2010年06月 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.06.29 (Tue)

クリエ ミュージカル・コンサート 千秋楽 +2010/6/27+

まるでお祭り騒ぎのようだったコンサートも千秋楽を迎えました。
ヴァンパイアも「お祭り」とは言っているけれど、一瞬で燃え上がって終わる方がお
祭りっぽいな~と感じました。

そして幸運にも奇跡的に取れたチケットを握り締めて
最後のコンサート見納めに行って参りました。

始まる前、幕が上がるまでの妙な沈黙…
初日の時は不安と緊張でこの妙な時間が耐えられなかったけれど、千秋楽は初日とは
違って最後の幕開けをじっと待っているようなそういう雰囲気でした。

幕が上がり…
いつものようにセンターの階段で頬杖を付くようなマキシムのような体勢で座って俯
いている…
マントは綺麗に広がっている…

恐怖政治
昨日はマルグリットをしている河合さんを途中からしか見ていなかったのですが、今
日は初めから見ていました。
新妻さんも笹本さんも荒々しい感じだけれど、河合さんは気品がある感じで身のこな
しが綺麗でした。
このコンサートで新妻さんが見れなかったのが残念です。

サブリナさんの歌う「心の声」は格好よくて好きで毎回楽しみでした。 
パトリックさんも凄い良い声で、私は聞くたびに嵌って行きました。
「僕こそ音楽」でタタタッと走ってきてジャンプしておどけるように階段の上に座った時。
そのお茶目な姿に、初日や次の日は笑いが起こっていたけれど
何度も見ている人が多いからだと思うけれどその内、みんな無反応…日本人はノリが
悪いな…って思われているのでは…って思ったり(苦笑)
歌い終わってパトリックさん、サブリナさんと一度下がるけれど、また出てきて客席に投げキッス!そして手を振って消えていきました。

外国まで見に行く事は出来ないし、またこういう企画がない限りはもう見れる事はな
いだろうと…思い出として刻み込みました。
普段、海外のミュージカル俳優を観ることなんてないから貴重でした。
この二人が下がると舞台袖から拍手と歓声が!出演者、スタッフ陣も大盛り上がり!

武岡さんのサブリナ・パトリック情報
日本に来て不思議に思ったこと。
サブリナ…エレベーターで「ドアが閉まります」って声がして驚いた。
ドイツではエレベーターはしゃべらないそうです。
パトリック…エレベーターに「閉」「開」があって便利だと思った。このボタンもド
イツではないらしい。
お店でおしぼりが出てくるところ。

そして山口さん。

「幻の黄金を求めて」と「イリュージョン」
今日の山口さん、凄い気合が入ってる!って思ってみてました。
「黄金」はCDに収録されているけれど「イリュージョン」はもう聞けない…
って思って真剣に聞いてしまいました。

「私を求める人間達…
あらゆる時代を見つめた私の力を どこまで行く人間よ…」
の歌詞・・・これ、、、「人間」の部分を「山口ファン」に置き換えたら…って思っ
てしまった。
そう思うと山口さんにぴったりの曲だわなんて思ってしまった。

そしてMAの公演のときとは違い、歌い終わってちょっと微笑むようなキラッとした
表情。


2幕目

今日も地毛でした!髪型は26日のソワレと同じ感じ。
前方の髪はクルクルしてて、横髪はマキシムのように流してました。

私が踊る時
髪型観察はほどほどにして、歌を聴かなくては!思ったけれど…やっぱり顔ばかり見
ていた気がします。
そして歌い終わって暗転した時、タッチではなく一路さんと山口さん、抱き合ってい
ました。すると客席からはキャ~でもないし、、、ひゅ~って感じ?でどよめきが起
こっていました。

モーツァルト!モーツァルト!
今日は綺麗に決まった!この歌、凄い歌だな~ってつくづく思います。

神よ何故許される
「神よこの私を…」の所で本公演では胸をつつくところ。今日は何もアクションして
いませんでした。
舞台と同じように胸につつく感じにする事もあったり、手を広げてそって自分の胸に
手を当てるように歌っていたりとコンサートならではでその日によって違いました。

闇が広がる
そう言えば!本公演の時は死神だから激しくエコーが掛かっているけれど、このコン
サートでは普通のエコー。だから山口さんの声を大堪能できました。

石川さんとの闇広も聴き収め…
もし石川さんがルドルフとしてエリザベートに出たとしたら…
トートに翻弄されるような心の隙、弱い部分がない、しっかりしたルドルフになって
しまうかもしれないな…と勝手に想像。
石川さんの闇広の歌声、とっても好きでした。

最後のダンス
初めの方、囁き吐息系だったかな?
「お前」の所で客席の指差しはなしだったけれど目線だけは客席に送ってました。
踊るさぁだめ~うぅ~~~ん闇の中から見つめている…」の所で「う~~ん」って顔
をしかめながら歌うのもこのコンサートならではの歌い方です。
最後「うぉ~~~お~~~お~~~」って言う所も本公演の同じように手を動かして
てなんかスーツ姿だからか色っぽい感じ。
さらに最後の「お~~~~~~~」の伸ばした声。その日によって違うのですが私に
とって物凄く好きな歌い方をしてくれて嬉しかった(めったに聴けない)
本公演でも聴きたいな…。今日も特に壊れて乱れることはなかったけれどスーツ姿の
激しいトート閣下でした。
マイクを持って歌う姿、、、本当に格好良い…

歌い終わって全身で大拍手を浴びている笑顔の山口さん。
普段こういう姿見れないからこれもとっても貴重。

そして今までの様に感想コーナーという感じではなく(武岡さんも出てこなかっ
た…)
山口さんのいつものご挨拶
「夢のようなひと時を皆さんと過ごせて幸せです…本日も誠にありがとうございまし
た!」みたいなコメント。
マイクを通さずに大声で叫んでくれました。

次はモーツァルトの歌で終わりかと思ったら…

プロデューサーの岡本さんから、この企画の成り行き~アンサンブルの方の紹介な
ど…
そして今日は放浪記の千秋楽の日だった。
「レベッカ」が幸いにも13日に終わって、そのメンバーに協力してもらう形になっ
た。

急にこういうことになって、まず山口さんに聞いたところ真っ先に「お役に立てるな
ら」と承諾。
2.3曲歌えばいいかな~っていう感じだったところ9曲も歌ってもらってしまった。
しかも山口さん曰く毛細血管が切れるような曲ばかり…
歌い終わった後、コールドスプレーで山口さんは頭を冷やしていて、それを見たパト
リックさんが驚いていたそう(笑)

「レベッカ」のメンバーが快く受けてくれた。

お客さんのアンケートで「チケットが取れない。もっと公演数を増やして…」という
声があったそうだけれど
スケジュールがかなりタイトでいっぱいいっぱいだったというお話。
新妻さん、土居さん、笹本さん、井上さん達も公演やお稽古の合間をぬって出演して
くれて日替わりのようなこういうキャスト構成になった。
そして石川さんやシルビアさんは何でも歌ってくれた。
シルビアさんは英語でも歌ってもらってバイリンガルって言う事を忘れていたけれど
今回助かった。

皆さんの協力のもとに出来たコンサートだった。と言う事を面白おかしくユーモアを
交えて感謝の言葉。


私もこのスケジュールに驚いたし、そしてもっと見たかったけれど突発的なコンサー
トだからしょうがないと思うし
これだけの内容の濃いコンサートを見れたことだけでもありがたいと思う。
そして今後もこういうコンサートを“計画的に”企画してくれたらもっともっと嬉し
いな。

そしてゲストに香寿たつきさんと瀬奈じゅんさんが駆けつけてくれました。

が===ん。ここまでしか保存していない状態でPCが落ちた!(泣)
せっかく書き終わったのに消えた…もう2度と同じのは書けないので
簡略化して書きます。


タカラジェンヌに囲まれた岡本さんとの会話の中でどこかで一路さんが突っ込みを入れていた。
相変わらず、突込みが面白い一路さんだな~って思ってしまった。

一路さんと香寿さんの「闇広」
宝塚は見たことがないけれど宝塚版の「闇広」貴重だと思った。
宝塚ってこんな感じなんだ~って思って不思議な感じもしました。
と言いつつも、脳裏に山口さんの歌声が聞こえていた(苦笑)

影を逃れて フィナーレ
山口さん、いつもとちょっと表情が違った。
微笑みながら歌っていたこともあったけれど、今日はうっすらとした微笑。

キャストのご挨拶(かなり省略しました・ごめんなさい)

山路さん、登場!
なんと!浴衣姿で出てきたので劇場は大爆笑!
フランス人になり切れなくて、和風フランス人だったからか?楽屋で浴衣を着ていたのが悪かったのか?ボーマルシェの役がドイツではカットされていた・・・って毎回話していたけれど・・・どういう感じだったか浴衣姿をお披露目(笑)

シルビアさん
普段のカテコと同じ衣装と髪型。
金髪っぽい茶髪のストレートロングで黒のドレス。
自分のことを「謎のドイツ人」って反しててこれまた大爆笑!

