったのですが
鹿賀さんが歌っている時は鹿賀さんの方へ体をむけ、別所さんが歌っている時は別所さんの方へ体を律儀に向けていました。
私はどこから山口さんは歌いだすんだろう???ってじ~~~~っと見ていた訳ですが・・・
いよいよかな?って思う動きをしたので分かりやすかった(笑)
ちょっと足踏みするように、足を歌いやすい幅に広げ・・・(そう言うのあるのかな?笑)
山口さんに欠かせない(?)手をいつものように広げて「さあ~~歌うぞ~」みたいなポーズ(笑)
なんか山口さんらしくてホッとすると言うか微笑してしまいました。らしいな~♪そんな山口さんが好きです(笑)
スタンバイする山口さんが見れてとっても貴重!とか思ったりしました(笑)
でも・・・途中から歌に混ざるのって難しそうだな~なんて思ってみていました。
いや~~それにしても、大変貴重な歌を聴かせて頂きました。
声が重厚でした。例えて言うなら昔の歌謡曲を歌っていた人達、グループサウンズ?ムード歌謡?(かな?)「わたし祈ってます~」を思い出す感じ?(笑)
聴き比べたら他のバルより山口さんって声が高いんだ・・・って思ってしまいました。

その後、鹿賀丈史さんの他に鳳蘭さん、野口五郎さん、斉藤由貴さんなど初演キャストが登場!

そして「ワン・デイ・モア」を歌ってくれました!!
え~~~?野口五郎さん、斉藤由貴さんも歌ってる~~!!
私は目が「テン・・・(゚◇゚)」何が起こっているのか分からなかった(苦笑)
たぶんこの時が島田歌穂さん初めて登場?エポの「オン・マイ・オウン」を聴きたかったな。
こんな凄い方達を生で見る日が来るとは思っていなかったのでそれだけでも感動!
そして私は今のレミゼしか知らないけれど、帝劇100周年を代表するだけある歴史のある演目なんだなと改めて実感しました。

そして1幕目終了。
幕が降りて、休憩。
すると幕の中から拍手と歓声の声が!!!
客席だけではなく、出演者も相当盛り上っている感じで、そう言うのが伝わってくるのが嬉しい。

う~~~ん。幕間に色々と考えてしまいました。
初めて他のバルジャンの歌を聴いたけれど、声の出し方、伸ばし方、歌を溜めたり、歌いだすタイミングとか微妙に違う。
同じ歌なのに違って聴こえる。
私は山口さんの歌い方が染み付いてしまってて、山口さんのバルジャンがデフォルトになっているんだ・・・って思いました。

M!ではアッキーの影が見えてしょうがなかったけれど・・・
山口さんの場合。同じ役だと、今日のほんのちょっとの間でも影は当たり前のように見えてしまう・・・
影が見えるだけではなく欲求不満になってしまう!それが良く分かった。
やっぱり山口さんと同じ役の人は、興味はあっても見ることが出来ない…と実感してしまいました。
でもこんな機会でもなければ、他のバルジャンを見ることが出来なかったと思うので
ちょっとでも見ることが出来て良かったと思います。

2幕目
司会は岡さん、モリクミさん、駒田さん。
3人とも司会上手いな~。
私が爆笑してしまうのは駒田さんのリアクションでした(笑)
何気に岡さんも鋭い突っ込みを入れるしで面白かった(笑)

出演者のトークショー?コメント?そんな感じでした。
まずはスペシャルな方達のお話があり。

次に現キャストがずらりと並びコメントが順番にありました。
バルジャン達は私服。
山口さんはスーツ姿でした。

またまた髪型チェ~~ック♪
やっぱり茶髪で「探偵X」の時よりも若干短めかな?前髪が・・・
前髪がちょっと切り揃えられている!?真っ直ぐな感じでした(笑)

時間が押しているらしく、早く早くと・・・マリウス役の方達あたりから早口で・・・
山崎さん、原田さんとか笑いを取っていました。早口すぎて感情がこもってない!とか言われてて爆笑。

そして最後、山口さんのご挨拶。
いつものようにホノボノとお話するのかな?って思っていたら・・・
スタスタとセンターへ歩いて行き、マイクを使わずに劇場に響き渡る大声で、、、
「本日は・・・(途中忘れました。ごめんなさい)
心から感謝の気持ちで一杯です。本日は誠にありがとうございました~~~!!」
って言う感じで応援団の様な感じ。
言い終わった後、モリクミさんも話していましたが、今後も公演あるのに声大丈夫なんでしょうか?
あんなに大声出して・・・私は声が心配になってしまったけれど・・・(苦笑)
途中から顔を赤くして大声を出してて・・・(泣)山口さん的に感謝の生声を届けようって感じだったのでしょうか?嬉しいです。ありがとう。

その後、チャリティーオークション。
全員サインパンフや岡さんの達筆な字で書かれた「民衆の歌」の歌詞の掛け軸のようなものや…色々。
私はこのオークションには参加しませんでした。
手持ちのお金が3千円ではちょっと・・・このお金でGW乗り切れるか?って言う切羽詰った状態です(苦笑)
思ったとおり、目が飛び出そうなほどの高額で落とされていました。

オークションの最後に「ピープルズソングを舞台の上で出演者と一緒に歌える」と言うオークション。
2500円から始まり・・・20万で落札。すげ~~~!!!
そんな大金をポンと出せるなんて!!
でもきっと生涯忘れられない思い出になったと思います。
歌が終わった後、山口さんと腕組んで退場していました。良かったですね!
まるで「レベッカ」のマキシムと「わたし」のようでした。

終了後。ロビーで出演者が募金活動をすると言う事で舞台から降りてロビーへ向かいました。

それにしても、ほんっとうに山口さんって、何年見続けてても、飽きないなとつくづく・・・
そして山口さんが大好きだ~~~って思いました。

早くレミゼ本公演を見たくてしょうがありません。





テーマ : ミュージカル - ジャンル : アイドル・芸能

00:15  |  観劇日記(レミゼ)  |  TB(0)  |  CM(10)  |  EDIT  |  Top↑

2011.05.02 (Mon)

レ・ミゼラブル 観劇日記 +2011/4/30+ 

いよいよGWに入りレミゼもラストスパートです。

なんか・・・
ジャジャ~ンって始まる初めのオーケストラの音。
なんかすっごく重々しい・・・なんとなくゆっくり目? 
って思ったら、つい最近、指揮者が変わったのを思い出しました。
指揮者が変わるだけでこんなに厚い音になって重々しくなるんだ・・・って思いました。
(私の耳は当てにならないかもです)
私はレミゼは重い感じのするオープニングが好きだな~♪

そして今期初の今さんのジャベール。
今さんだと何故か安心してしまいます。何故だろう?
この間は岡ジャベールが一番好きかも?って思ったけれど・・・
やっぱり今さんも良いです!
何となく一番ジャベールっぽい気もします。
バルジャンを捕まえる為だけにひたすら生きてきたって言うのが凄い良く分かりました。
バルジャンに突進していく感じで、凄い迫力!!過去の今さんを思い出してみたけれどこんなに凄かったっけ?って思ってしまいました。
バルジャンは悪い奴だとずっと追い続けてきたのに、真のバルジャンを見て自殺する時の心境とかビシビシ伝わってきました。

ファンティーヌの和音美桜さん。
何故かず~~~~~っと知念ファンテだったので、ようやく和音美桜さんを見れた!って感じです。
歌も上手くて、声質も私の好きな声で良かったです。
もっと和音美桜さんのファンテを見たかったな~。

ガブローシュの鈴木知憲くん。
エリザにも出てましたよね?「僕」が「ぼきゅ」って聞こえて来て可愛いな~って思った子役の子かな?(違うかもしれません・・・)3ガブの中で一番小さいように見えて可愛かったです。

初見の方がいたかと思ったら、見納めのキャストもありました。
阿部アンジョと山崎マリウスの2人です。

阿部アンジョは歌声は綺麗で良いのですが、なんとなく表情が硬い。そしてリーダーっぽくないなと私は感じていました。
レミゼってなんか「役に拘り」が出来てしまって、難しいな・・・ってつくづく思ってしまいます。

山崎マリウスは初めは何故か泉見さんを思い出してしまいましたが
山崎さんのマリウスを確立していますね。
4月はず~~~~っと山崎マリウスでしたが、本当に安心して見ていられる。
歌も本当に本当に上手い!!いい声です。
次はヴァンパイアで再会ですが新アルフが楽しみです。
Vのチラシに扮装写真が載っていますが、なんか“ヘタレ”な感じで写ってて別人のようですね。

そして今日の山口さん。

「囚人の歌」
ジャベールが「盗人!」が出てこなく「・・・・・・」と歌詞がすっぽ抜けてしまったようでした。
その後、何事もなかったように山口さんは「パンひとつだっ!」っていつもよりも大声で主張していたような気がします。

「バルジャンの独白」
なんか・・・シャウト系で叫ぶから凄まじいです。
「またあの地獄へ!」の所が特にバルジャンの気持ちが伝わってきます。
でも喉を痛めないか心配にもなってきます。

「裁き」
「そのバルジャンではないのか?」って歌う時。
いつもは「バルジャン」って言う所で客席(正面)を見るのに、ジャベールをずっと見ていた!
最近変えたのか?今さんの時だけなのか?
それは分からないけど「おおおっ?変えたぞ!」って思ってしまいました。
いつもの如く「24653~~♪」は力強く声が響き渡っていました。
この時の山口さんの顔好きなんだよな~(*^^*)

「対決」
ちょっと今ジャベに押され気味?って思うくらい、今さん凄い迫力!!!
ありえないけれど・・・ここで今ジャベールに捕まってしまうのではないか?って思ってしまいました(笑)
今さん凄い!
そして・・・キャストの違いでこんなに変わるのか!?って思って面白い!!

「彼を帰して」
う~~ん。今日も聴かせてくれました。
ただ・・・季節の変わり目だからか?風邪をひいている方が多いのか咳があちこちで聞こえてきてちょっと残念。

「エピローグ」
結婚式で楽しく盛り上った後のこのエピローグ。
今期、私にとって最大の難関です。
涙をこらえるのが本当に大変。

ロウソクに火をともす山口さんを見て、いいよ来る・・・って思って
覚悟を決めるというか、もっと客観的に見ようと思うんだけれど・・・

なんか無理・・・
大地震のせいかもしれません。
山口さんのせいかもしれません・・・

色々な事が渦巻いて・・・泣けてくる・・・
照明のせいなのか?
コゼットを見守る山口さんの表情が本当に・・・本当に・・・。
言葉に出来ません・・・。

「夢見た明日が来るよ・・・ 明日は・・・」

今日も涙なくしては観れない舞台となりました。

ジャン・バルジャン…山口祐一郎
ジャベール…今拓哉
エポニーヌ…Jennifer
ファンティーヌ…和音美桜
コゼット…折井理子
マリウス…山崎育三郎
テナルディエ…駒田一
テナルディエの妻…森公美子
アンジョルラス…阿部よしつぐ
ガブローシュ・・・鈴木知憲

テーマ : ミュージカル - ジャンル : アイドル・芸能

01:33  |  観劇日記(レミゼ)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.04.25 (Mon)

レ・ミゼラブル 観劇日記 +2011/4/23+ イープラス貸切公演

今日も公演中、余震がなくホッとしました・・・
ここ最近は余震はだいぶ少なくなりましたが、震源地近くでは時々震度5クラスの地震があり、私の家の方でも毎週、震度4の地震があるので、微妙に気を抜けない感じです。
緊急地震速報が流れるとドキッとしてしまいます。

1週間ぶりの観劇。
そしてイープラス貸切公演でした。

キャスト的には今日は初見の方はいなかったのですが
アンジョとマリウスのビジュアル!
変わっていた所がありました。

上原アンジョの眉毛!
太かったのが、細く整えられていました。
久しぶりに歌声を聴きましたが、やっぱりどっしりとした歌声で上手いです。

山崎マリウスは髪型が長髪になって後ろで束ねられていました。
短かった時は金髪っぽい茶髪だったのですが
落ち着いた髪色になって真面目な感じになりました。

マリウスのソロ曲。
カフェソング・・・仲間の事を思って歌っている曲ですが
モーツァルト!の時は山崎さんの歌と演技にあんなに感情移入して感極まっていたのに、何故か山崎マリウスでは引き込まれない・・・不思議。

そしてプレビュー初日以来の岡さんジャベール!
いや~やっぱり岡さんの美しいジャベール好きです。
歌もストレートで綺麗な声で聞き入ってしまいます。
立ち姿や岡さんの優雅な雰囲気、魅了させられます。

今日もガブローシュは小宮くんでした♪
私の中で殿堂入りしたって感じです。
歌も演技も上手い!
弾の入ったカバンを最後の力をふり絞って投げる所
先週に引き続き、今日も仲間に届きました。

今日の山口さん。

今期、凄い感じる慈愛に満ちたバルジャンでした。

歌の上手い方は沢山沢山いるけれど山口さんの歌は味わいがあると言うか・・・
本当に病み付きになります。

岡さんジャベとの対決!
「魅せる!」って感じで好きです。
今日も良かったです♪

やっぱり「彼を帰して」は賛美歌のような(今年は特に)癒し効果があります。
そしてついつい「そして誰もいなくなった」の鎮魂歌?の歌も思い出してしまいます。

ただただ、バルジャンとして生きる山口さん。
バルジャンそのもののような山口さんを目に焼き付けたい・・・。

やはり今日も泣けてきたのは、バルジャンが天に召されて
コゼットを見下ろしている時・・・
その時の山口さんの表情が胸を締め付けられる・・・(泣)
どれだけコゼットを大切に思っていたのか?別れの悲しみ。
その表情を見ているだけで、色々な感情が渦巻いてきます。

そんな余韻を残しながらカーテンコール。
イープラス貸切公演なのでご挨拶がありました。

まずは岡さんからご挨拶。
大震災の後、どうしたらいいか悩みながら稽古をしていた。
私達にしか出来ない事、舞台から元気と愛を届けること・・・

山口さんのご挨拶
ありがとうございます。ありがとうございます。と左右に数回ご挨拶。
交通手段が分断されて、遠回りして来てくださった方ありがとうございます。
これから長い間かかると思いますが、僕達と一緒に・・・(がんばりましょう)
「想い」が届くように舞台に立ち続けたいと思います。
本日は誠にありがとうございました。

と言う感じでした。
(私が変換していると思うので、実際の言葉とは違います)


ジャン・バルジャン…山口祐一郎
ジャベール…岡幸二郎
エポニーヌ…Jennifer
ファンティーヌ…知念里奈
コゼット…中山エミリ
マリウス…山崎育三郎
テナルディエ…三波豊和
テナルディエの妻…森公美子
アンジョルラス…上原理生
ガブローシュ・・・小宮明日翔

テーマ : ミュージカル - ジャンル : アイドル・芸能

01:49  |  観劇日記(レミゼ)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.04.24 (Sun)

レ・ミゼラブル 観劇日記 +2011/4/16+ 

日中はとても暖かい日でした。
「今日」「明日」が訪れて、季節が移り変わっている事を実感します。

公式ブログで公開されていますがメッセージボードがキャスト表の正面の柱に設置されていました。
なのでそこの部分に人が集まるので、通り抜けるのは容易ではない感じです。
もっと空いている他の場所にボードは設置すれば良かったのに・・・って思ってしまいました。

山口さんは「あしたは!」と書かれていて
どうしても「明日」と言う言葉が焼きついてしまいます。

ムラタ日記 - レ・ミゼラブル 公式ブログ:ロビーの募金箱に…
公演中、今日も引き込まれないように(涙しないように)、気持ちを冷静にして見ようと思っていました。

幕が上がり・・・
いつもの如く山口さんを見ていました。
すると「奴をここへ呼べ・・・」って聞きなれない声が!
今さんでも石川さんでもないし・・・岡さん?にしてはちょっと違う気が・・・
と思ってジャベールを見て「あっ!KENTAROさんだっ!」って急に思い出しました。

私はいつもチケットを購入する時にキャストを見て日程を選んでいますが、その後はキャストチェックせずに劇場へ向かうので今日のジャベールはKENTAROさんだと言うことを、すっかり忘れていました。

ジャベールのKENTAROさん
レベッカのジャイルズとか色々観て来ていましたが、見事にジャベールに変身!
KENTAROさんの歌声は以前から好きでしたが、今回、初めてじっくり聴く事が出来たって思いました。
とにかく声が綺麗なのですが、ドスを聞かせるようにしたり歌い方もシーンによって変えていました。
(今期のジャベールはみなさん声が綺麗ですね)
今まで見たジャベールとは一味違って見えました。
演技が細かくて、ジャベールの実直さや苦悩が分かりやすかったです。
今期はこの日1日しか見れないのが残念に思いました。

テナルディエの三波豊和さん
これまた歌が上手い!
今年はみ~~~んな歌が上手くて驚いてしまいます。
駒田さんはコテコテであくどくて、ずるがしこい感じだけれど
三波さんはずる賢いというよりも、何もかも計算づくで知性を感じるようなテナな感じがしました。
地下道でのテナのカツラ、風貌を見てなんだか、妖怪の「小豆洗い」を思い出してしまいました(笑)