山口さん
話す前の山口さん独特のいつもの「間」があり…(笑)
「素敵な家族、仲間だと思っていたんですが、サブリナとパトリックにダディと(年齢が)同じくらい言われて…」
(山口さん、身の置き場がないような地団駄を踏むようなジタバタした動き、回転もしてた・笑)
「ダディだって家族だ(笑)」(山口さん開き直ったよう・笑) 
本当に素敵なファミリーに囲まれて幸せです。ありがとうございました。

カーテンコールも 熱い拍手の中、いつもよりも数回多かったです。

レベッカからコンサートまで怒涛のように山口さんを観劇しました。
次は8月だ。と思うものの終わってしまって、帰りの道のりが寂しく感じられました。

山口さんはすぐにエリザのお稽古らしいですね。
コンサート全体と…スーツ姿で格好良かった「最後のダンス」を心に刻み付けて…
今回のように突発的な企画ではなく、計画的にこういうコンサートをしてくれたら嬉しいな。

そしてご健康を祈りつつ、、、
凄まじいトート閣下に会える日を楽しみにしています。

本当に皆様お疲れ様でした!


ミュージカル FC2ブログランキング

■ACTI
カリオストロ:山口祐一郎
マルグリット:サブリナ・ヴェッカリン
マリー・アントワネット:涼風真世
ルイ16世:石川禅
アニエス:シルビア・グラブ
フェルセン:今拓哉/パトリック・シュタンケ
ボーマルシェ:山路和弘

■ACTII 司会:武岡淳一
石川禅/一路真輝/今拓哉/シルビア・グラブ/涼風真世/山口祐一郎
サブリナ・ヴェッカリン/パトリック・シュタンケ

スポンサーサイト

テーマ : ミュージカル - ジャンル : アイドル・芸能

04:00  |  ミュージカル・コンサート  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2010.06.27 (Sun)

クリエ ミュージカル・コンサート 前楽 +2010/6/26+

今日は早く起きれたので気合を入れて昼の部のキャンセル待ちの抽選に行ったけれど
予想通りはずれました、やっぱりくじ運ないな~(131人中16人が当選)

抽選の説明を聞いている間。
斜め前にいた人…なんとなく雰囲気でこの人、当たりそう…って思っていたらその人が当った!!
私の直感は当る?それとも当る人自身がそういうオーラを出している?って事でしょうか?
これには自分で超驚いた。超能力ある?なんて(笑)

そして前楽。
一昨日のマチネを見たばかりだけれど、おととい夜、今日の昼とキャンセル待ちの抽選に2回外れていたから、気持ち的に「入れない遠い場所」って言う感覚が出来てしまって、劇場に入れる!っていう事がとっても嬉しかった。そしてそういう心理的な距離感からすごい久しぶりに観れた気分でした(苦笑)

そして開幕。

センターの階段に座っているカリオストロ伯爵。
毎回、マントがちゃんと綺麗に広がって見えるように座っているな~なんて思って見ています。
ポーズはマキシム風味で(笑)

観てたら…今日はマルグリット役の笹本さんがいない…
って思ってしまったけれど、このコンサート少しずつキャスト変更があったんですよね。
マルグリットのソロ曲と、アニエスとのデュエットが今までの流れからは消えていて
最後にサブリナさんが出てきた時にサブリナさんが「100万のキャンドル」とアニエスのデュエットを
英語でシルビアさん&サブリナさんで歌う形になっていました。

恐怖政治
このシーンでKENTAROさんを初めて見た時、怪しいカツラを被ってるって思ってしまったけれど(笑)、後々、衣装からするとオルレアン公だなって気づきました。今日はちょっと歌かセリフが違っていたような。
KENTAROさんに注目して見ていたのでマルグリット役として河合さんが出てきたっていう事に気づいていませんでした。マルグリットが前に出て歌うところで気づきました。河合さんの声は綺麗なので好きなのですが、綺麗過ぎてドスが若干足りない感じに思いました。

サブリナさん、格好良い!
パトリックさんもサブリナさん同様に声に張り、伸びがあって良い声で聞き応えがある。
曲は知っているから、歌詞は分からなくてもまったく問題がないっていう事に気づきました。
エリザとか海外の方が来て、公演をしていた事があるけれど、ちょっと興味がわきました。

パトリックさんとサブリナさんが舞台から下がる時、パトリックさん一度舞台から消えたのにまたお茶目に出てきてました(笑)
パトリックさんもお茶目で良いですね♪

そして今日の山口さん。

「幻の黄金を求めて」と「イリュージョン」
ドッカーンと歌うのだけれど、微妙に身振り手振りとか大人し目に感じました。

2幕目

なんと!今日は2公演だったけれどソワレだからか?カツラではなく地毛でした!!(嬉)
そしてこの数日で前髪が伸びた???下さがりの横分けで前方がクルクルな感じでセットしてあって
前髪も眉毛の所で軽くウエーブしてました。横髪は気持ち、マキシム風に流してて
初日の時とも違うけれど、20日より素敵な髪型でした♪
あの日は確かに眉毛の上で真直に前髪がなっていたんだけれど、1週間で伸びた模様。
良かった~。しかも今日は歌っても乱れなかった。

私が踊るとき
私にとってこの歌は「山口さんの髪型観察」の歌になってしまっています(笑)
歌よりもそっちが気になる…(苦笑)
表情はトート閣下のように無表情というか冷たい感じではなく、若干微笑みながら歌ってる…
最後、歌い終わり暗転後、一路さんとハイタッチか?と思った所、上方で手をがしっと握り合っていました。

モーツァルト!モーツァルト!
山口さんの歌で徐々に音階を上げる所、、、
いつもすごいな~って聞いているけど、実は私、何て言っているのか分かっていない(汗)
歌詞は把握していないのだけれどが今日はなんか違った?
難しい歌だけに、一度ずれるとこういう風になるんだ~こういうのも面白いな~なんて思ってしまった。
単に山口さんが違う歌詞を歌っていただけかもしれません。でも表情はいつも通りの山口さん。
だから聴いたことない人がいたとしたら、まったく分からなかったかも。

闇が広がる
石川さんとの闇広は安心して聞いていられるので嬉しい。
でもやっぱり双眼鏡で見ているので石川さんは目に入ってこなかった…
そしてどうしても本公演の時の振り付けを思い出してしまう…

最後のダンス
階段を降りる時ダダダダ…って走るように駆け降りていた。
いつもこうだっけ?
そして「お前」の所で客席指差しはなし。
激しさは先週の19,20日よりも、普通の最後のダンスって感じ。

歌い終わった後、暗転して再び明るくなった時。
超笑顔~~♪

鳴り止まぬ拍手に、お辞儀。
でも前にそろえていた手が徐々に下がっていき前屈状態に…(笑)

その後、武岡さんに腰は大丈夫ですか?って言われて
山口さん、言葉ではなく体を使って「大丈夫ですよ。こんなに動きます。ほらこんなに!」的にジャスチャー会話で体、腰を激しく動かす…(笑)
だいぶ違うけれど、(サッカー選手の)カズダンス?を思い出す感じで腰を動かしていました。

「今日は足が綺麗な人が沢山います。ずっと見て歌っていました」
本日もありがとうございました。とお礼を言って終了。
今日は山口さん節のトークが聞けず寂しい感じ。
長々と話していた事もあるけれど、今日は初日の次に短かったです。

早くも明日はいよいよ千秋楽です。

ミュージカル FC2ブログランキング

■ACTI
カリオストロ:山口祐一郎
マルグリット:サブリナ・ヴェッカリン
マリー・アントワネット:涼風真世
ルイ16世:石川禅
アニエス:シルビア・グラブ
フェルセン:今拓哉/パトリック・シュタンケ
ボーマルシェ:山路和弘

■ACTII 司会:武岡淳一
石川禅/一路真輝/今拓哉/シルビア・グラブ/涼風真世/山口祐一郎
サブリナ・ヴェッカリン/パトリック・シュタンケ

テーマ : ミュージカル - ジャンル : アイドル・芸能

05:08  |  ミュージカル・コンサート  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2010.06.25 (Fri)