エポニーヌの平田愛咲さん
エポニーヌの幸薄い感じが出てて、しかも歌声も私の好きな声だったので良かったです。 何となく新妻聖子さんを思い出すエポでした。
「恵みの雨」の時、Jenniferさんの時はマリウスとキスしていなかったように見えたので(見逃したのかな?)
演出が変わったのかな~?って思っていましたが、平田さんはキスしてから命が尽きる演出でした。

今日のガブローシュは小宮くんでした♪(嬉)
「ついて来い!」って言われると、ガブローシュに付いて行きたくなってしまいました。
頼もしい(*^^*) 歌も演技も上手くて、超お気に入りです♪

「民衆の歌」
この歌、学生達と東北の被災地で毎日闘っている人たちとダブって見えてしまって(泣)
家を出る前に今の被災地のTVを見ました。
震災から1ヶ月経っても今もなお「復興には程遠いけれど、やるしかない・・・」って
地道にがんばっている人たちの姿が、急に胸をよぎってしまって涙が出てきました。
歌詞がまた辛かった。希望、明日に向かって行く歌だけど・・・

今日の山口さん。

いつものようにバルジャンになりきって、バルジャンそのもののようでした。

「明日は捌きの日」の「捌き日」の声がジャベールと重なるのかな?
山口さんしか観ていないのでジャベとなのか良く分からないけれどピタッと合わなかった。

彼を帰して
バルジャンがマリウスの事を思って歌う歌なんだけれど
私には賛美歌のようにも聴こえ、とにかく癒されました。
山口さんの歌声は全身に浸透していくような感覚で癒しの効果があるな~って改めて思ってしまいました。
「癒される歌声」というのを山口さんの歌を聴いて初めて知りました。

バルジャンが天に召される時
ファンティーヌが迎えに来て手を取った時、良く見えなかったけれど雰囲気がファンティーヌと再会し同じ所へ行けるのを喜んでいるようにも見えました。

バルジャンがコゼットを見下ろす眼差しが愛おしさと悲しみが、あい混ざったような表情で泣けてきた。
山口さん、なんて演技をするのよ~!?
見ててバルジャンの気持ちが伝わってきて
切な過ぎる・・・思ってしまいました。

ジャン・バルジャン…山口祐一郎
ジャベール…KENTARO
エポニーヌ…平田愛咲
ファンティーヌ…知念里奈
コゼット…折井理子
マリウス…山崎育三郎
テナルディエ…三波豊和
テナルディエの妻…阿知波悟美
アンジョルラス…阿部よしつぐ
ガブローシュ・・・小宮明日翔

テーマ : ミュージカル - ジャンル : アイドル・芸能

04:47  |  観劇日記(レミゼ)  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2011.04.13 (Wed)

レ・ミゼラブル 観劇日記 +2011/4/12+ 初日

昨夕に続き、今朝も大きな余震がありました。
私の家の地域は震度4・・・地盤、プレートの関係かな?
23区よりもレベル1くらい、大抵大きいので怖いです…
家にいる時はいつも玄関まで走って行って扉を開けています(苦笑)
会社にいる時も揺れが大きい時は外まで逃げてます(苦笑)
屋外と屋内にいるのとではどちらが良いのでしょう? 

今日は学生の団体さんが入っていました。
私がもし学生の時にレミゼを見ていたとしたら、眠くなったかもしれないな。
なんて思いました。

そして地震がありませんように・・・って言う祈りも空しく・・・
乞食たち~ジャベールの介入のシーンでバルジャンとコゼットの姿が見えなくなり
テナとジャベが「奴がバルジャンだ」と話している「Stars」の歌の前のシーン。
テナの「被害者なしなら帰ってもいいね・・・」のあたりからユラユラと横揺れの地震が・・・(泣)長く感じました。
客席はザワザワとどよめきが起こっていました。
私は2階席だったので揺れが大きく感じましたが震度3ぐらいだったのかな?
揺れたら逃げ出す・・・っていう癖が付いてしまって思わず席を立ちたくなりました(苦笑)
揺れているにもかかわらず舞台は進んでいました。
動揺せずに演じ続ける役者さん&オケの方達は大変。
その後、しばらくはまた余震が立て続けに来るのではないか?と思って気もそぞろになってしまいました。
平穏に観劇出来ていた日々が懐かしい感じがします。

ジャベールの石川禅さん
凄い良かったです!!
今日は公演中に地震があって、気がそれてしまい「Stars」をじっくりと聞けなかったのが残念。
岡さんはスマートで綺麗なジャベールですが
石川さんは自分の信念に凝り固まっているような、頑固と言うか激しく荒々しいようなジャベールでした。
前期よりも一段と良くなっているように感じました。
しかも歌が相変わらず上手くて聴き応えあります。
禅さん好きだな~。

テナルディエ妻の阿知波悟美さん
今まで日程が合わなくて阿知波さんはあまり見たことがないのですが
阿知波さんも面白い!!
駒田さんと盛り上っていて笑えました。
結婚式の時、スプーンを床にばら撒いてしまった後、テナ夫妻は踊りだすけれど
阿知波さん、ドレスをスプーンの上にかぶせて見えなくしてしまったので、スプーンを拾う人が拾えなくって(笑)
どさくさにまぎれて?拾おうとしてドレスをめくっていました(笑)

コゼットの稲田みづ紀さん
普通な感じです。もうちょっとブリブリに可愛い感じにしても良いかな?って思いました。

アンジョルラスの阿部よしつぐさん
声が高くて綺麗な声でした。石川さんの声に似ている感じです。
声が綺麗だからリーダーシップ力が弱く感じてしまいました。
というよりも上原アンジョの力強い歌声が耳に焼きついてしまったのかもしれません。

ガブローシュの小宮明日翔くん!
エリザベートのチビルド君の時も上手かったのでお気に入りでしたが、ガブローシュでも好演です!
とっても元気でグイグイと引きつけられるガブローシュでした。
歌も演技も本当に上手い!上手すぎる!!
今期はガブの日程も発表されているので、今後見れる日が楽しみです。

今日の山口さん。

先日(4/10)に30周年を迎えたんだな~ってシミジミと思ってしまいました。
そしてバルジャンを演じる山口さん、今期は今まで以上にすごいしっくり来ています。
バルジャンの慈愛に満ちた心が伝わってきます。

「バルジャンの独白」
今日もやっぱり凄まじくて体温が上昇。
シャウトしているから余計にそう感じるのかもしれません。

市長様の時がやっぱりとっても格好良いです♪

「裁き」
プレビューの時も感じましたが、エコーをかけ始めるのが少し早い気がします。
前期は最後の「24653」の「3」の所をキーを上げて歌ったりしていたので驚きましたが・・・
今年は以前のように普通に伸ばして歌っています。
私はこの歌い方の方がしっくり来て好きです。

「対決」
石川ジャベとの対決。面白い!
石川さん、バルジャンを「お前は悪だ!」と執拗に追い詰めている感じがする。
「誓ってやり遂げよぅ~」の2人で歌う所、声が綺麗♪
歌い終わった後、いつものようにバルジャンは椅子を床に叩きつけたけれど
椅子が壊れない?!山口さん、椅子から棒をもぎ取って投げ捨てていました(笑)
なのでいつもと違う位置に椅子が放り出された感じ。
手に持っている棒をじっくり見てみたら、棘のように木がささぐれたようになっていました。
あの椅子と棒はどういう構造になっているのだろう?(笑)

「取引」
バルジャンが取引を終えようと椅子から立とうとする所を
テナ夫妻は無理やり押さえ付けられ、仕方なくバルジャンが椅子に座る所。
阿知波さん、山口さんの膝の上に片足をのせてまで座らせようとしていたので笑ってしまいました。

「彼を帰して」
前期まではマリウスが家へ帰れるように静かに見守り願っている感じでしたが
今期は心の底から、というか「帰るのだ!」と思う気持ちが強い歌い方、苦渋の表情です。
なんとなく・・・
被災された方、避難生活を余儀なくされている方へ向けて「早く帰れるよう」に祈りながら、届くように歌っているように見えて仕方がありません。

「マリウスとコゼット」
3重唱がとっても綺麗・・・
山口さんの優しげな声、好きだ~♪

「バルジャンの告白」
今日も胸を押さえていましたが・・・
心臓が苦しくてと言うよりも、コゼットと別れる事を思い胸が痛いという方が合っているかもしれません。

「エピローグ」
やっぱり歌がジーンと来ます。
エポとファンテに挟まれてバルジャンが旅立ってしまう・・・
本当にあちらの世界に旅立ってしまったように見えてしまいました。

このシーンは今まで、もう終わりだな~って思って見ていただけで、あまり深く考えていなかった事・・・
追われる身である中、バルジャンはコゼットとの出会いで人間として生きる事が出来たのかもしれない。
死の間際に真実をコゼットに話して、ようやく本当の意味で幸せになれたのかもしれない・・・
って、今日思ってしまいました。(遅すぎますね・・・苦笑)

明日は・・・きっと良い日になる。
夜明けの来ない日はないんだと・・・。

カーテンコールはプレビュー公演の時よりも多かった気がします。
やっぱり本公演の初日だ!って思わずにいられませんでした。
そして山口さんの素敵な笑顔が沢山見れて幸せでした。

祐さん素晴らしいバルジャンをありがとう!
明日から、またがんばります!

レミゼはエリザベートの時とは見終わった後に流れる空気が違います。
エリザベートは閣下に釘付けでもっと見たい!って衝動的な感じですが
レミゼは見終わった後、レミゼの世界、山口さんのバルジャンに魅了され
ホノボノとジワ~っとくる感じで、また見たいなって思います。
上手く説明出来ないけれど、とにかく次を見る日が楽しみです。


ジャン・バルジャン…山口祐一郎
ジャベール…石川 禅
エポニーヌ…Jennifer
ファンティーヌ…知念里奈
コゼット…稲田みづ紀
マリウス…山崎育三郎
テナルディエ…駒田一
テナルディエの妻…阿知波悟美
アンジョルラス…阿部よしつぐ
ガブローシュ・・・小宮明日翔

テーマ : ミュージカル - ジャンル : アイドル・芸能

00:53  |  観劇日記(レミゼ)  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2011.04.12 (Tue)

レ・ミゼラブル 観劇日記 +2011/4/8+ プレビュー初日

レ・ミゼラブルの幕が無事に上がりました。
そして私の観劇生活の幕も上がりました。

久しぶりに行った帝劇・・・
なんだかホッとしてしまいました。
ここは私の好きな場所だ(私の場所だ)・・・と(苦笑)

そして公演中、どうか、大きな余震が起こりませんように・・・と祈りました。
(バリケードなど高い所での演出もあるから大きな揺れだと心配・・・)
そう言えば、昨年「レベッカ」を観ていた時にも地震があったな~とか思い出したりしました。
本当、日本って地震国って言う事を思い知らされます。

レミゼの幕が上がり・・・

前回のレミゼでは照明が暗く音響も落としていので
電力不足の協力でこれ以上照明を落としたら何も見えなくなっちゃう・・・って心配しましたが(笑)
今回はまあ以前と同じ照明の暗さ、音響は2009年と比べて大きくなっていたように感じました。

山口さんは大きいのでシルエットですぐに分かります(笑)

バルジャンを諭す司教様。
歌上手かった~。神々しい声で和みました。
どなただったんだろう?

岡ジャベール。
岡さんのストレートで綺麗な声。大好きです。
相変わらず、綺麗な声で心に染み通ってくる感じ。
すらっと背が高く美しいジャベールです。
この歌声、心にストーンと入ってきます。
岡さんの日で取れていない日があったかな~?
もっと聴きたい!って感じです。
ジャベールの自殺のシーン。
以前よりも凄まじくなったように感じました。

ファンティーヌの知念さん。
これは・・・知念ちゃんのハマリ役なのでは!?
コゼットよりもエポニーヌよりもすごい良かったです。
ファンティーヌって際どい役で、なかなか適役!って思う方がいないのですが
知念さんは良かったと思います。予想外に良かったです~♪
山口バルを見ると今回の組み合わせでは知念ファンテとの共演が一番多いのですが一安心。

加藤清史郎くん。
可愛かったです。元気一杯でガッツのあるガブと言うよりは明るいガブローシュに感じました。
これが初舞台とは思えない度胸のある演技っぷりでした。
日程によっては1回も見れないかも。と思っていた清史郎くんを観ることが出来て良かったです♪

テナルディエの駒田さん。
やっぱり、何回見ても好きだ~。安心して見ていられる!

テナの妻の森公美子さん。
相変わらずの悪妻っぷりでした。
テナ夫妻は駒田&モリクミコンビが一番好きです。

マリウスの山崎育三郎さん。
やっぱり成長した!!!地に足が着いているマリウスって感じがしました。
でも・・・なぜか泉見さんを思い出しました。
泉見さんほど熱烈で(大げさではなく)熱い感じではないのですが、歌声かな?何か良く分からない出れど泉見さんを思い出してしまった…

エポニーヌのJenniferさん。
エポニーヌの歌って難しいと思っています。
歌も上手いし良かったです。ただ死んでしまう時はそれほど悲しく感じなかったかな?


コゼットの中山エミリさん。
可愛かったです。コゼットって可愛くて歌が上手ければ私的にOKです。

アンジョルラスの上原理生さん。
イベントの時の歌披露で聞いたことがありましたが
やっぱり歌上手いです!迫力のある力強い歌声でみんなを引っ張っているように感じるアンジョでした。

今までレミゼはキャストに左右される演目だと思っていましたが
今日はみんな歌が上手くて最高に良かったです。
さすが!帝劇100周年を代表する演目だけに今回は完成度が高いです。

プレビュー公演でのハプニングは・・・

2幕目の一番初め、薄い色した幕が上がる時、スムーズに上がらず降りてきたりしていました。

エポが歌い終わった後、左右からバリケードのセットが出てきますが
「ガッゴン」って大きな音を立てていました。

バリケードで襲撃に遭っている時、銃が鳴らない箇所で「バンッ!」って鳴っていた気がします。
暴発?


バルジャンの山口さん。

山口さんの第一声を聞いて・・・
先月からは地震の事で頭が一杯になり、CDを聞く余裕すらなかった・・・
しかも今年に入って山口さんの歌のCDは1回も聞かなかった・・・
今年初めて山口さんの声を聞いた!!!気がします。
やっぱり山口さん、好きだな~ってつくづく思いました。

そして久しぶりに「独白」で鳥肌が立ちました。
はじめて見たとき「凄い!!!」って思った時の事も思いだしてしまいました。
「彼を帰して」は前回は結構囁き系だったけれど
今回は何としてでもマリウスを生きて帰らせたいと言う歌い方に変わっていました。
表情も激しかった…

山口さん、意気込みが今までとはさらに違う!
そう感じました。

「バルジャンの告白」の時、胸を押さえていたので
バルジャンって心臓が悪かったのかな?って思いました。
その後、天に召される時も手を胸に当てていたので
やっぱり心臓か?って思いました。(原作は忘れてしまった)

エピローグを見てて・・・
もしかしたら見れないかもしれないって思っていたので
レミゼを見れているって言う事が本当にありがたく感じてしまいました。

カーテンコールは何度も出て来てくれました。
もしかして節電の為にカテコは2回位なのかな?って思っていたしお花投げもなくなるのかな?って思いましたが今までどおりでした。

レミゼって沢山人が亡くなってしまうから・・・
ダブってしまって辛くて見れないかもしれないって思っていました。
だから涙なくしては見ていられないのではないかと・・・
でも物語の中での死は物語なので、気持ちが入り込んでしまわない限りは大丈夫。
そう思うと今回は冷静に受け止められました。

帝劇100周年。現演出最後のレミゼの幕が上がりました。
レミゼの世界を胸に焼き付けたいと思います。

ジャン・バルジャン…山口祐一郎
ジャベール…岡幸二郎
エポニーヌ…Jennifer
ファンティーヌ…知念里奈
コゼット…中山エミリ
マリウス…山崎育三郎
テナルディエ…駒田一
テナルディエの妻…森公美子
アンジョルラス…上原理生
ガブローシュ・・・加藤清史郎

テーマ : ミュージカル - ジャンル : アイドル・芸能

04:41  |  観劇日記(レミゼ)  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2009.10.22 (Thu)

レ・ミゼラブル 観劇日記 山口さん楽日 +2009/10/20+

久々のレミゼ観劇!!って言っても9日ぶりです。
今回は週一のペースを崩さずにチケットも追加しなかったのでふ~=3って感じ。いつも追加しまくって大変なことになっているから、、、
私にしてはがんばったって感じ!?(苦笑)
(17、18日の土日は行きたかった…(爆)観たくても…ヴァンパイアで予定外の出費がかさんでしまって…という事情もあり断念…苦笑)

博多座からだいぶ日にちが経ったからかな?帝劇の音響にも慣れて
オケの音は以前よりも少々大きく聴こえ、音声マイクも調整されたのかな?
だいぶ聴きやすくなっていました。