クリエ ミュージカル・コンサート +2010/6/24+

行って来ました!コンサート!
4日ぶりといえども、待つのが長かった~。
最後のダンスを歌う山口さんを何回も頭の中でリプレイさせていました(苦笑)

そして今日もとっても楽しかったです。
ステージ構成、歌の流れ、山口さんが出る所もすっかり覚えました。
たったの13公演で舞台セットはないけれど、カーテンや布系を変化させているし照明も凝っています。
例えばレベッカの歌の時はちゃんとライトが公演と似たようにあちこちから青いライトを当てていたり…他にも色々。

そして今日あれ?って思ったのは…私、キャストとかチェックしていなかったから
アニエスとしてシルビアさんが出てきたのでびっくり!
でもそんなに違和感がなかったです。
ダンヴァース夫人と違って目のメイクが違うからかもしれませんが表情がか弱そうな感じ。よくよく考えたら衣装がダンヴァース夫人と似ていますね。
2幕目の「レベッカ」は気のせいか本公演の時よりもそんなに怖く感じませんでした。鋭い目力がそんなになかった。普通のシルビアさんに戻ってきたということでしょうか?(笑)

そう言えば、19日から、ダンヴァース夫人が出てくる位置が変わった為
二人がけん制するような睨み合いがなくなってしまいました。
ちょっと残念な気も…あれ面白かったのにな…

この間、気付いたのですが
ラバン夫人って「レベッカ」でミセス・ラダフォードをやっていた鈴木結加里さんだったんですね!歌が上手かったからてっきり、ラバン夫人をやっていた方が飛び入りで入ったのかと思っていました。

陛下の鍛冶屋の歌
「ああ息子よ…愛する家族よ…」ってこの石川さんの優しげでいて
悲しげな声に胸が締め付けられる…石川さんの声…切ない…
石川さんの歌い方って泣けてくる。本当に上手い!

今日の山口さん。

「黄金」「イリュージョン」はこの間の方が私は引き付けられた気がする。
今日は席が遠かったからかもしれません。
でも…次が「イリュージョン」だ!って思うと何でこんなにワクワクするのか?
山口さんの歌はもちろんだけれど、その他に
イントロのチャラチャラした綺麗な音とか、間奏のダダダダダンッ!って言う音もあってこそなのかも(私の好みの問題かな)?
ミュージカルでは何ていうのだろう?編曲?って言うのかな?
そして山口さん、暗転してはける時、手を広げて歩いて、ちゃんとマントが広がって見えるように下がるので綺麗だな~って見てしまいました。

そして2幕目。
今日は2公演あるから、きっとカツラだろうな…
って思ったら、やっぱりカツラでした。残念。

私と踊るとき
あ~今日はカツラか…と思いつつもジーと見てしまったけれど…
やっぱり地毛の方が格好良いななんて思ったり。
歌い終わった後、一路さんと山口さんは下手と上手に分かれて、はけるのですがその時、すれ違いざま暗闇の中、一路さんとタッチしていました。

「モーツァルト!モーツァルト!」の山口さんの歌の徐々に上がって行く音階。
一体何なんだ~?凄い歌だな…って毎回思う。

神よ何故許される
「おろかな男がつくりっだっすっ!!」の所が激しかった気がする。

そしてコンサート的に最後の盛り上がりの部分。
(こういう感じの(全体的な)舞台構成も、私は好きです)

数日、見ないうちに山口さんのコンサートスタイルが出来上がったようです。
(20日から徐々に確立した感じですね)

闇が広がる
トート閣下の顔で石川さんを見ている感じ。
今日は石川さんが一回も眼中に入らなかった…(ごめんなさい)
でも声はガンガンに聞いている!力強くて良い声です。
「王座に座るんだぁあ~~~ああ~~」の所、やっぱり好きだ~
扮装していない山口さんの顔をしっかりと焼き付けなくては!って思ったけれど
いまいち頭に焼き付いていない気がする。

最後のダンス
先週の土曜日に見たときは狂ったように歌い、壊れていたので驚きましたが、あれは試行錯誤していたのでしょうか?(笑)
今日も20日同様。カッコいいスーツ姿のトート閣下でした。
普通にマイクを持って歌う山口さんがまさか、こんなにも似合ってて格好良いなんて!!新発見!

しかも初めの方、吐息系で色っぽい!!
「最後のダンス」が色っぽいって感じたのはこのコンサートで初めて感じた気がします。
舞台ではカツラをつけて扮装してドッカーンと歌うので感想は「大迫力のトート閣下でした」とかになるけれど
スーツ姿の閣下は兎に角、素敵でかっこよくて迫力があり歌が素晴らしい!
本当に大満足です。このコンサートで一番楽しみにしています。

やっぱりマイクを持って歌う山口さん、格好良いな~。
そして何よりも生き生きと歌っている姿を見ることが出来て嬉しい。

「闇の中から見つめている最後に勝つのは…」の「闇の中」からの前に
「う~んにゃ」みたいな歌い方をこのコンサートではずっとしている(笑)
水前寺清子さんか?って思ってしまったり(笑)でも情熱が伝わってくる感じでいいと思う(笑)

歌い終わって、満面の笑顔!!!歌い終わった後の笑顔がまたまた素敵~♪
きゃあ~って感じ。
本公演では、「歌ったぜ!どうだ!」みたいな自信満々系の顔をしているけれど、こういうのも新鮮~。

鳴り止まぬ拍手を、ジャンプしながら手で拍手を切る山口さん(笑)
(ジャンプが加わった!!!)

感想コーナー
武岡さんに今までのように「感想を…」ではなくて
「出来れば気付かれたことを…」って控えめに問いかけられて…

山口さん…
酸素吸入器を…それだけを楽しみにしてました…(笑)
って言ったけれど用意されていなく(山口さんの冗談かな?)
その後、武岡さんに助けを求めるように抱きついていました(笑)
毎回、違うトークをする山口さん…武岡さんに助けを求めるようにすがったのかな?って思ってしまった。

山口さんが「毛細血管が切れるようなこんな人生もあるんだな…ほんっとに…」って言うと
「ほんっとに」って言う山口さんが可笑しくて笑いが巻き起こる…。

長年、山口さんの舞台を見ている方の感想。
「あんなに無防備に子供みたいに歌っているのを観たのは久しぶり」と言われたそうです。
今年の山口さんの口癖?「本当に…」って言うのは無意識で話しているのか良く分からないけれど
ファンにとってツボのようで数回繰り返されるその言葉で笑いが巻きおこります。

「あちこちで緊張しまくっていたのに、余計なことを考えず
演じることだけを考えられる、そういう関係をみんなと築けてこれからも続けばいいなと思っています。
皆様のご声援よろしくお願いします!」
という感じでした。

もちろん、山口さんが舞台に上がり続ける限りずっと応援する気持ちでいっぱいです。

今日はきちんとまとまってて分かりやすいトークでした(良かった~ホッ=3)

私のレポもすっかりきゃぁ~~~~♪って感じでどっぷりミーハー路線になってしまったかな?どうだろう?いつもと同じ?
とにかく山口さんカッコ良過ぎる!!歌以外でハマるの久しぶり!!!?みたいな(苦笑)

そして早くもこのコンサートも後、4公演となりました。
ここ数年は楽間近になるとチケットを追加して怒涛のごとく連荘で観劇していたけれど…
今回ばかりは追加出来そうにありません(泣)

ミュージカル FC2ブログランキング

■ACTI
カリオストロ:山口祐一郎
マルグリット:笹本玲奈/サブリナ・ヴェッカリン
マリー・アントワネット:涼風真世
ルイ16世:石川禅
アニエス:シルビア・グラブ
フェルセン:今拓哉/パトリック・シュタンケ
ボーマルシェ:山路和弘

■ACTII 司会:武岡淳一
石川禅/一路真輝/今拓哉/シルビア・グラブ/涼風真世/山口祐一郎
サブリナ・ヴェッカリン/パトリック・シュタンケ




テーマ : ミュージカル - ジャンル : アイドル・芸能

03:15  |  ミュージカル・コンサート  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

2010.06.21 (Mon)

クリエ ミュージカル・コンサート +2010/6/20+

今日もとっても楽しいコンサートでした。

今日は山口さんのみのレポにします。

「幻の黄金を求めて」「イリュージョン」
山口さんも(初日よりも)あの頃のカリオストロ復活!って感じでなりきってた。
この2曲はもう何も言うことはありません。本当に凄く良かった!!