今期、初見の今井ファンテーヌ…
私のイメージするファンテーヌと何かが違ってるし
なんだかやっぱり今期も苦手な感じ、、、

そして石川ジャベール…
コミカルな教授から一転、真面目で重々しいジャベールに変身(?)してて
役でこうも変わってしまうのか…凄いな~って思ってしまいました。
やっぱり石川さんらしい熱の入ったジャベールでした。
「対決」の時、地底に響くような恐ろしく低い声で歌っていて
石川さんも色々な声が出せて凄いよな~って思いました。
声だけ聞いていたら石川さんの声って分からない感じです。
気になったのが長い「もみあげ」!
口の所まで伸びていて変だよな~って思ってしまいました。

駒田テナ
何だろう?地に足が着いていると言うか、、、どっしりと重みのあるテナルディエ。
やっぱり駒田さんのテナルディエ大好きだ~~。大満足!!!
笑えるのがバルジャンとコゼットが来て変な(笑)スカーフみたいなのを頭に被って「だんな~ 何も食べてねぇよ…」の時の顔!!可笑しすぎる~~(笑)
とにかく山口さんの楽日が駒田さんで良かった♪

テナルディエの妻のモリクミさん
やっぱり面白い!!
1幕の「下向け~」のシーンでの顔…お顔に(ひげのように?)黒く塗っているけれどそれも可笑しくて笑える。結婚式の時に、胸に沢山お札を入れて痛くないのかな~なんて思ったり…
金歯を見せて「ニカッ」としている所とか…

山崎マリウス
安心して観ていられます・・・
山崎育三郎さんは弱くもなく熱すぎるわけでもなくスマートなマリウスに見えます。

坂元アンジョ
たぶん通算すると坂元さんのアンジョを1番多く観ていると思います。
(わたし的にビジュアル面で)カッコいいと思う訳ではないけれど坂元さんの
伸びやかで綺麗な歌声が好きです。
1幕の「ア・ベ・セー・カフェ」で鼓舞するような歌から曲調が変わり
「戦う者の歌が聴こえるか…」って大人しめに歌う坂元さんの声もツボです。

沙也加コゼット
初日の時よりだいぶ慣れた感じでした。
歌は良いと思うんだけど、、、可愛いというよりもなんだか怖い感じ。
メイクがきついからかな?もうちょと優しい感じの方がいい気がしました。

新妻エポ
やっぱり新妻さん!最高です!エポの感情が伝わってくる…
今回、新妻さん中心にして観る事にして良かった!!
そう言えばストレートだった髪の毛が下の方が今回はゆるくウェーブしていました。

そして山口さん。
初日の時に比べたら、バルジャン度がかなりUPしていました。
久しぶりに歌声を聴けて嬉しかった。

「裁き」で今期は「24653~♪」とキーを徐々に上げていく歌い方をしていますが
初め聴いた時は前のほうが良いのにな…って思っていましたが
再び聴いてみたら、こういうのも良いかも。声が綺麗。
もっと聴きたかったな~って思ってしまいました。

「対決」の時、椅子から棒が取れにくそうな感じ?
「ガッガ~~~ン」と思いっきり椅子を叩きつけていました。
なんか良く分からないけど、、、
男らしくて力強い感じがカッコいいと思ってしまった(苦笑)

そして、、、
何よりも「彼を帰して」がとってもとっても良かった!!!!!
まるで心が洗われるよう…
もしかして…この歌の為にバルジャンをしているのではないか?と思うくらい
聴かせてくれました(泣)本当に良かった!!!
その後も拍手が鳴り止まず、思いっきり拍手が出来ました。

カーテンコール
舞台に投げ入れられたお花を持って一回袖に消え。その後、、、
駒田さんの司会で「まだ2/3に残っていますが…
山口さんが千秋楽を迎えます」と…ご紹介。
駒田さんの司会…どうしてもヴァンパイアの延長の感じがしてしまう。

なんか…山口さん珍しく妙に緊張しているような面持ちでした。
そして不思議な間を取りつつご挨拶。「本当にありがとうございました」と…
客席に向かって長いなが~~~いお辞儀…
わたしはどんな言葉よりも、深く深く頭を下げる山口さんの姿が目に焼きついて「ありがとう」の気持ちが伝わってきました。

そしてホッと肩の荷が下りたような、一仕事終えたぞ…的な山口さんの雰囲気。
そして清々しいとっておきの笑顔…
無事に舞台が終えられてとっても嬉しそうでした。
私はそんな姿を見て「終わったね~お疲れ様~」って思ってしまいました。

ヴァンパイアからバルジャン、、、そしてパイレート・クィーンのお稽古と
目まぐるしくめちゃくちゃ忙しかった所、ようやく新作のPQに打ち込めるのかな?と思いました。

何回ものカーテンコールの中、、、
いつもは山口さんが色々な公演で楽日の方達をセンターへと招いていましたが、今回は誰よりも早い楽日。
最後…石川さんたちが山口さんをセンターへ導く姿…
山口さん一人で早抜けって今まで見た事がなかったのですが
温かい雰囲気に包まれながらの楽日。

楽日までのカウントダウン的…に楽間近でも何回も今回は観にいけなかったけれど、山口さんの千秋楽に立ちあえてよかった。
そして短い間だったけれどジャン・バルジャンが観れて良かったです。


10月20日(火)18:15
ジャン・バルジャン 山口祐一郎
ジャベール 石川禅
エポニーヌ 新妻聖子
ファンテーヌ 今井麻緒子
コゼット 神田沙也加
マリウス 山崎育三郎
テナルディエ 駒田一
テナルディエの妻 森公美子
アンジョルラス 坂元健児


テーマ : ミュージカル - ジャンル : アイドル・芸能

03:18  |  観劇日記(レミゼ)  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2009.10.12 (Mon)

レ・ミゼラブル 観劇日記 +2009/10/11+

今日は昼公演。12時開演って早すぎる~。
なんか疲れて家に帰ってから一旦寝てしまいました…
目を凝らして観ていたので疲れ目かも…?

この間よりはだいぶヴァンパイア気分は抜けて来て
今日は「よし!レミゼだ!」って言う気持ちで劇場まで向かいました。
今期は私的に「絶対に外せないベストキャスト日!」って言う日がなくて
考え抜いて10/11を選びました。

やっぱり薄暗いし音は小さかった…
遠い席からだと舞台までが遠い上に音が小さい分さらに遠く感じてしまう。
観えない聴こえない…そういう演出なのだから、その点はもう諦めました。
前方席で丁度、見やすい感じの演出って感じがします。
それじゃな~(-.-)Zzz・・
なのでチケットも増やすことなく、手持ちチケットのみで今回のレミゼは終わりそうです。

今期は回数を行かないので、早くも岡さんの見納め日でした。
岡さんはスマートで綺麗で格好良いジャベールです。
(いつもですが)華がある。
原作のジャベールとはイメージがまったく違うけれど、そういう岡さんのカッコいいジャベールが好きです。

山崎ファンテは普通。さらっと観ていました。
母性愛は感じられなかったけれど、不幸そうな雰囲気は良かったです。
ファンテーヌ役って…この人!って言う人がいないのが残念です。
SPの時に観た岩崎宏美さんが1番好きかな?
観劇した時、岩崎宏美さんの声は透き通るような綺麗な声で驚きました。

辛島コゼットは安心して観ていられます。
コゼットは菊地美香さんが可愛らしくて好きなんだけど今期は1回も見れなくて残念です。
(アンジョをしていた岸祐二さんとご結婚されるとの事、おめでとうございます)

安崎さんのテナルディエも嫌いじゃないんだけれど、、、
どうしてもテナは(コテコテでギラギラした?・笑)駒田さん!って思ってしまう。

エポニーヌの新妻さん最高!!凄い良かった!!!
「オン・マイ・オウン」ではエポの叶わぬ恋心や寂しさがひしひしと伝わってきて思わず泣いてしまいそうになりました。
周りには泣いている人もいました。
今期はエポ重視。新妻さんに焦点を絞って観に行く日を決めた気がします。(前期は駒田さんに焦点を当てていた…)
「恵みの雨」でエポの血が凄い…濡れている様に見える…。

そして今日楽しみだったのは、泉見さんと原田さん。
登場の時は久しぶりにワクワクしました。

通算2回目観劇のアンジョルラスの原田さん。
前に観た時と印象が違う気がしました。何でだろう?髪型がクルクルパーマ過ぎ?(笑)
歌は上手いけれど、アンジョのカリスマ性がもう少し欲しい感じ。
急に思い出しましたが東山義久さんは立っているだけで輝いているようだった気がする。
トータル的には岸さんのアンジョが好きだったけれど、今回はキャスティングされていなくて残念です。

泉見マリウス!いきなり泉見さんは見納めなので真剣に見ました。
マリウスはアルフと違って格好良い!!うっとり
これは髪型だよな~。あのクルクルパーマの髪型はやっぱり変なのかも。
若干ウェーブがかかっているけれどストレートの黒髪の方が似合うし若く見える。

マリウスの熱烈度や「カフェソング」での慟哭度はまだ低かった気がします(音が小さいからそう感じたのかな~?)
そしてやっぱりアルフを思い出してしまうけれど…熱烈度はアルフが凄かった!「僕を変えた愛する人よ 君の名はサラ~~~♪」って…歌うあの時の泉見さんが忘れられません。

最後、バルジャンが他界した後、、、
コゼットの肩を抱いて涙顔ながらも優しい表情をしているのがとても良くてグッと来ました。
Vでさらに好感度が大幅にアップした泉見さん。今後も山口さんと共演して欲しいな。

幕間のこと…
ついつい、、、、クコール劇場の癖がついてしまって
何かを待ち望んでしまってすぐに席を立てない私(苦笑)
ヴァンパイア楽しかったな~。
同じ場所と同じ空間でVの世界が繰り広げられていた事が夢のようです。

そして山口さん。
今期はまだ2回しか観ていないけれど1幕より2幕目の方が良い気がします。
初日と比べたら地に足が着いているような?だいぶバルジャンになった感じ(表現が変かもしれません)

そう言えば司教様!!今回は違う方(声)だったので思い出した!
初日に見た時。今回の司教様も声が良いな~♪って思っていたら…
今、キャスト表を見たら初日は私のお気に入りの港幸樹さんでした。
いつも劇場に掲示してあるキャスト表すら見ないから…分からなかった。
今回はアンサンブルの方々を認識できるほど回数行けないのでちょっと寂しげです。

そうそう!今日驚いたのは、「裁き」の時の「24653~♪」の「さぁ~~~ん♪」のキーを上げて歌っていた所!!!
周りからは「きゃ~~♪」って言う歓声と拍手が起こっていました。
たぶんこのパターンは今まで聴いた事がない気がします。ビックリ!!!

バリケードの時、縛られているジャベールを助けた後…
歌の時、噛んでしまって、、、「…ニャ」みたいな歌詞になってて「あらっ?」って思ってしまった。可愛い♪???

マリウスが撃たれて倒れた所が下水道へ続く網の上に両足が乗ってしまってて、それをバルジャン、足をよけて下水道の網を開ける。
その後マリウスの体を起こしてグイッと引っ張ったら勢いがつきすぎて(角度の関係かな?)頭と頭がゴチンとぶつかった様に見えました。

「彼を帰して」は初めの方は耳を澄まさないと聴こえないような消えてしまいそうな歌声。そして徐々に声を大きくしていく歌い方。今期ヴァージョンなのかな?と言うよりもマイク音が小さいのかもしれません。

周りの人が数人泣いてて…レミゼはやっぱり泣く人多いな…って思いました。
レミゼでは泣かないでヴァンパイアの「抑えがたい欲望」や「舞踏の間」で号泣しそうになっている私は一体何なんだろう?????

どうしても今回のレミゼでは入り込みきれない私がいて感情移入できないものの…
山口さんのファンになっていなかったら「レ・ミゼラブル」という舞台は
(有名だから名前は知っていたけれど)絶対に観ていなかったと思うと山口さんに感謝です。

10月11日(日)12:00
ジャン・バルジャン 山口祐一郎
ジャベール 岡幸二郎
エポニーヌ 新妻聖子
ファンテーヌ 山崎直子
コゼット 辛島小恵
マリウス 泉見洋平
テナルディエ 安崎求
テナルディエの妻 森公美子
アンジョルラス 原田優一

03:35  |  観劇日記(レミゼ)  |  TB(3)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2009.10.07 (Wed)

レ・ミゼラブル 観劇日記 初日 +2009/10/6+

今日もやっぱり私の気分は、まだヴァンパイアでした…

オケの練習が終わって暗くなっていつもはすぐに始まりますが
今日はシーンとしてもなかなか始まりませんでした。
何とも言えない劇場の静寂の時がありましたが
音響トラブルとかではなかったようで1.2分ぐらい?で始まりました…

が…
私はヴァンパイアの初めのオーヴァーチュアを思い浮かべてて
あれ?違う…って思ってしまった(苦笑)
これはレミゼだった…
なのでレミゼの「ジャッジャーン」って言う音を聞いて「レミゼだ~」って
いつものように感慨に耽るようなことが出来なくてちょっと残念。
夏にヴァンパイア病に感染してしまって終わってもなお重症化しているみたいです。
どうしたものか…(-.-)Zzz・・

山口バルジャンは11回しか公演がないし、見れる回数も少ないので
しっかり見なくては…と苦心して見ました。

約2年ぶりに見たレミゼ…
音が小さい…帝劇だからかな?音が悪いって思ってしまった。
この音響何とかして欲しい。博多で良い音を聴いてしまったら贅沢にも思ってしまう。

またまた博多座でのクリアな音が忘れられなくて…ヴァンパイア病が復活。
もし同じ公演をするなら帝劇でいつもは10回見るところを1回にして
博多座に行けるだけ観に行った方がいいかもって思ってしまった。
そんなことできるのか?(苦笑)

そして照明が暗い!!!前も言っていた気がするけれど・・・
薄暗くて表情が良く見えない。あと少しだけ明るくしてくれれば見やすくなるのに…
なので目を凝らしてみていたので、目が痛くなってしまった。

薄暗くて音も良く聞こえないけれど、、、
これは演出上の事だって前に公式ブログに書いてあった気がするのでしょうがない…

演出的には2007年の時と同じで特に変わった部分はなかった気がします。

話を変えて…

初見の方はやっぱりコゼットの神田沙也加さんです。
1幕目の庭先でマリウスと歌う時とかカチコチに緊張している感じでした。
歌は製作発表で聴いた時よりも違和感なくて良かったかも。
今どきのというか今風のコゼットって感じがしました。

ジャベールの岡さん…岡さんのストレートで伸びやかな歌声がとっても好きです。
前期は岡さんの日にあたらなくて殆ど見れなかったのですが
いきなり岡さんが見れて良かった♪

そしてエポニーヌの新妻さん
本当に安心して見ていられてエポとしての歌い方も大好きです。
エポのカツラが変わった???黒髪のストレートになってました。

ファンテーヌのシルビアさん
これまたVのマグダを思い出してしまいますが…
昔見たときよりもだいぶ病弱そうな弱々しい感じになったかな???

マリウスの山崎さん
たぶん前期の時にマリウスではお気に入りだったと思います。
やっぱり歌が上手いし、、、しかも(泉見さんほどではないけれど・笑)演技も熱くなった気がしました。
1幕目のマリウスが仲間の所へやってきた時、不意に昔、超お気に入りだった岡田浩暉さんを思い出してしまいました。
岡田さんもすらっとしてて歌が上手くて…また観たいな…。
そして山崎さんをアンジョルラスでも観てみたい!!と思いました。

2幕目のバリケードの時、下へ降りてくる時、前は階段のようになっている所を下りてきてたけど、階段を下りないでいきなり跳んだ?
今回のヴァージョンなのか?思わず跳んでしまったのか分からないけれど、怪我をしないようにして欲しいです。

テナルディエの駒田さん
もう言うことないです。駒田さんのテナのずる賢い所が好きです。
前は宿屋の所でお財布をここで落として、懐から時計を抜き去り…とか細かく細かく見てたな~って思い出しながら見てしまいました。
歌いながら流れるようにスムーズに進めて行かないといけないので、器用さが必要だと思ってしまいます。
そしてまたVのクコールを思い出してしまい…あのクコールがこんなにチャキチャキと動く人に変化してしまって…って違うのは当たり前なのに妙な感覚(笑)

テナルディエの妻の森公美子さん
ダイエットをしているってTVでやってたけれど、やっぱりお顔がホッソリしていました。
でも迫力と面白さは相変わらず(笑) 
結婚式の時は駒田さんも見たいけどモリクミさんも見たい…って葛藤です。

アンジョルラスの坂元さん
私は何故か坂元さんを見る機会が多い…坂元さんも相変わらず良いお声でした。
カツラは今回の方が良い気がしました。

そして山口さん。
まだそんなにバルジャン度は高くはないけれど
この数日の間に良くぞバルジャンになった!お見事!!って感じです。
レミゼは出番が多いのに、、、本当に凄い。

囚人の歌
薄暗くてよく見えなかったんだけど、三角の帽子みたいなのを被っていました。
ジャベールと争っててその時帽子が飛んだので「おや?」っと帽子の帽子を被ってる?と分かった。
その後は鞄を持って、その帽子を拾っていました。

市長様のカツラが変わって、ストレートな感じで若々しくなったような気がしました。
レミゼは畳み掛けるようなセリフ調の歌が多いいので私は歌詞がどう…とかあまり覚えていないけれど…
その市長様の時に工場長に「何とか収めろ」って言うシーンで歌詞が抜けた?気がしました。

対決
岡さんに負けていた気がします。まだ手探り状態なのかな?