そして2幕目

髪型が凄い気になる…またカツラかな~?って思ってドキドキ。
そしたらカツラじゃなかった~~~~~。良かった。
と思ったけれど、キメキメ具合が初日の時よりゆるい。
横分けっぽい感じで…前にネットで載っていたエリザ製作発表のぴあの記事の写真より前髪が短い。
@こんな感じで前髪が短い

初日の素敵な髪型はまさに「まぼろ~~~しかっ!」って感じ…

そして今日の山口さんはどんなモードなんだろう?とハラハラしていました。
(FCのイベントだったらどんなにはっちゃけてても、皆が山口さんのファンだから嬉しく楽しい思いでいっぱいになるけれど…ファンじゃない人にも楽しんでもらえているのか?とかいう不安もあり)

「私と踊る時」
今日は一路さんとのデュエット。
歌よりも山口さんの髪型ばっかり見てたかも…(苦笑)
最後、歌い終わって…暗転する直前に山口さん、目をまん丸にして客席に向かって急に「ぶんっ」と振り向いた!!
「何それ~???」って思って大爆笑!!!劇場は笑いと拍手が混ざっていました…
山口さん、今日もそういう笑い路線で行くのかな?面白いけれど…ちょっと不安。.でもこういうおふざけが出来るのは相手が一路さんだからかな?って思ってしまいました。
あ~共演していた頃を思い出す…
インタビューとかで一路さんや内野さんに山口さんが突っ込まれてて面白かったな。

「神よ何故許される」
変なことはしないで普通に歌ってくれて安心した…ってそんな心配してしまいました。
この歌もコロレド大司教として歌っている感じでした。

髪が若干横分けになっていたのに、歌っている間に前髪がまっすぐに…
眉毛とおでこの真ん中あたり…短く切っちゃったんだ…横とか後ろ髪(襟足)は同じっぽいけど…
前髪が横に一直線でまっすぐな感じで…やっぱり前髪もうちょっと長い方が格好良いのに…
でもまあカツラより良いか…と思ったり(苦笑)

「闇が広がる」
乱れた(真っ直ぐになってしまった)髪形を直して登場。
山口さん、トート閣下として歌っていました。
実は…この時私は毎回、石川さんは見ていない…
たった1回山口さんとすれ違う時の一瞬のみ。
本舞台のように前後に並んで歌ってくれると見れるのに…
石川さんのことだからルドルフになりきった表情で歌っているんだろうな…って…思ってます。
でも歌はちゃんと聴いてます。凄く良くて本当に最高です。
聴き終わった後、大満足!

「最後のダンス」
今日は凄く良かった!!!
山口さん、ちゃんとトート閣下として歌ってて、ただ衣装を着ていないだけって感じ。
昨日、壊れて歌ってた時はどうしちゃったの~?って思ったけれど
今日は打って変わってスーツ姿でのトート閣下。すご~~~~く格好良かった。
初めの方、色っぽいって感じるのは囁くと言うよりは吐息系で歌っているからかも!

歌っててまた髪が乱れてきたけれど、前髪を揺らしながらの激しい歌いっぷりが
本当の本当に凄いカッコ良かった。

何て説明したら良いか分からないけれど
「闇の中から見つめている 最後に勝つのはこの俺さ~~」の「俺さ~~」所で…
本公演で良く見る体を震わせるような動きも(忠実?)にしててすっかりトート閣下!

凄い格好良くて、山口さんこっちの路線の方が良いよ…って思ってしまいました。
マイク使いも私の好きな感じで良かった!それが凄い格好よくて私は心を射抜かれた…

あっ!「お前」って言う歌詞の所でまた客席に向かって指さしていました(1回だけ)
しっかりと頭に焼き付けなくては…って思う山口さんの「最後のダンス」でした。

俄然、8月からのエリザベートが楽しみになりました!
吐息系で歌って!みたいな(笑)
歌い終わった後、昨日は照れてる感じだったけれど今日は自信満々風(笑)
大拍手で鳴り止まぬ拍手を山口さんは手でスパッと切る動き。

感想コーナー
武岡さんまた「猊下!」って山口さんに言うけれど…
ここは最後のダンスを歌った後なのでトート閣下の気分なのでは?
「猊下!」じゃなくて「閣下」って呼ぶ方がピンと来る。

このコーナーなんかミニトークショーって感じで良いかも!!!
山口さん、沢山お話してくれます(笑)
昨日、話していたダンバースが二人いて…っていうのはトート閣下の「闇広」を歌うのにダンヴァースがいるって言うことはマキシムなのか?って言う、そういうギャップを感じての話だったのかな~?て思ったり…

サブリナさんが裸足で歩いている…っていう話から昔の学生時代の剣道のお話に繋がり、先輩がカルピスを飲んでて…とか…あの時大声を出していたのはこの為だったのか…
と話はどこへ行っちゃうの~?って思った所、無事に着地。
私が思ったことを武岡さんもコメントしてて(笑)

明日もあさっても行きたい…
日生劇場ぐらいの大きさの劇場でやってくれれば良かったのに…


ミュージカル FC2ブログランキング

キャスト

■ACTI
カリオストロ:山口祐一郎
マルグリット:笹本玲奈/サブリナ・ヴェッカリン
マリー・アントワネット:涼風真世
ルイ16世:石川禅
アニエス:土居裕子
フェルセン:今拓哉/パトリック・シュタンケ
ボーマルシェ:山路和弘

■ACTII 司会:武岡淳一
石川禅/一路真輝/今拓哉/シルビア・グラブ/涼風真世/山口祐一郎
サブリナ・ヴェッカリン/パトリック・シュタンケ





テーマ : ミュージカル - ジャンル : アイドル・芸能

02:52  |  ミュージカル・コンサート  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

2010.06.20 (Sun)

クリエ ミュージカル・コンサート 夜の部 +2010/6/19+

今日は2公演。
コンサートだし時間も短いから…って思ったけれどそれなりに体力がいるようです。

■ACTI

ジャコバン派がなんとかって歌っている時。
KENTAROさんが怪しいカツラをつけて歌っているのを見て
ジャイルズとはまた全然違う!
私、KENTAROさんの声が好きなんですが、「へぇ~こういう声でも歌うのか…」って驚きました。

「幻の黄金を求めて」
やっぱりこの歌良い!!歌い方変えていないし。良かった~。
「白か黒かで…♪」の所、昨日は手がちょっと動いたけど手を裏表動かさなかったけれど、今日は舞台同様にしていて、なんか嬉しかった。
そこ…記憶に焼きついてしまってる…。

「イリュージョン」
何度聞いても、この歌は最高です!
確かこの歌が聴きたいその為だけに、B席で通っていた気がします。
この歌、山口さんに合ってる!

■ACTII

やっぱりマキシムのカツラだ…
今後、カツラで行くのかな~?

「私が踊る時」
やっぱり涼風さんとのデュエットが良いな~
今頃気づくなんて…

デュエットと言えば「夜のボート」も石川さんと涼風さんの方が聞き入ってしまっていて、睡魔が襲ってこなかった気がする…(薄暗くて手心地良いメロディーだから眠くなりがちの曲です)

「神よ何故許される」
「敗北認めるのかあぁ~~~ぁあ」って伸ばした時、持っているマイクが手が動いて口元から離れるけれどすぐに「なぜ叶わないのか~」って歌が続いているので慌てて戻す感じにしてました(笑)
歌手が良く歌を伸ばす時に口元から遠ざけて歌う感じの歌い方好き。(イメージとしては和田アキ子さんあたり!?)山口さんも他の歌でも所々していて、そう言う山口さんを見れるのが嬉しいんだけれど、すぐ歌が続くしマイクに慣れない為かすぐに戻しちゃうのが、くぅ~って感じ。あとちょいで私のツボなんだけれどな~。

「最後のダンス」
今日の山口さん凄い…って目が点。
初めの方、舞台の時とは違って、手を動かしながら歌ってて…
目が視線が…ヤバ~。色っぽい…
歌い方昔からツボなんだけれど「待ち焦がれる…」の「こがぁれる」の歌い方、色っぽくてゾクッとするんだけれど、コンサートでは毎回その歌い方で嬉しい。

盛り上がりの「最後のダンスは俺のもの~~」以降、声が!歌が走ってる!!!ある意味、舞台のように綺麗に丁寧に歌うのではなく乱れてる!!!
歌だけではなく動きもなんか激しい!!(驚き!!)
なんかとにかく驚いた!!!凄い激しいよ~。新しい「最後のダンス」って感じ。
本舞台でもこういう路線でいいのに…って思ってしまった。
それとも今期これで行くのかな?
そしたら、またチケット追加してしまいそう…
とにかく!見たことのない「最後のダンス」でした。

その後の武岡さん…の山口さんへ質問しようとするけど…

山口さん声を裏返させながら「動悸と息切れが…」って…(笑)
なんとなく山口さん、こういうコンサートをするの慣れていないから照れてるというか恥ずかしいのかな?って思ってしまった。素だとどうしたら良いか分からないみたいな…

その後、とにかく凄い早口でなんか色々話してて…
またダンヴァース夫人が二人いるっていう話。
また山口さん壊れてる…(笑)

山口さんの(サービス?)そういう面白い所を見たことない人(ファンでない人)は驚いたんじゃないかな~?

山口さん一度下がって。
モーツァルトの歌でフィナーレでまた山口さん再登場するんだけれど
さっきのは何だったの~?って思うくらい澄ました顔で、なんか笑ってしまった。

なんかとっても楽しい~!!!

ミュージカル FC2ブログランキング

キャスト

■ACTI
カリオストロ:山口祐一郎
マルグリット:笹本玲奈/サブリナ・ヴェッカリン
マリー・アントワネット:涼風真世
ルイ16世:石川禅
アニエス:土居裕子
フェルセン:今拓哉/パトリック・シュタンケ
ボーマルシェ:山路和弘

■ACTII 司会:武岡淳一
石川禅/今拓哉/シルビア・グラブ/涼風真世/山口祐一郎
サブリナ・ヴェッカリン/パトリック・シュタンケ

テーマ : ミュージカル - ジャンル : アイドル・芸能

03:03  |  ミュージカル・コンサート  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2010.06.19 (Sat)

クリエ ミュージカル・コンサート 昼の部 +2010/6/19+

本当に楽しい~~~~!!!再演は再演で山口さん色々と変えてくるけれど…
やっぱり違う物、新鮮さも欲しいよね~って思いました。

■ACTI
ステージの流れは昨日で掴んだので、今日は安心して観れました。

山路さんの説明でドイツではマリーアントワネットがギロチンで処刑された後は
そのまま横たわっていないで血の付いた洋服があり、フェルセンが「100万ドルのキャンドル」を歌って終わりという具合に変更になったそうです。

最後、歌で終わる終わり方ならだいぶ救われたような気がします。
なんかどうしても後味の悪さが尾を引いてて、今、歌を聞いてても極力思い出さずに「歌を聴く!」に徹しています(苦笑)

マリーアントワネットとフェルセンのデュエットも良いけれど…
山口さんの歌以外で好きなのは陛下の鍛冶屋になりたかったっていう歌。
石川さんのこういう声好きなんだよな~
凄い切なくて悲しい歌で胸が締め付けられる…

山口さん、カリオストロの姿をすると妙にでかい!!
改めて山口さん背が大きいな~って思ってしまいました。
今日はちょっとメイクをしててアイシャドウも入っていました。

「幻の黄金を求めて」って感じの曲名だったかな?違うかな~?(苦笑)
「黄金…」調べなさいって感じですが…

マントみたいな物をつけて皮の衣装で暑そう…
って思いながら観てしまいました。

「イリュージョン」
すごいパワーがあってやっぱりこの歌良い~思わず引き込まれてしまいました。
「まぼろ~~~しかっ!」の「かっ!」っていう所で目を見開いてて凄かった~。

■ACTII

今日もばっちり決めてくれるかな~って思ったら…
髪の毛が…今日はマキシムのカツラ被ってる…ちょっとがっくりだ~。
今日は2公演あるから、そういう事にしたのかな?
きちんとセットしてあってサラサラツヤツヤの髪形良かったのに…
まあマキシムの髪型も格好良いから良いんだけれど…

昨日はマイクを持って歌う山口さんに衝撃を受けたけれど
2回目ともなると慣れました(笑)

「私が踊る時」
エリザベートは一路さんが好きだけれど、歌は涼風さんとの方が綺麗。
今回、涼風さんのとの歌を改めて聴いてみてそう思いました。

「モーツァルト!モーツァルト!」
この歌、山口さんが歌うところ、徐々にキーが上がっていって凄いな~って思ってしまう。

「闇が広がる」
石川さんとの闇広ハマッた!!!どうしましょ…。
石川さん凄い良い!!!!!!一番良い!
年とか関係なく、石川さんがルドルフで演ったら面白いかも!!

山口さんが「長い沈黙の…」って歌い終わった後
「友達を忘れはしない…」って石川さんが歌っている時、、、
本公演では閣下は梯子を降りてる所だ…とか歌を聴きながらも
脳内でエリザベートが展開されてしまう…(苦笑)

「最後のダンス」
やっぱりガツン!と歌ってくれる最後のダンスは好きだな~。
初めの方、ずいぶんと色っぽく歌ってる…(驚)
今日はノリノリというか…何と言うか…山口さん狂ってきた…(笑)
狂ったように歌ってる…舞台の時と全然違う…でも面白いかも(笑)
昨日は「お前…」のところで2箇所?客席に向かって指をさしていたけれど止めてしまったようです。

その後、武岡さん、コワゴワと山口さんに近寄り…感想を尋ねる。

さっき僕は幻覚を見た気がする…ダンヴァースが二人いる…
とかなんとか…山口さん節炸裂!!(笑)
M!のコロレドのおトイレシーンをあのスーツ姿で再現!(爆笑)
なんか他にも色々やっていたけれど、FCイベントの時の山口さんよりもはっちゃけてた(笑)
劇場は爆笑の渦でした…

本当に集大成って感じで、こんなに盛り沢山のコンサートって凄い!
一番後ろの席、ほんの片隅、ロビーで歌を聞くだけでも良いから、毎日行きたい…

ミュージカル FC2ブログランキング

キャスト

■ACTI
カリオストロ:山口祐一郎
マルグリット:笹本玲奈/サブリナ・ヴェッカリン
マリー・アントワネット:涼風真世
ルイ16世:石川禅
アニエス:土居裕子
フェルセン:今拓哉/パトリック・シュタンケ
ボーマルシェ:山路和弘

■ACTII 司会:武岡淳一
石川禅/今拓哉/シルビア・グラブ/涼風真世/山口祐一郎
サブリナ・ヴェッカリン/パトリック・シュタンケ




テーマ : ミュージカル - ジャンル : アイドル・芸能

23:58  |  ミュージカル・コンサート  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.06.19 (Sat)

クリエ ミュージカル・コンサート 初日 +2010/6/18+

一言!凄い楽しかった~。毎日行きたい!
始まりは少し時間が過ぎてから開始。

コンサートって…一体どういう展開になるのかドキドキで客席もシーンと静まり返って緊迫した雰囲気。試験や面接を受ける時のように緊張したー。早く始まってくれないと耐えられないって感じでした。

■ACTI

そしてまずはMA。
山口さんがカリオストロの姿で階段に座っている。そのポーズは「レベッカ」の「こんな夜こそ」を歌う前の肘を立てて下を向いてるポーズと同じ?(笑)

ボーマルシェと歌う短い歌を歌って山口さんはすぐにはける。

山路さんがドイツ公演では日本とは演出ががらりと変わり山路さんの役がカットされてたってちょっとぼやき?が入りました(笑)
衣装はちゃんと保管してあるみたいで、出演者みんな当時の衣装でした。

その後、マルグリット。シスター。フェルセンとアントワネットのデュエット、陛下の鍛冶屋の歌などなど
順番は覚えられなかったけれど、その間にカリオストロの歌。

そうそう!久しぶりにフェルセンとして出てきた今さんを見れた!
今さんの声も好きだな~。

カリオストロの1幕目の歌。何ていうんだっけ…?
調べている時間がないので…
1幕に歌っていた歌。
あ~こんな歌だったよな~なんて懐かしかった。
カリオストロの姿なんだけどなんか違うな~ってじ~~~~っと見てたら…
山口さん、濃い舞台メイクをしてない!素っぽい。しかも付け髭がなかった!!
カツラは同じみたいだけれど、そのせいで印象が違う。でも面白い。

イリュージョン
記憶の彼方に行っていた。この歌聞きたかったよ~。
後半から身体を揺らしてノリノリ~。最後の方、山口さんの目ウルウルしてた。
こう言う風にノリノリで歌ってるの何年ぶりに見ただろう?
歌も大満足でした。

それにしてもMAは不幸で悲しくて辛い歌ばかりだ…って改めて感じた。

サブリナさんとパトリックさん、歌うまい!MAは歌詞が分からない方が良い感じ。
曲は良いから直接的に言葉が頭に入ってこない日本語じゃないほうが良い!
しかもこの2人、かっこいい!!
メロディーは同じなのに別世界みたいに感じました。

MAは曲名もよく分からないし(当時、覚えようとしなかったので…)
曲順とか分からないのですが1幕目はだいたいこんな内容。

20分休憩。

■ACTII

エリザベートの曲

一路さんの登場!2000年のエリザの歌を歌ってくれました。
キャストの事とかすっかり忘れてて一路さんが出てきて驚いた!

私が踊る時
一路さんと山口さんヴァージョン復活!!!
懐かしい~

山口さんはスーツ姿!!紫のシャツを着てて格好良い!!
髪型もちゃんとしてて、綺麗な茶髪。とってもとっても良かったです!!
扮装していない姿で歌っているのって見た事がないからすごい不思議~。

ミルク
今さんがルキーニ役!!!
村井さんの紹介にもありましたが、コテコテで思いっきり笑ってしまいました!!!
第一声の「在庫な~し」っていうの、すごい怪しい奴って感じに歌ってて…
その後もロック的に歌っているんだけれど、なんか笑えてしまった。
一癖もふた癖もあるルキーニ。
ルキーニもWキャストにして今さんが出演だったら面白いかも。
というより暗殺者なのに笑ってしまうかも…
思い出しても、笑いがこみ上げてくる(爆笑)

夜のボート
一路さんと石川さんヴァージョン。
なつかし~。あのシーンが脳裏に浮かんできました。

私だけに
やっぱり懐かしい~。
一路さんのシシィの姿を思い出しました。
私はやっぱり一路さんのエリザベートが見たいな…

次はモーツァルト!の曲だったかな?

モーツァルトの曲で「星から降る金」とか「僕こそ音楽」などなど…
パトリックさんの歌う「僕こそ音楽」良い声で上手い!!!
声的には中川君を思い出す感じかな?

山口さんのソロは「神よ、何故許される」
スーツ姿なのが不思議~。しかもマイクを持って歌っているのも不思議で新鮮!
でもコロレド大司教様の姿も脳裏に浮かんで来て、、、、

レベッカの曲
シルビアさんと涼風さんの2人のダンヴァース夫人が出てきて
シルビアさんは「レベッカ」涼風さんは「カトレアの歌」を歌っていました。
さすがにレベッカは数日前にも見たばっかりだったので、懐かしくは感じなかったけれど
二人が並んで睨み合っている所は笑えました。

そして…あれ?「闇広」は?って思っていたら
再びエリザベートの歌に戻り…

「闇は広がる」
山口さんと石川さんヴァージョン。
石川さん声が力強かった!!ルドルフ出来るんじゃない?
石川さん声が綺麗だから凄い良い!!!

マイクを持って歌う山口さん…やっぱり不思議~。
たぶんマイクを持って歌うのって山口さん自身もなれていなさそうだし
見ている方も振り付けを思い出してしまったり…
山口さんも石川さんに合わせつつ、エリザ本公演よりもガンガン歌ってる感じで禅さんとのデュエットを楽しんでいる風にも見えました。キャ~って感じ。
石川さんとはレミゼで「対決」はしているけれど本格的に協調して歌った事って始めて見る気がします。

でも本当にとっても凄く良くてもっともっと聞いていたい!!

「最後のダンス」
山口さんの一人舞台。
大堪能!!!山口さんも超ノリノリで弾けてました。
本当に良かったよ~(嬉泣)久しぶりに心臓を射抜かれた感じ。
祐さん最高!!!!!

スーツ姿で歌う「最後のダンス」なんて
またこういう企画がない限り見れないだろうな~って思って貴重だ…
最後のダンスを聞いているとやっぱり扮装しているトート閣下が頭に浮かぶんだけれど…
それとシンクロさせながら見てたって感じ、メイクしてる時、こういう顔をして歌っている時の素顔が見れた…って思ってやっぱり貴重だ…途中、ノリノリになって来て客席に指をさして歌ってたな~今まで見た事がない山口さんが観れて面白い!(笑)

歌い終わった後、手を振り上げて決め!!
でもその振り上げた手を徐々に下へ下ろしていき、、この手をどうしようか?みたいにお茶目に笑っていました。

司会の武岡さんに感想は?って質問されて
山口さん「ほんとうに楽しかったで~~~す!!!」ってマイクを通さずに叫んで捌けて行きました(笑)

その後、全員でモーツァルトのフィナーレを合唱。

何を書いているか分からない部分が多くてごめんなさい。
ノリで書いてしまいました。
なんか凄い楽しくて、今日寝れなさそうです。

全体的に緊張した雰囲気だったけれど、来週になったらこのコンサート…
もっともっと盛り上がりそうです。
毎日行きたいよ~

ミュージカル FC2ブログランキング

キャスト

■ACTI
カリオストロ:山口祐一郎
マルグリット:笹本玲奈/サブリナ・ヴェッカリン
マリー・アントワネット:涼風真世
ルイ16世:石川禅
アニエス:土居裕子
フェルセン:今拓哉/パトリック・シュタンケ
ボーマルシェ:山路和弘

■ACTII 司会:村井国夫/武岡淳一
石川禅/一路真輝/今拓哉/シルビア・グラブ/涼風真世/山口祐一郎
サブリナ・ヴェッカリン/パトリック・シュタンケ


テーマ : ミュージカル - ジャンル : アイドル・芸能

01:37  |  ミュージカル・コンサート  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2010.06.18 (Fri)

レベッカ (大阪・大千秋楽) 観劇日記+2010/6/13+

『レベッカ』千秋楽。
大阪は梅雨入り…あいにくの雨でした。

レベッカ大阪遠征はFCで取れなかったら止めようと思っていたのだけれど取れて、しかも肉眼でもかろうじて見れるまずまずの席。単純に運だと思うけれど去年のV以来S席1階2階最後尾や端がこなくなって嬉しい。

公演時間を見たら帝劇よりも1幕は5分短い…
始まる前の波の音が短くなり、「永遠の瞬間」の歌を短縮した分かな~?って思いました。

大阪2日目…
エリザのトート閣下ほどではないけれど
やっぱりエコーがすごいかかってる…

幸せの風景
最後の総仕上げ的に丁寧に歌っていた気がします。
おどけたように後ずさりした後、歌い始め、「わたし」のことを思ってこれから歌うぞ!って気持ちに持っていっている気がする…

今回は下手寄りの席。今まで下手席って数えるほどしかないから見えていないところが見えて新鮮。
絵を受け取って驚いたような顔。そして愛しく思うような優しい顔がよく見える。
そしてキスする前のじっと「わたし」を見つめる表情にドキッ!!としてしまった。
いや~私が見たかったのはこういうのだよ…って思ってしまって(苦笑)大満足。

レベッカは下手席の方がいいかも~~~♪
マキシムの顔が良く見える。

「永遠の瞬間」に舞台セットが変わる時。
帝劇では上手からビューンと勢いよく出てきてサクッと壁とセンターのドアの部分がはまる感じでしたが
梅田では下手側からわりとゆっくり収まる感じ。舞台の大きい帝劇は間に合わせる為にスピード出していたのかな?とか思ってしまいました。

「マンダレーに帰ろう!」の後のヴァンホッパー夫人。
相変わらずマキシムに突進!!!そしてマキシムの両手を取り上下にブンブンと!!
マキシムはずっとタジタジの様子で面白かった!

ブーケを渡す時。
これも帝劇とは変わらず。「わたし」が振り向いてマキシムは微笑。
そしてにっこりと花束を渡して、その後は腕を組んで素敵な笑顔♪

マンダレイのお屋敷
マキシムがミセスダンヴァースって紹介した時、「わたし」とダンの方をみて目を細めて見守る。

チェスのシーン。
「ちょちょっと待ってくれ…」って言う時、焦っている顔でした。
今まで横からしか見えなかったから分からなかった。
「本当に君は幸せかな?」の声の弾み具合は普通。

ダンヴァース夫人がしつこい所
今日は怒り具合は通常のマキシムで涼風さんの時のように
ぶち切れという感じではなくどっしりと構えた怒り方でした。

こんな夜こそ
本当に聴き納め。
エコーがかかっているので違う風に聴こえるけど、この歌好きだったな~。
やっぱり帝劇とライトの明るさ当て方が違う…
照明にまでこだわってしまう私って…(苦笑)

今期のベン…tekkanさん良かったな~。
もし再演があったらまたtekkanさんだと嬉しいな。
って思って観ていました。

神よなぜ
コートの胸元…今日は濡れていない…
これは一体どういうことか?
歌よりもそっちが気になってしまいます(笑)

仮装舞踏会
1階席だと人にかぶってマキシムが見えなくなるんだよな…
って危惧していましたが
なんと!うまい具合にポッカリと空いててマキシムをガン見出来ました。
ノリノリで踊るマキシムもしっかりと見えて嬉しかった。
「わたし」の着替えが終わって再びヴァンホッパー夫人と出てくる時、いつも何か会話していますが帝劇の時とは違うことを話している感じでした。
最後、「わたし」を見て怒鳴る前。帝劇と同じで歯を見せてニッコリと笑っていました。

2幕目

マキシムの影
改めてこういう演出もあるのか…いろいろな見せ方あるよな。って思いました。
マキシムの影が拡大して見える。

レベッカ
凄い良かった!!!大拍手!!
2幕目はじめのレベッカが一番好き!
追い詰めるときのシルビアさんの目が怖い!

信号弾です…の後、シルビアさんを乗せたまま窓枠のセットは奥に消えていくけれど
帝劇ではそのまます~~~っと下手へ消えていった所、大阪ではクルッと素早く一回転させてまた階段の方を客席側に見せて舞台袖に消えた!
(昨日は阿部さんに目が行ってしまっていたので気付かなかった!)
なんか凄いものを見た気がして、もう一度見てみたかった。
帝劇よりも狭いから反転させる場所が舞台上でしかないっていうことなのかな?って思った。
ある意味、何でも出来る帝劇の広さが素晴しい物だと思ってしまいました。

凍りつく微笑
あっという間に終わってしまった気がする…
久しぶりに初演のときのような感覚で只ただマキシムを追いかけてみるって感じ。
昨日のは私の見間違い、聞き違いかな?今日は最後の方、語り口調じゃなかった。いつもの聞きなれた歌い方でした。
最後の「勝ちとぉ~~~」の「と~~~」の所、激しくて吸い込まれるんじゃないか
と思ってしまいました。
この歌い終わり方、今期ツボだったよな~。

ちひろちゃんの「事故だったのよ でしょ~!?」の「でしょ~~」が心の底から搾
り出すような願いにも似た絶叫の声。凄い良かった。
その後もマキシムと「わたし」のガシっガシっと抱き合う姿。
激しい!初演の時はこんなに激しくなかった。
だから余計に絆が深まったように見えるのかもしれない。

書斎のシーン
マキシムが「マンダレイを出る理由などないっ!」って大佐に向かって言う時。
やっぱり大佐との距離が遠くなってる…気がする。
そして前髪が揺れなかった…ツボだったのにな(苦笑)

電話を受けるシーン
帝劇と同じ感じだけれど、受話器を置いた後の放心した感じがUPした感じかな?

駅でのキスシーン
後姿しか見えなかったけれど、熱い感じでした。

夜を越えて
「そうかもしれぬ…」の歌いだし、「そう」が聞こえなくて「…かもしれぬ」って聞
こえることが多かったけれど、今日ははっきり聞こえました。
「愛とは何か見つけた~」の「見つけた~」って歌う時。
右目だけを細めて歌う所も健在。私だけのツボかな?(苦笑)

屋敷が炎上?する時。
帝劇よりも初め燃え方が激しい気がする。

そしてマキシム達がやってくるけれど、この時のマキシムの表情が…
驚いている感じではなくて、感慨深げな感じ?なんと言っていいか…
その後続く「炎のマンダレイ」の歌の気持ちを表した表情でした。
ここが良くなってた。

炎のマンダレイ
この歌は山口さんいつも同じ!!今日も激しかった~。
「恐怖さえも~~~~」の「も~~ぉお~~」が好き!
山口さんの歌う姿を見てて、山口さんの歌を聴ける、観てる、見れる!
って言うことが本当に嬉しくて、ちょっとウルッと来てしまいました。

エピローグ
上手奥から出てくる、どうしちゃったの?って思うようなヨボヨボマキシム。
山口さん、本当に上手い!!!帝劇の時よりも数倍、老人度が上がってる!!
距離が長くなって、超下手でなくても表情が見えるようになって嬉しい。
「わたし」を真剣にまじめな顔で見つめる目。
そして歌い始める時に笑顔になる。
この笑顔は、舞踏会の時の超満面の笑みではなく、かみ締めるような愛しく思っているような優しい微笑。

「またいつか…見つけ出す…」って溜めて歌うから、バルジャンが死ぬ前の時を思い出してしまう…。
正面を向いて歌っている時も幸せな感じの良い表情。
ハッピーエンドのようでハッピーエンドではない話なんだけれど、きっと2人は希望の光を見つめて幸せなんだろうな…って言う終わり方が良いかも。

歌い終わりは、山口さん、シメって感じで首をくいっと動かすいつもと同じ歌い終わりの表情。

カーテンコール

「ほんとにありがとうございます。約4ヶ月間。無事に千秋楽を迎えることが出来ました。
皆さんの温かいお声援、本当にありがとうございます」
「雨の中…1時間、2時間…濡れた洋服は乾きましたでしょうか?本当にありがとうございました」と
本当に本当にを沢山繰り返す。山口さん。

私が書いた言葉は正確ではないですが、感謝の気持ちを言葉では伝えきれない…そんな感じのご挨拶でした。

シルビアさんのご挨拶「家に帰ると暗殺者のルキーニがいます」には笑ってしまいました。

ちひろさんを山口さんが紹介する時。
「いつも舞台に体当たりで…他にも体当たりする人がいますが…(ヴァンホッパー夫人の事)」(大笑)
それを聞いた寿さん、「まあ!も~っ!失礼しちゃうわ」的に(笑)山口さんを手で叩くふりだったか、体でドツク感じの事をしてて笑えました。

最後は大声で「本日も誠にありがとうございました!」で締め。

その後、何度も出てきてくれて、オケの皆さんも舞台に上り、山口さんは皆が並ぶように「こちらこちら…」と整備?していました。
そして鳴り止まぬ大拍手の中無事に幕を降ろしました。

そして私はマキシムの瓶も大瓶が2つ(クリエ・帝劇)
小瓶(梅田)が1つの計3個になりました(苦笑)しっかりと詰め込んだぞ!(笑)

キャスト

マキシム…山口祐一郎
「わたし」…大塚ちひろ
ダンヴァース夫人…シルビア・グラブ
フランク…石川禅
ファヴェル…吉野圭吾
ベン…tekkan
ジュリアン大佐…阿部裕
ジャイルズ…KENTARO
ベアトリス…伊東弘美
ヴァンホッパー夫人…寿ひずる

テーマ : ミュージカル - ジャンル : アイドル・芸能

03:23  |  観劇日記(レベッカ)  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2010.06.17 (Thu)

レベッカ(大阪・前楽) 観劇日記+2010/6/12+

迷った挙句、いきなり前楽も観劇することに…
ホテルの予約やら新幹線の手配などなどしなくてはならず忙しかった~。
ネットでホテルを探すのに一苦労(苦笑)

12日はエリザベート9月分一般発売で朝から超忙しかった!
9月分は1枚も取れていなかったので必死!
9時半からテレザにTELして繋がらず。
10時過ぎにPGでなんとかGETできたので10時半には家を出る…
東京駅に着いて、取れていない日が気になってテレザにTELしたけど繋がらず諦めた。

そんなことは良いとして
エリザベート以来の大阪(約1年ちょいぶり)。
まだ記憶には新しいけれど、駅とか忘れてて…
記憶をたどりながら劇場へ…

席に着いて…
またしても天井にあるシャンデリアに驚いた(苦笑)
そうでした!梅田は豪華なシャンデリアがありました!
すっかり忘れてた。

そして始まって…
梅田の音響…帝劇ともまた違う。
オケ、歌声、セリフの声の響き方が…エコーかけすぎ?
しかも音量が小さい?

帝劇は音は良くないと思うものの…
セリフや歌がくっきりはっきり聞こえていたしオケの音も厚みがあったように聞こえたのに(モノラル的だから?苦笑)梅田はちょっとスカスカな感じ。
音に慣れるのに時間がかかりました。

席は3階。帝劇よりも舞台は近いのですが上に高く角度があり見下ろす感じだったので、私のツボだったところ(山口さんの表情)がいまいち見難かった。

幸せの風景
やっぱりエコーがかかってる…
最後の方、「幸せの風景~♪」って歌うところがちょっと伸ばし気味に変えて歌っているように聞こえました。微妙に違うんだけど文字に出来ない…
その後、拍手が巻き起こり…
でもすぐにセリフがあるので、短い拍手。って感じ。

絵を受け取った後の反応。
絵を見て「わたし」を愛しく感じたのか、感動したのか?っていう表情。
帝劇の時よりも大きく反応しててハッキリしていた気がした。

永遠の瞬間
なんか歌が途中カットされて短くなってた?
「ためらいがちにくちづけした…」あたりがなかった気がする。
マキシムの想いを歌う所が短くなってしまい
ちょっと物足りなくなった気がします。
だからマキシムが出てくるのが早くなって驚いた。

ヴァンホッパー夫人が「私に会いに来てくれたの~~!?」ってマキシムに飛びつく所。変わった!!前にもましてヴァンホッパー夫人、熱烈(笑)
ヴァンホッパーの勘違い「私たち~~~?!!!!」って言うところ寿さんカッ飛んでて、ひたすらマキシムはタジタジ…(笑)
あまりの突進振りに、マキシムは固まったようにセリフも棒読み状態であたふた振りが笑えました。

ブーケを渡すシーン
やっぱり良いわ~腕を組んで歩いて行く時のマキシムの笑顔が特に!

チェスのシーン
おでこにチューの音は程よい音でした。
その後の「本当に君は幸せ…」のところは笑顔だったけれど
帝劇の方が声が弾んでて楽しそうなマキシムでした。

ダンヴァース夫人への切れ方。
涼風さんの時の方が怒り具合が怖いけれど、大阪ではさらに増している。
「さがってよろしい」って言うところ、早口にしてていかにもイラついている感じがした。

新聞をたたんで去るとき。
バサッバサッてさせてて怒りまくっている感じ…(暗闇の中から聞こえてくる・笑)

こんな夜こそ
帝劇と声が違って聞こえる…やっぱり音響の違いに戸惑ってしまう。
聞き方を変えれば、良い音なのかもしれない。
そして照明の強さも微妙に違ってて、ツボだった好きな表情もお目目キラキラが見えなかった。

舞台って劇場の座席、雰囲気、音、照明、環境も出演者も全部ひっくるめて作られているって改めて感じた。私はレベッカは帝劇の方が良い感じに思った。

神よなぜ
今日も胸元に注目!!(笑)
なんと色濃く激しく濡れていました。
左胸に大きく水濡れ跡。そして右の方へも点々と…
海の波で濡れた!?(笑)

仮装舞踏会
舞踏会が始まってすぐピンク系の照明の時に△三角の照明がくるくる回ってた…それがとっても綺麗だった。
帝劇でもあったかな~?これは私の見落としかもしれないけれど…

いや~やっぱりニッコニコのマキシム素敵~
終始笑顔で私はこの笑顔を見るためにハルバルやってきたのか?って思ってしまうほど…
そして大阪はノリが良い!前楽だから?
曲にあわせて手拍子の音が!
私は例の如くマキシムしか見ていなかったので、舞台で踊っている人が手拍子しているのか?って勘違いしてしまいました。
1階席の人が手拍子してたんですね~

2幕
レベッカの寝室でマキシムがタバコを吸っている所。
影の映し出し方が帝劇とは変わった。
帝劇では寝室が明るくてカーテンがかかっててマキシムの後姿が良く見えていたのに、大阪ではマキシムの斜め前方から青っぽいライトを当てて、実物はよく見えず。カーテンにマキシムの大きな影が映っていた。
山口さんでないこと(私の憶測だけど)を隠すため?かな~?なんて…思ったり。

流れ着いたもの
思わず阿部さんがツボに入ってきた(初)
えっさほっさって動いている所がなんか可愛い。
今頃かい?って感じ(笑)

凍りつく微笑
またマキシム変わってた…

初めの方は穏やかに…帝劇と変わらなかったんだけれど
「同時に重ねてた逢引!」
「奴とここだろうと!!」が激しい!絶叫系になっていた。

「ヨットの床に穴を開け何もかも沈めたんだ…」
のあたり以降、帝劇のように歌ってない!
語り口調の歌い方になってて表情もいつもと違った顔。説明に困るけど、苦渋に満ちたというべきか?私はそのマキシムに驚いた!!それと同時にあまりにも帝劇とは違うのでマキシム…山口さんどうしちゃったの~?って思ってしまった。

レベッカの死の真相をフランクに告げる時。
帝劇と特に大きな変化はなかったけれど、今まで見た中で目に涙を浮かべる具合が1番の気がした。

エピローグ
帝劇は上手真横からマキシムは出て来たけれど、梅田では上手奥から登場。ヨボヨボマキシムが長く見れる!これって80才ぐらいの老人に見える…
山口さんの杖を突いた歩き方、本当に上手い。

「待ち受ける…また…いつか…」ってためて歌ってて、これは帝劇とは変えた歌い方。
よりいっそう老人ぽいけど…私は帝劇のように溜めない歌い方の方が好きだな~。

カーテンコール
山口さんと涼風さんのからご挨拶。

山口さんのご挨拶
一語一句は頭に焼き付けていなかったのだけれど、
いつもと同じように、「本当にほんとうに…」ってお客様に感謝の気持ちをお話していました。

涼風さんがご挨拶した後
山口さんが西野さんに目と手で(曲へ行ってって)合図を送っていた所がツボってしまいました。

キャスト(Wキャストのみ記載)
ダンヴァース夫人…涼風真世


テーマ : ミュージカル - ジャンル : アイドル・芸能

00:25  |  観劇日記(レベッカ)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.06.13 (Sun)

レベッカ 祝大千秋楽!

3月から始まったレベッカも名古屋、東京、大阪とめぐり
無事に大千秋楽を迎えました。

ほんっとに…本当に…お疲れ様でした(山口さんの真似・笑)
カテコの動画はアップされるかな?


そして休むまもなく5日後はミュージカルコンサートが始まります。
とっても楽しみです。

石川さんとの闇広…どうなるんだろう?

テーマ : ミュージカル - ジャンル : アイドル・芸能

23:45  |  情報(レベッカ)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.06.05 (Sat)

ぴあ 2010年6月17日号

6/3発売の「ぴあ 2010年6月17日号」にエリザベートの記事が掲載されています(全4頁)

扮装写真が2頁(チラシの内側の正面写真と同じ…でもアップ写真)
そして製作発表の記事が2頁です。

雑誌のぴあに掲載されていたので驚きました。


テーマ : ミュージカル - ジャンル : アイドル・芸能

18:37  |  雑誌掲載  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.06.04 (Fri)

エリザベート 読売新聞広告 UP 

公式サイトに5/28 読売新聞朝刊に掲載された広告記事がPDFでUPされています。

エリザベート公式はこちら

読売新聞広告はこちら(注:PDFで開きます)

テーマ : ミュージカル - ジャンル : アイドル・芸能

20:31  |  情報(エリザ)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.06.04 (Fri)

ジーザス・クライスト・スーパースター

うわ~。若かりし頃の山口さんです。
この舞台は観た事がないのですが…(汗)
観る事の出来なかった、山口さんの姿が…。声で分かる(*^^*)
それに…これは市村さん?とっても貴重な映像でした。
(タイトルを見て94年のものなのかな?って勘違いしましたが、94年× 80年代○)



Jesus Christ Superstar 1994 Japan

テーマ : ミュージカル - ジャンル : アイドル・芸能

03:23  |  動画(山口祐一郎編)  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

2010.06.01 (Tue)

エリザベート トート閣下 インタビュー動画UP

東宝チャンネルにインタビュー動画がUPされています。
(レベッカ大阪初日の動画はないのかな~?って見ていたら発見!「)

とても真面目にお話されている山口さんですが
最後「山口祐一郎くん」には笑ってしまいました。
山口さん面白いな~。

黄泉の帝王トート役 山口祐一郎インタビューはこちら

音が良く聞こえないのでイヤホンつけて聴いたらよく聞こえました。

テーマ : ミュージカル - ジャンル : アイドル・芸能

20:48  |  情報(エリザ)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.06.01 (Tue)

パイレート・クィーン 動画

今更ですが…

パイレート・クィーンの宣伝の動画を発見しました。
懐かしいな~。山口さんのコメントや元旦だけのカテコも一瞬映っています。
保坂さんとのデュエット「手と手~重ねよう永久に…」って言う歌。タイトルは今思い出せませんが好きだったな~。
山口さんの楽曲だけで考えるとマキシムの歌よりもティアナンの歌の方が好きでした(爆)そして大臣達もなつかし~


Pirate Queen Japan original production 2009-2010

テーマ : ミュージカル - ジャンル : アイドル・芸能

00:08  |  動画(山口祐一郎編)  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。