コゼットを宿屋に引き取りに行く時『取引』のシーン
前からの面白い所をそのまま引き継いでいました。
バルジャンを引き止めようとテナ夫妻が椅子に押し付けるようにバルジャンを座らせるところ
やっぱり今回も座らないぞ!的に粘っていました。
バルジャンが椅子をガターンと後ろへ放る時、モリクミさん「危ない…!!」って(笑)
笑えるシーンが殆どない中、このシーンの笑いは貴重です。

彼を帰して
レミゼではセリフ調の歌ばかりの中
バルジャンの唯一の歌のような気がします・・・
あっという間に終わってしまう、、、、
また「抑えがたい欲望」とか思い出してしまって…
私はどうしたらいいのだ~ヽ(`○´)/

机の上のロウソクに火を灯す所
なかなか火が点かなくて、歌いながらロウソクを動かしていました。

バルジャンが天に召される時
前期は首を俯き加減にしてた所が、、、
今回は椅子になだれかかる様に斜めにガックリ…としてていかにも死んでしまった…って感じでした。
より分かりやすくなった気がします。
良く考えたら前期よりも前は座ってていつ死んでしまったのか?分からなかったな(苦笑)

カーテンコール
岡さんの後に山口さんが出てきて、、、
山口さん岡さんの手を取って握手して、お辞儀をしていました。
何かあったのかな?とか思ったけれど…
前々から岡さんとのカテコは楽しそうで熱いかもしれません(笑)
ジャベの衣装を着て出て来たこととか思い出した(笑)

その後、センターで礼をしますが、初め膝の所まで手を前に揃えてお辞儀…
ところがそのままツツツッ…と手を下に伸ばして(笑)床まで…前屈の状態(笑)
手の先が床に届いていました。

その後、全員で1番初めにお辞儀をした時の山口さんの表情が忘れられません。
「無事に舞台、、、初日が終わった…」的な安堵したような、達成したような
とっても清々しい表情での笑顔… 
短い期間でバルに変身しなくてはいけなくて
本当に大変だったんだろうな…って思ってしまいました。 

初日ならでは???凄い沢山出てきてくれました(数えていないけれど10回ぐらい?大袈裟?)
お客さんも粘る粘る!レミゼのカテコは他の演目とは違う熱気がありますね。

岡さん、山口さんの横に来ると嬉しそう…に見えてしまうのは私だけかな?
そしてこの2人が並んでいると背が高いから圧巻!!その光景が見れて嬉しかった。

山口さんは終始、素敵な笑顔でした。
伯爵様だと牙があるからヘラヘラしたような?(笑)笑顔だから…
バルジャンの時の笑顔は最高です。

レミゼを観に行けば気分はレミゼ♪ってなるかと思ったけれど…
私は伯爵様の呪縛…伯爵様のウットリするような甘い声に
未だに捕らわれています…


10月6日(火)18:15
ジャン・バルジャン 山口祐一郎
ジャベール 岡幸二郎
エポニーヌ 新妻聖子
ファンテーヌ シルビア・グラブ
コゼット 神田沙也加
マリウス 山崎育三郎
テナルディエ 駒田一
テナルディエの妻 森公美子
アンジョルラス 坂元健児

03:53  |  観劇日記(レミゼ)  |  TB(2)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2008.12.02 (Tue)

レ・ミゼラブル製作発表行ってきました

レ・ミゼラブル製作発表行ってきました。
初めて当たったので嬉しかったです♪
全ての内容を覚えていられれば嬉しいのですが、色々なことがありすぎて全部は覚えていないのがもったいない・・・
とりあえず、記憶に残っているところだけ書きます。

当日、席の抽選と言うことだったので12時ちょっと前に行ったらずら~りと行列ができていました。そして係りの人により当選葉書と身分証明書等の確認後、少ししたら列が流れ始め、、、抽選と言うことだったのでくじ引きかと思ったら、入り口の長テーブルにチケットが袋に入って並べられていて(中は見えない)お好きなものを選んでくださいという抽選でした。
前方席だったら嬉しかったけれども、運のない私はやっぱり後ろの方でした。。。

そして入り口のところでレミゼのクリアホルダーをいただきました♪
クリアホルダーは嬉しいかも~と思いつつ
中を見ると公演チラシとキャストメッセージ、楽譜が入っていました。

ロビーに入るとレミゼの曲のインストが流れていました。
なんとなくいつもと若干違う雰囲気が漂っていた気がします。

そして13:00に開演。
レミゼの各キャストの映像が流れました。
バルジャンから始まり、山口さん、別所さんと順に・・・曲目は「彼を帰して」で。
その他、ジャベールやエポニーヌなどなどの映像が(軽部さんによると)約5分。

その後、フジテレビの軽部さんの司会で始まりました。

まず男女のアンサンブルが全員登場。
そして役目名と名前が一人ずつ紹介されました。

その後、プリンシバルの方々が登場。
下手側から、橋本さん、今井さん、別所さん、山口さんと登場したのですが
橋本さんがいきなりガクッとつまずいた!!
そしたら次に続いた今井さん、別所さん、山口さんとみんながわざとつまずく!
最後の山口さんは1番リアクションが大きくて会場にどっと笑いがおきました。

ずらりと並びプリン全員の名前が軽部さんの司会で順番に紹介されました。
その時、途中で山口さんが椅子に座るような動作をしたので「疲れたからいきなり座るのか?」って一瞬思ってしまいましたが違ったようです(苦笑)
よく見ると後ろの方が紹介された時に見えるようにかがんだって言うのが分かりました。

紹介が終わり、軽部さんが皆さん座ってくださいと座らせたのにバルジャンの4人だけまたすぐに立たせられて
「せっかく座ったのになんだよ~」的な感じで笑いが起きました。

そして「バルジャンの意気込みをきかせてもらいましょう!」という質問。
順に橋本さんからコメントが始まります。橋本さん何か面白い話をしていて笑いが起きていましたが・・・
私は山口さんをジーーーっと双眼鏡で見てしまって話が良く分かりませんでした。ごめんなさい。

何をそんなにじーーーーと見ていたかというと服装だったりします。
一見、紺?グレー?のスーツっぽいけれど、上下色が違うな~なんて。
薄いブルーのシャツに水色地に水玉のネクタイでした。
そして足が細いな~なんて。そんな所を見てたり。
いつも舞台上では扮装しているから、普通の姿を見るのは久しぶりだな~♪なんてとっても嬉しくなって。
しかもそう言う普通の姿が、すっごいかっこいい!!!!なんて見とれていました(爆)
私、スーツ姿が似合う人がすごく好きなので、52歳になっちゃったけど、これなら大丈夫!!なんて密かに思ったりして・・・

話を戻し、、、
別所さんのコメント。
神田沙也加さんと恋人役で舞台をしてたので今度は親子として考えられるか・・・みたいなコメントでした。

そしたら山口さんはそれを受け
「そう言うパッションがなくなってしまったおじさんですが、意気込みということなので 
がんばるぞ~~~~~~~~~!!」とこれまた大声~~!!!!(笑)
その後、周りの人に四方八方ちょこちょこちょことお辞儀をしている姿が可愛かったです。

そして今回注目の新キャストの神田沙也加さん。
久しぶりに見るけど、お父さん似でしょうか?話し声は松田聖子さんに似てました。
「顔の筋肉がこわばって・・・」ととっても緊張している様子でした。
軽部さんが「別所さんとは親子になりますが・・・どうですか?」みたいなことを聞いたら
沙也加さん「親子になれます!」と回答。そしたら山口さん何かリアクションしてました!!
それがとっても面白かったのですが、ごめんなさい細かく覚えていません。

あと面白かったのが岡さん!!
岡さんが着ているコートの話題に、、、、
素敵なコートなんだけれど・・・ジャベールと同じ素材のコートでデザインは襟のところはフサフサした毛がついてておしゃれな感じ。それでコンビニに行く用のコートとか、、、(冗談?)ミス・サイゴンが終わってすぐにジャベールにならなくてはならないので常にそのコートでジャベールの気分になれるようにする・・・とか(笑) 岡さんいいな~。面白かったです。

坂元さん。後輩に一言!と軽部さんに言われて
「見て学べ!」と・・・
山口さんも受けて大笑いしてました。

泉見さん。
まじめにコメントしていたのですが。
軽部さんに「イケメンだな~と思うけど、片目が(髪の毛)で見えない・・・」と話して笑いが・・・。
確かに泉見さん目がクリっとしててキラキラ輝いている感じがしました。

他の方がコメントしている時に、山口さんと別所さん、何か楽しげにお話していたのですが何を話していたのだろう??気になるな~と思いつつ・・・。
座るとネクタイがジャケットの下(ズボンのベルトのあたり)からネクタイが出るのが気になるのでしょうか?
ジャケットの丈が短いのが気になる?ジャケットの端を前に寄せるようにたびたび直してました。

そして記者の方の質問コーナー。
ところが誰一人として挙手する人がいない・・・シーンとなって記者の人考えていなかった?って感じ。

しばらくすると沙也加さんに質問。
その中で後で歌を歌うので、緊張して手が氷のように冷たくなって来てます・・・と言うと
軽部さんが手を触ろうとして沙也加さんの方へ向かおうとする・・・
それを見て「やめろ~」的に山口さんと別所さんが手を広げて阻止しました(笑)
すると軽部さんが山口さんに代表で確認してくださいと、、、、
すると山口さんはポケットからハンカチを取り出して手を大げさに拭き吹き(笑)
山口さんは普通に握手する感じではなく、後ろ手に触ったのか?こちらから見えないので分からなかったけれど、その後リアクションしながら「すごいですよ」と言ってました。

その後、山口さんにドキドキの質問。
レ・ミゼラブルの思いを語ってくださいと・・・

記者の質問を聞いている時の山口さんすごい真剣な顔してました。
「語るとなると、1週間掛かるぐらいのレミゼには思いがあります」と言って何故かエリザベートで昨日も・・と話が飛び。モリクミさんと、、、ちょうど一緒にレミゼに出演し・・・・と話はどこへ行くのだろう?と思って自分のことの様にヒヤヒヤしてしまいました。
その後、「あの~~~」とちょっと困っている感じでしたが、、、「山口祐一郎くんとしてと言われて・・・」と長々と語っていらっしゃいました。
「山口祐一郎くん」を連発していたけれど・・・まとめると「殆ど1年を通して何かしらの役を演じているから改めて考えてみると、実人生そのものになってしまっていると思えるくらいの思いがある」ってしめてました。

その後、質問は今井さんになったのですが・・・
山口さん、右のポケットから青いハンカチを出して額の汗を拭いていました。
そしたら、前髪が妙な感じになっちゃったけど・・・
山口さん汗をかくほど、がんばって話してたんだな~なんて思ってしまいました。

その後、歌披露。
マリウスのカフェソング、山崎さんの歌。
伴奏がピアノでしたがこういうのもいいな~って思いました。
この曲を舞台中に聞くと辛くて涙をこらえるのがたまらなくなるんだよな~とか・・・

次にピープルズソングを(歌唱指導あり)みんなで歌う。
前にマイクがあったからかもしれませんが岡さんの声が良く聞こえてきました。
指導の説明の時とか山口さんはモリクミさんと楽しそうにお話してました。

いつも聞いている側で、舞台が終わった後に頭をめぐったり、つい口づさんでしまったりする歌を舞台の人たちと一緒に歌っているって言うのはちょっと感動でめったにできない経験でした。全員で合唱なので声は聞こえてきませんでしたが山口さんも一緒に歌ってました。

その後、記者の写真撮影。
数枚撮っているようでした。
山口さんの瞬きが多かった気がする・・・
写真って緊張するのでしょうか?だからいつも・・・なんて思ったりして。
生はこんなにカッコいいのにな~なんて。

色々な山口さんも見れたし、今回運良く行けて本当に良かった。
今日はベールに包まれた山口さんがちょっと分かったような日でした。
帰りの電車で、舞台観劇した時とは違う不思議な余韻に浸りました。

20081201.jpg

テーマ : 舞台・ミュージカル - ジャンル : アイドル・芸能

03:49  |  観劇日記(レミゼ)  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2007.08.30 (Thu)

レ・ミゼラブル観劇回数

4月からずっと帝劇に通い続けていた為、もう山口さんの公演はないのに
また今週末も行ってしまいそうな気分です。
そして、もうこの遠い道のり(片道約1時間半)を通わなくていいのかと
ホッとした気持ちもあるものの、やっぱり寂しいな~

今回は14回観劇。通算43回。
なんとか20回以下に抑えられてホッとしてます。
そして駒田さんを11回も観れて大満足です。
以下はキャスト別観劇回数です。

★ジャン・バルジャン 
山口祐一郎…14回
山口祐一郎


★ジャベール
阿部裕…1回
石川禅…2回
岡幸二郎…3回
今拓哉…8回

岡さん、超達筆です。高い所に貼ってあったので字がよく見えなかった。
oka.jpg


★エポニーヌ
坂本真綾…5回
笹本玲奈…3回
知念里奈…2回
新妻聖子…2回
島田歌穂(SP)…2回

★ファンテーヌ
今井麻緒子…5回
シルビア・グラブ…5回
渚あき…1回
山崎直子…2回
岩崎宏美(SP)…1回

★コゼット
辛島小恵…3回
菊地美香…6回>
富田麻帆…5回

★マリウス
泉見洋平…5回 
藤岡正明…0回
小西遼生…2回
山崎育三郎…5回
石川禅(SP)…2回

泉見洋平

山崎育三郎


★テナルディエ
安崎求…2回
駒田一…11回
徳井優…0回
三谷六九…1回

駒田一


★テナルディエの妻 
森公美子…9回
田中利花…1回
瀬戸内美八…2回
阿知波悟美…2回

可愛い~。しかも立体的。
森公美子


★アンジョルラス
東山義久…6回
坂元健児…5回
原田優一…1回
岸祐二…2回

高い所に飾ってあったので撮るのが大変でした。
岸祐二

司教様(港幸樹)
minato.jpg


飾ってあった色紙をもっと撮って置けば良かったな~
超お気に入りの人しか撮ってないし。
石川さん撮ってなかった~!今頃気付く私(泣)


03:05  |  観劇日記(レミゼ)  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2007.08.24 (Fri)

レ・ミゼラブル 観劇日記

早いもので昨日は山口さんの前々楽でした。
山口さんが舞台上にいる時は他は全く目に入らなかった私ですが
ようやく他の人もちょっとだけ見れるようになって来ました(今頃だけど)

と言っても駒田さんなんだけど…
中央でなんか目立つ人がいるな~なんてよ~く見たら
初めの囚人とか民衆の中に駒田さんいたのですね☆=
普段、山口さんしか見ていないから全然気が付いていませんでした。
各キャストの見所や山口さん以外は腕と目を休めるために
殆ど双眼鏡は使わないようにしています。というのも…
以前、双眼鏡の使いすぎで、次の日筋肉痛になった事があって…(苦笑)
そんな感じで見ているので基本的に誰が誰だか見分けが付かない…

話を戻して…
阿知波さん、面白い!!Nice!
「取引」の時、イスに座りたがらないバルジャンを無理やり座らす所で
山口バルジャンの膝の上をまたぐように片足をのっけて座らせてました。
そこまでされたら座らなければならないとばかりに苦笑しつつ
それ以上は山口さんも粘らなかったのですが面白かったな~。

そして「結婚式」の場面も大爆笑!
テナ妻・阿知波さんがナイフとフォーク(!?)をバラバラと落とした後
そのフォークの上で駒田テナと踊りだしました!!
ウエイターの(東山さん?)が拾わなければいけないのに
阿知波さんのドレスの下になって隠れているため、めくりつつ?
拾うのが大変そうで、その姿が面白かったです。

山口さんに関してはもう何も言うことはありません。
安定してて毎回安心して観ていられます。
あってはいけない事だと思うけど今期は特に笑えるハプニングもなく
歌詞を間違えたりもなく、完璧でした。
強いて言えば「取引」は毎回、椅子をめぐってのハプニング?
があったくらいですね…^^; 何回も行っているとついつい違いを発見することが楽しみになってきちゃいます。

カーテンコールで目に付いたのは
阿知波さんのドレスを駒田さんが思いっきり踏みつけてしまって
駒田さんが隣にいた岡さんに倒れこむようになって助けられていました。
その後、阿知波さんはクルクルと回りながら舞台奥に下がるのですが駒田さんが「回れ!回れ!」みたいなジャスチャーをしてました。
山口さんはいつもの如く笑顔で高速バイバイをしてました。隣に岡さんが来て手をつなぐ時、お互いが顔を見合わせるためかなんとなく嬉しそうな感じに見えます。

いよいよ山口さん前楽・千秋楽と残すところ後2公演です。
毎日気温も高くて暑いけど、きっと舞台も熱い公演になることでしょう。

8月23日(木)18:15
ジャン・バルジャン 山口祐一郎
ジャベール 岡幸二郎
エポニーヌ 坂本真綾
ファンテーヌ 今井麻緒子
コゼット 富田麻帆
マリウス 小西遼生
テナルディエ 駒田一
テナルディエの妻 阿知波悟美
アンジョルラス 東山義久

22:07  |  観劇日記(レミゼ)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT