2010年11月 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2010.11.29 (Mon)

モーツァルト! 観劇日記 +2010/11/28+

10日ぶりに行ってまいりました!
沢山行くのも楽しいけれど、待って待ちわびてから行くのもワクワク感が高まって
その観劇日が特別の日のようにクローズアップされるので
それはそれは…帝劇へ行くのが楽しみになりますね♪

今期初の男爵夫人の香寿たつきさん。
やっぱり香寿さんは気品があって綺麗な歌声良いですね~♪
コロレド大司教と同じように違う世界にいるような神秘的な感じのする雰囲気も変わらなかったので良かった!
私は前期同様に香寿さんの男爵夫人の方が好きだな~。

でも男爵夫人って良い人なのか悪い人なのか?
それを考え始めると凄い不思議な存在。
とにかくヴォルフを誘惑する。
ヴォルフの才能、活躍の場を広げようとしてくれる人。
保守的なモーツァルト一家にとってはそれが大迷惑だと思うのだけれど…

父親レオポルトの市村さん。
市村さんはおちゃらけたような役の方がいいなとずっと思っていたのですが
この役は市村さんだからこそ引き締まるんだなと思いました。
頑固だけれど一番に息子の将来を心配してる…
死ぬ前の最後の登場の時の「私ほどお前を…」の歌で父親の心の叫びが激しくて市村さん凄い迫力!!

山崎ヴォルフ
赤いコートの陰に隠れて第一声の「ナンネ~~ル」の山崎さんの声がやっぱり中川さんに似ていて
今日も私は中川さんの影と戦うのか?って思ってしまいました…

中川ヴォルフは別のポジションに大切に封印しなくてはいけないのは
分かっているけれど…
中川さんの歌が聞きたくて中川さんの出演している舞台を観に行ってしまったぐらい嵌った歌声だったのでなかなか難しい・・・。

本当に…山崎さんは所々、声が似てる… と…
たまに中川さんを思い出しましたが今日はこの間ほど幻影が見えなくて
山崎さんを観れたので良かった~。

何と言っても背も高いしカッコいい。
そして、、、思わぬことにまた山崎ヴォルフに引き込まれた…
中川さんの時はひたすら歌に聞き惚れていた感じでそんな事がなかったから自分で驚き!

山崎さんも歌は上手いのですが、演技?なのかな?とにかく惹きつけられる所が魅力だと思いました。
来年のレミゼのマリウスでは物足りなくなってしまいそうなほど本当に良い。
私の感性が山崎さんと同調しやすいのか?
2回中、2回とも引き込まれてしまい、それが私にしては珍しいのでビックリ。

今日は父親の死を知ったヴォルフガングのシーンで(泣)
ヴォルフが父親と分かり合えなくて、しつこいほどレオポルトが繰り返してた言葉を思い出し後悔しているところで、知らず知らずのうちに頬まで涙が伝ってた…「なんで?」って自分で驚きました。いつもなら感極まった所で泣いちゃいかんと我慢するのにそんな事を思うこともなく自然と…こんなことって?
ハンカチで拭こうかなと思ったけれど、隣の人にバレるので(変に小心者・苦笑)目が痒いふりをして手で拭ってしまった…
(レミゼだったらみんな泣いているからいいのだけれど…とか思ったり)

そして「残酷な人生、歪んだ世の中…」と狂気の世界に入っていくところでは釘付け。凄い世界に迷い込んだような気がして、山崎ヴォルフ!!これは何?って思ってしまいました。

今日は山崎さんの良い所、魅力的な所を掴んだ気がします。
そして嵌りそう…

帝劇地下のコンビニへ行ったら山崎さんのソロCDの曲が流れていました。
壁にはクリアファイルとか貼ってありサインがどうの…って書かれていました。
山崎さんのソロ曲、以前しつこいくらい聞いた事を思い出しました(笑)
この曲です↓
YouTube - 山崎育三郎 - 裸のきみを見せて(short ver.)
そして今期のヴォルフには(未見だけれど)山崎さんに賭けようと。
と言う事でいつ行ったらいいのか決め手に欠けたモーツァルト!のチケットは一般発売の時に山崎さんの公演を多く取ったのでした。この決断は間違ってなかった。良かった~。

今日の山口さん。

凄い久々~♪
登場までがとても楽しみで心待ちにしていました。

『何処だ!モーツァルト!』
モーツァルト!では山口さんの完全なソロ曲はないし、短いし
私にとって大ヒットになるような大司教様の楽曲はないのだけれど
この歌で体が熱くなった!!!
って言う事はやっぱり私にとってこの歌はツボなのかな?
なんて体温の上昇具合で測る私って?(笑)
でも歌を聴いて体が熱くなる人はやっぱり山口さんだけだなと再確認(苦笑)

この時の猊下は…
はじめはヴォルフを「あ~あ~」って呆れた様に見ている大司教様。
子供をあやす様な感じで「まあまあ…」と余裕でヴァルフを相手にしていたのに
あまりにもやりたい放題なヴォルフに怒ってマントを大きく捌きキリリとした顔になる所が好きです。
ヴォルフの挑みかけに対して、とても楽しそうに歌っている山口さんが良かったです。

馬車のシーン
特に今までと違う所はなかったかな?
ゆらゆらと揺られて、道が悪い所で時間差でアルコと飛び跳ねる所も同じ。
アルコ伯爵と話している時に、口ヒゲをなでている大司教様が可愛い♪

お手洗いシーン
初日は手で押さえていたけれど、手はペンギン?みたいな感じで下の方でピョンとしているのが可愛い。
その後、やはり前期のようにカツラは振り乱さず…
なので、そう言えば…馬車に戻った後もアルコに髪を直されるシーンもなくなってしまいましたね。
あれはあれで大爆笑だったけれど、カツラのメンテが大変だから止めたのかな?(笑)

お取り込み中のシーン
お取り込み中の邪魔をされて?激怒している猊下。
凄い気合入ってるな~って見てしまいました。
ヴォルフの投げるカツラは猊下の左側を勢い良くすり抜けていきました。
今後、猊下にカツラが当たるのを見ることが出来るかな~?
前期の記憶だと、当たっても感心なしの無表情な猊下だった気がします。

『影を逃れて』
やっぱり山崎さんの歌に引き込まれる…この歌大好きです。
大司教様たちが登場してくると、山口さんの方を見てしまいますが
山崎さんも気になる・・・アマデが羽根でヴォルフの腕を突き刺し血が出てくるところ脅威です。怖い…。
無表情で歌う山口さんと交互に見てしまいました。
この時、ちらりと吉野さんを見たら凄い怖い顔で歌ってました。

2幕目
『神よ、何故許される』
この時のセリフの声も好きです。
いつも大司教様の方が威張っているけれど(笑)市村さんとは先輩、後輩の仲なんだよな~なんて思い出してしまったりしました。

最後の「まじゅ~~つ~~~」って歌う時の手のポーズ。
やっぱりじ~~っと見てしまいます。
暗転してもその場ですぐに腕を下ろさずに、歩きながら徐々に手を下ろしていく所とか見ちゃいます(笑)

『謎解きゲーム』
あまりお顔は見えないけれど、、、
歌い終わって、あの孔雀の羽根の付いた仮面をゆるりとさせながら歩いていく所。袖に消える寸前だけれど、楽しそうに見えてしまいます。

『モーツァルト!モーツァルト!』
音階が徐々に上がって行くソロ部分。
胸元で両手をグーにしているけれど音階が上がると共にグググっと
握りこぶしに力が入っていくのをじ~~っと見てしまいます。
その後、みんなと一緒に歌っている時は悠々と伸び伸びと歌っている姿も好きです。

『影を逃れて』(フィナーレ)
今期、思わずツボになってしまっているのがこのシーン。
ヴォルフだけではなく大司教様の魂も自由になったような
幸せそうな表情で歌っている所が好きになってしまいました。
前は普通の無表情っぽい顔だった気がします(記憶曖昧です)

カーテンコール
山口さんはゆっくりと歩きながら登場。
気持ち程度、客席の拍手の音が大きくなった気がします。
その後の市村さん、お茶目~。
衣装の両端を持って足をちょこんとまげて会釈。
市村さんもお茶目で可愛いカテコをしてくれる方でした!
ヴァンパイアの時のカテコは市村教授は伯爵と色々遊んでくれて
毎回笑わせてくれたな~なんて思い出してしまいました。

そして最後はヴォルフとアマデのカテコ。
2人の声が聞けるのが嬉しいです。
山崎さんありがと~の気持ちで大拍手しました。
そして今日もアマデはまた亜美ちゃんでした。今後、他のアマデ2人は見れるのか?


キャスト(複数キャストのみ)
ヴォルフガング・モーツァルト…山崎育三郎
ヴァルトシュテッテン男爵夫人…香寿たつき 
アマデ…松田亜美

スポンサーサイト



テーマ : 舞台・ミュージカル - ジャンル : アイドル・芸能

02:46  |  観劇日記(M!)  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2010.11.28 (Sun)

11月発売の雑誌関係

今月は3誌とも山口さんのインタビューは掲載がありませんでしたが、モーツァルト!関係で写真がちょこっと載っています。

……………………………………………………………………………
BEST STAGE (ベストステージ) 2011年 01月号 [雑誌]BEST STAGE (ベストステージ) 2011年 01月号 [雑誌]
(2010/11/27)
表紙:滝沢秀明・中山優馬
商品詳細を見る

モーツァルト!の舞台写真2ページあり

……………………………………………………………………………

LOOK at STAR ! (ルック アット スター) 2011年 01月号 [雑誌]LOOK at STAR ! (ルック アット スター) 2011年 01月号 [雑誌]
(2010/11/27)
表紙:堂本光一

商品詳細を見る

モーツァルト!舞台写真2ページあり

ぱらぱらと見ていたら「山口祐一郎」という名前が飛び込んできてびっくり。
俳優スケジュール等で名前は載らないはずだし…
とページを戻して見てしまいました(笑)
そしたら読者のページの所でテーマ:初恋の舞台俳優は?っていう質問がされていてそこで山口さんの名前を答えている方がいたのでした。まぁ!とまたビックリ!
初恋の舞台俳優か~(笑)
舞台俳優さんで初めてファンになった人は私も山口さんかもしれません(笑)

……………………………………………………………………………

アクチュール No.21 (キネ旬ムック)アクチュール No.21 (キネ旬ムック)
(2010/11/20)
表紙:堺雅人

商品詳細を見る

お~堺雅人さんが表紙だ!っていうので手にとって見ました。堺さんがこんなに短髪にしたところ初めて見ました。
9月に発売された対談形式で進められていく本(ぼく、牧水! 歌人に学ぶ「まろび」の美学 (角川oneテーマ21 )伊藤一彦、堺雅人 他)を読みましたが、その中の写真ではもっと短くて驚き!…別人のようでした。
ドラマ「ジョーカー」の時はいつもと同じだったのにその後切ったのかな?

なんて思いつつまたパラパラとめくっていくと…山崎さん記事の後にモーツァルト!イベントの記事も小さく載っていました。そして山口さんの写真もあった!!(嬉)小さいけどカラーです。
マイク持っているので暴走中の山口さんかも!!!って思ったらその写真を見ただけで思い出してしまい笑いがこみ上げてきて…(笑)
記事も山口さんの大暴走の事が書かれていました。

今月は買わない方向で行こうと思っていましたが…
アクチュール は堺さん(ヒットする写真ではないけれど)も載っているし、何よりも山口さんの小さい写真の方がヒットしてしまい…超小さいものの…ちょっと迷います(笑)



テーマ : 舞台・ミュージカル - ジャンル : アイドル・芸能

23:22  |  雑誌掲載  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.11.28 (Sun)

月刊ミュージカル 2010年11月号

今頃ですが…
月刊ミュージカル11月号のカラーグラビアページに『モーツァルト!』イベント時の集合写真が掲載されています。

出演者全員の集合写真なので写真はとても小さいです。

インタビューは井上さんや山崎さん等ありますが
“「コロレド大司教を演じる」山口祐一郎”がなくて残念です。
来月号で掲載されるのかな?要チェックですね♪

ミュージカル 2010年11月号ミュージカル 2010年11月号
(2010/11/01)
不明

商品詳細を見る



テーマ : 舞台・ミュージカル - ジャンル : アイドル・芸能

01:37  |  月刊ミュージカル  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.11.27 (Sat)

 『三銃士』博多座公演発表!

ようやく来年の博多座のラインナップ(後半)が発表されました。

山口さんの出演される公演は…

『三銃士』2011年9月3日~9月28日までです。

新作&歌が上手い人揃いなのでとっても楽しみです。

2011年博多座ラインナップはこちら

テーマ : 舞台・ミュージカル - ジャンル : アイドル・芸能

00:17  |  三銃士(情報)  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2010.11.19 (Fri)

モーツァルト! 観劇日記 +2010/11/18+

待ちに待った山崎ヴォルフの初観劇日。
エリザベートのように思うままに回数を行くよりも1回1回を大切に見ようと思って期間をあけてみました。
チケットも追加しなかったぞ(=`^´=)9よしっ

待ち遠しくてあと1週間、あと○日、やっと明日だ~♪ってカウントダウンするのも久しぶりでした。
私もやろうと思えば観劇を我慢出来るじゃん!なんて思ってしまいました(苦笑)

劇場へ入ってみると、学生さんが一杯!
半館貸切と言っても良いくらい大勢でした。1階はS席のO列あたりからA席の後ろまで学生さんのようでした。2階でも見かけたので2階席もだったかもしれません。
なのでロビーも客席もいつもと雰囲気が全然違った。
学生さん達の熱気で、大騒ぎな感じ(笑)学生さんはテンション高いな~。
5分前から電気を落としていって薄暗くなるの早めかな?って思いました(いつもと違うのか?今回は数を行っていないから分からない)
幕間では興味深げにオケピを沢山の学生さんが覗き込んでいました。

今日のアマデはまた亜美ちゃんでした。
ヴォルフとアマデの組み合わせもとっても重要です。
今後、未見の2人のアマデを見ることが出来るかな~?

吉野さん。
やっぱり輝いてる!!!出てくるだけで雰囲気が変わって良い味出しています。「ちょっぴりオツム…」の歌の前、やっぱり外国人風に「わたし~が誰だかご存知か~」でした。
が、「ご存知だ~ね~?」って言っていたかな?(笑)

そして山崎さん。
今日は山崎さんを見るのが楽しみでしょうがありませんでした。

歌が上手いのは知っていたけれど、期待を裏切らない歌声で本当に良かった~♪
初日に井上ヴォルフを見たときは(井上さんは以前から観ているので)感じなかったけれど、山崎さんは、、、、どうしても中川さんを思い出してしまう…似ている…

登場してすぐ赤い上着を着て姉のナンネールと並んだ時、背が高い!って思ってしまいました。
そっか、山崎さんだからだ・・・なんて思ったりして(苦笑)

演出が変わっていなくて、中川さんと同じ動き(手を動かすタイミング、手のグ~やパー、首を動かす所など…本当に細かい所なんだけれど…)中川さんの時、殆ど動きまでかなり覚えてしまったから、同じだ…って思うところが沢山あり。
山崎さんは中川さんよりも声は低め(太め)だけれど、歌い方が似ている所があってどうしてもアッキーの影が…
私の脳裏には「僕こそ音楽だっ!」と遣りたい放題で自由奔放で弾けている中川ヴォルフの影が見えてくる…

山崎ヴォルフは父親レオポルトが手をもてあますと言う感じは感じられず、真面目な感じを受けました。
やんちゃっぷりが足りないのかな~?誠実さが感じられてしまう…

メリハリのあるルックスと歌い方を聴いていたらどことなく、泉見さんに似ている気もして急に泉見さんを思い出してしまった。
泉見さんがヴォルフをやったとしたら、熱いヴォルフになりそう(汗だくだし…)
歌声的には中川さんと泉見さんを足して割った感じかな?
山崎さん、あの難しそうな歌を歌いこなしてて、歌が上手いな~ってつくづく思ってしまいました。

山崎ヴォルフ初めて見たのに…こんな事ってあるの?って自分でビックリしてしまったのですが
1幕最後の「影を逃れて」では何故か胸が熱くなってきてしまいました。
ウルウル(泣)までは来なかったけれど、胸がジーンとして熱かった…

切々と歌う山崎さん…見てたら切なくて胸が苦しくなって…「えっ?こんなはずでは、初見から?」って自分でビックリ!
こう言う訴えかける歌が山崎さんに合ってるのかな?って思ったり…

幕間中に色々と考えてしまいました・・・
舞台上のヴォルフは自分の影と戦っているけれど
私には山崎さんの背後に中川さんの影が見える・・・
だから山崎さんが中川ヴォルフの影と戦っているように見えてしまって
それが心に沁みたのかもしれません。
私自身、中川ヴォルフの影を消そうとしている所が「影を逃れて」の歌とシンクロしてしまったせいかも?

今日は観るのが精一杯でしたが、今後も断然、楽しみです。
ちなみに次の観劇も山崎さんです。
山崎さんのヴォルフを目に焼き付けなくては…

今日の山口さん。

『何処だ!モーツァルト!』
待ちわびた~~!!!って感じ。
ジャガジャガ…って登場の音楽が流れると「やっとだ…」って嬉しかった。
このジャガジャガ音、何故かワクワクするんですよね~♪この重低音…ヘヴィメタ?…(苦笑)ロック調だから?
この2週間弱、ずっと「サボるな何処をみているんだ♪」って、この歌が頭の中を流れていたから、やっと生で聴ける…ってそれが感動。

初日の時はソフトに感じた大司教様でしたが、やっぱり迫力満点でした♪
伸びやかに「何処だモ~ツァ~~~ルト~~~♪」って所、好きです。

キラキラのロングマント捌き。今日も綺麗でした。

馬車のシーン
赤いマントを着て登場しただけで、今後の乱れ具合が思い出されて何だか笑えて来ます(笑)

馬車に乗って道が悪くて上下に揺れる所(笑)
ちゃんとアルコ伯爵と息が合ってて、「ウワッ」って感じで椅子の上で(時差で)飛び上がる所笑えます。上手いな~。

お手洗いシーン
初日よりも悶えていました(笑)
その後、衝立の陰に入った後、今期はやっぱりカツラを乱さないようですね。
ぴゃっと手を洗って…いつも一瞬だけで、しかも指先だけでいいのか?って思ってしまいます(笑)

馬車に戻って、馬車が止まった時、アルコ伯爵と手が触れ合って…
猊下は「汚いものを触った」って感じにする所も笑えます。
そんなに邪険にしなくても(笑)ぴゃっと一瞬しか洗っていない、猊下の手の方が汚いんじゃ?(笑)

『僕はウィーンに残る』
紫のガウン姿。結構好きです。
ガウンと言うとマキシムも思い出してしまいます…
レベッカも紫っぽいガウンでしたね。

ヴォルフの投げるカツラは猊下の足の下の方、膝あたりに当たっていました。

『影を逃れて フィナーレ』
今期はこの時の山口さんになぜかHIT!!(笑)
しがらみから開放されたような微笑を浮かべて歌っている所が好き。
今日は一番ここがツボでした。

カーテンコール

山口さん、小走りではなくて普通に歩いて出てきました。良かった=3
でも市村さんが短かかった…


キャスト(複数キャストのみ)
ヴォルフガング・モーツァルト…山崎育三郎
ヴァルトシュテッテン男爵夫人…涼風真世 
アマデ…松田亜美

テーマ : 舞台・ミュージカル - ジャンル : アイドル・芸能

00:30  |  観劇日記(M!)  |  TB(0)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑

2010.11.16 (Tue)

『モーツァルト!』プロモ改訂版

TohoChannelに今年の舞台映像版の『モーツァルト!』プロモーション映像がUPされています。

山崎ヴォルフはまだ未見なので興味津々で見てしまいました。
早く観に行きたいな~

TohoChannel★「モーツァルト!」プロモーション映像改訂版

モーツァルト!公式ページも写真が変わりました。
大司教様は馬車のシーンの写真ですね♪→モーツァルト!公式ページ




テーマ : 舞台・ミュージカル - ジャンル : アイドル・芸能

20:14  |  情報(M!)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.11.12 (Fri)

げきぴあ★『モーツァルト!』初日前日会見こぼれ話

げきぴあにM!初日前会見のこぼれ話がUPされています。

山口さんの大司教様の写真とコメントも掲載されています。

げきぴあ★『モーツァルト!』初日前日会見こぼれ話


テーマ : 舞台・ミュージカル - ジャンル : アイドル・芸能

20:46  |  情報(M!)  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2010.11.11 (Thu)

レ・ミゼラブル製作発表 オーディエンス募集

レミゼ公式ページにて製作発表・オーディエンスの募集をしています。
山口さんも出演される予定です。

日時: 11月29日(月) 12:30~13:30
場所: 帝国劇場
募集人数: 1000名
内容: キャストインタビュー&楽曲披露

「レ・ミゼラブル」製作発表 応募方法や詳細はこちら

テーマ : 舞台・ミュージカル - ジャンル : アイドル・芸能

19:25  |  情報(レミゼ)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.11.09 (Tue)

@ぴあ モーツァルト!記者会見記事

@ぴあに先日の記者会見の記事と写真がUPされています。
珍しく記事タイトルに山口さんの名前が入っています。

ぴあは写真がいつも良いと思うけれど・・・
猊下の写真はまずまずまずって所かな~?
よく見るとやっぱりアイメイク変えたようですね。
カツラも新調したのでさらに雰囲気が変わった気がします。

@ぴあ★コロレド大司教様:山口さん扮装写真(大きめの写真)

@ぴあ★モーツァルト!記者会見記事

@ぴあ★集合写真

テーマ : 舞台・ミュージカル - ジャンル : アイドル・芸能

02:56  |  情報(M!)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.11.09 (Tue)

『モーツァルト!』山崎さん初日カテコ映像UP

8日は山崎さんのヴォルフガング・デビュー日でした。
さっそくカーテンコールがUPされています。

私は残念ながら見に行く事が出来ませんでしたが、最後、山崎さんの涙ながらのコメントにジーンと来てしまいました。

山崎ヴォルフのチケットの方を多くゲットしてあるので本当に期待で一杯です。
早く観に行きたいな~。

それにしても…
山口さん、今回のカテコは小走りなのね。
しかも拍手を送れる時間が短すぎます。市村さんも…

YouTube「モーツァルト!」山崎育三郎初日カーテンコール

テーマ : 舞台・ミュージカル - ジャンル : アイドル・芸能

02:41  |  モーツァルト!  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.11.08 (Mon)

モーツァルト! 観劇日記 +2010/11/6+ 初日

初日公演に行ってまいりました。

3年ぶりともなると、記憶の引き出しから引っ張り出してくる感じで
あ~そうだったそうだったって思う事が多かったです。

舞台セット等は同じで、新曲などの大きな演出の変化はなかったです。
イベントの時のお話ではシカネーダーのダンスが大幅に変わったと言う事でしたが、私は細かくは覚えていなかったのでなんとなく変わった気がする・・・という印象でしかありませんでした。

公演時間は1幕17:15~18:40 2幕は19:05~20:30ぐらい?
休憩除いても約3時間の公演で、(エリザとはほんの数十分の違いですが…)ちょっと長いのかな?
キャストは前期と変更はなく新鮮味を感じなかったから余計に長く感じたのかな?

ヴォルフガング・モーツァルトの井上芳雄さん
井上さんを観るのは、2年前の「ミス・サイゴン」以来の観劇です。
本当に久しぶり…
そして今回のヴォルフは成長したというか大人な印象を受けました。
演技が細かくなって歌声も若干太くなった気がします。
井上さんのヴォルフガングはしっかりと確立されているので心配なく見ていられます。

「並みの男じゃない」が終わった後、コンスとふざける所で
アルコ伯爵が入っていた箱の上で井上さん、開脚をしたので両脇から足が出てて、真ん中の穴から両手を出してて不思議な光景…
井上さん凄い体が柔らかい!でもあの狭い所で立ち上がるの大変そうだな~って思ってしまいました。
このシーンではコンスとジャレる所…中川さんはやんちゃでお茶目って感じでしたが、井上さんは元気ないたずら小僧っぽい?(笑)

ナンネールの高橋由美子さん
変わらずに可愛い♪そして歌声も以前と変わらず心地よく優しい歌声で癒されます。

コンスタンツェの島袋寛子さん
以前よりも落ち着いた感じで、かなり良くなった気がします。
歌もSPEEDを思い出さない歌い方になって良かったです。
島袋さん、可愛いのにあのモジャモジャのカツラがちょっと…って思ってしまいます。

ヴァルトシュテッテン男爵夫人の涼風真世さん
今年はとっても良い!!!何と言っても「星から降る金」は聴き応えがあります。
前期は涼風さんよりも香寿さんの男爵夫人の方が好きでしたが 
今回は涼風さんもどっしりと落ち着いた感じで良いかも(前は細々としてて不安定な感じを受けた)
ついつい…豪華なドレスを着ているとPQの女王様を思い出してしまいます(笑)

レオポルトの市村正親さん
これまた凄い久しぶり!の市村さん。
前に見たのはいつだっけ?Vの教授?って思ったけれど井上さんと同じで2年前のサイゴン以来でした。
記者会見記事で何度も拝見しましたがプライベートでもお父さんになってからの父親役。

真面目で頑固、厳格なお父さん役だけれども、レオポルトと市村さんとでは実際はギャップがありそう。なんて思いながら見てしまいました。市村さんは抑えた厳格な役よりもおちゃらけたような笑いを含んだ役の時の方が私は好きです。

セシリアの阿知波悟美さん
やっぱり阿知波さんはこう言う、おかみさん的な役がぴったり!
「全てがイカサマ」サーカスみたいなシーンで阿知波さんがヒゲをつけて出てくるけれど、今年は太い!前はナマズのヒゲみたいに長かった気がしますが(うろ覚え)、黒いゲジゲジが付いているようでした(笑)

アルコ伯爵の武岡淳一さん
殆ど大司教様と一緒に登場なので声しか耳に入ってきませんが、クリエコンサートの時に「猊下!猊下!」って山口さんの事を呼んでいたのを思い出します。そしてようやく本物の猊下を目の前に「猊下!」って呼べて良かったね~って思ってしまいました(笑) 

シカネーダーの吉野圭吾さん
山口さんの次に見てしまうのが吉野さんです。
ダンスは格好良いし、あの悪っぽい流し目多発な視線が好きかな?(笑)
初めて登場する「チョッピリ・オツム…」のシーン。待ちわびてしまいました。
「私が誰だかご存知か?」って言うセリフの所で
「わたし~が だれだ~か ごぞんじ~か?」って外国人が話すような口ぶり(イントネーション)で大爆笑(笑)
吉野さん面白すぎる!前は千秋楽でアドリブを言っていたけれど、今回は外国人風で通すのでしょうか?(笑)
2幕目最初の「ここはウィーン」では衣装も豪華で美しいシカネーダー。
これまた吉野さんばかり見てしまいます。

ヴァルフの分身のアマデ
いつも思いますがアマデの子役、セリフが一言もないのに感情を表してて本当に上手いですね。
何回か見ていると、それぞれのアマデの違い、ヴォルフとアマデの相性と言うのも分かってくるのでそれも面白いです。
今回は3人のアマデがいるそうですが、他のアマデちゃんも早く見てみたいです。

そしてアンサンブルの中で今回体格の良い方がいらして、ちょっと目を引きました。
つい目で追ってしまって、こう言う個性的な不思議な感じの人いいな~。

今日の山口さん…

、、、モーツァルト!は大司教様の登場までが長い!
たしか…幕が上がって20分か30分ぐらいしないと出てこなかったな…って覚悟はしていたものの、待ちくたびれてしまいそうになりました。エリザでは頻繁に出てきたから余計にそう感じたのかもしれません。

『何処だ!モーツァルト!』
召使達が食事の用意を始めるといよいよだ!って思いドキドキしてしまいます。
シャガジャガジャガ…って曲が流れてくるとさらに緊張(笑)
階段の部分の壁がスライドしてキラキラしたコロレド大司教様がご登場!
本当に待ちわびてしまいました。

やっぱりカツラが変わっていて、前髪の部分が立ってて、メイクも記者会見の時の写真とまるっきり同じ。
お腹には詰め物をして太くさせて貫禄をだしているようでした。
そして指には沢山の指輪をはめていて、猊下だ・・・って思ってしまいます(笑)

3週間前とは違い猊下に変身。
歌い方もすっかり猊下の時の歌い方でトート閣下はまるっきりいなくなっていました。
ちょっと淋しいけれど…閣下ではなく猊下だからしょうがないか。

ヴォルフとの対決…
大司教様、、、控えめに感じました。ヴォルフに負けているような?
今日はソフトでやわらかい猊下に見えました。目力も普通な感じで以前よりも弱かったような?
きっとこれからどんどん激しくなっていくんでしょうね。

そしてキラキラマント!!綺麗でした。
対決の最後にマントを捌く時、気のせいかマントを踏んでいたのかな?足に絡まり気味?そのロングマントを翻して捌く、ちょっと前から足元を気にしているような山口さんに見えました。上手く広がるのかちょい心配でしたがちゃんと翻す事が出来て安心しました。
あのマントはやたらと長いしキラキラ加工なので重くてバサリと広げるの大変そうです。

『神が私に委ねたもの』
馬車に乗って…ユラユラと揺れて、、、
猊下とアルコ伯爵と同じタイミングで体を前後に揺らしているのでよくピッタリと合うな~なんて思ってみています。
しかも、途中、座りながらピョンって飛び上がる!それもアルコ伯爵と同じだから笑ってしまいました。

真面目にアルコと話していると思ったら、唐突に「あっ…アルコ…アルコ…」って股間を押さえて…お手洗いシーン(笑)
始まりました!って思ってしまいました。
内股でチョコチョコと横歩きをして…衝立の方へ…最後は倒れこむようにして衝立の裏へ無事に?到着。
その後はつい立てごしに1回だけ顔を出して両手もちょっと加えていました。
今日は大人し目で髪を振り乱さずに、最後、バーーーン!と衝立を倒して、ピャッと手を洗いタオルで拭き…その後は以前と同じでした。
前期の初日も髪の振り乱しはなかった事を考えると、おそらく後々、悶え方も激しくなるんだろうな~(笑)

『僕はウィーンに残る』
猊下登場の時の曲だけはしっかりと覚えているものの…
オケの音が流れてあれ?このシーンは1幕目だったか…と
2幕目だとばかり思い込んでてすっかり勘違いしていました。

シルエットで映し出されるお取り込み中…の猊下。
そして…ここは紫の衣装でしたね!思い出しました。
猊下の股下から這い上がってくる女性の方、あのタイミングでしたっけ?
猊下が女の人に馬乗りになってしまうのではないかと一瞬ヒヤッとしました。
やっぱり、ここでもヴォルフに対してソフトな猊下に感じました。

『影を逃れて』
ソロ部分はないものの、この歌好きです。
「心捨てれば…♪」の所(だったかな?)で壇上の人々が一斉に下にいるヴォルフの方を見るところが好きです。

2幕目
『神よ、何故許される』
この曲は「ダンスはやめられない」の後だったよな…と覚えていました。
でもやっぱり登場まで待ちわびてしまいました。
最後歌い終わりの「ま~じゅつ~~~♪」の時、両手を顔のあたりで直角にまげて…このポーズ懐かし~って思ってしまいました。

『謎解きゲーム』
「あっ…!」って思ってしまったのだけれど、この歌の事はすっかり忘れていました。
猊下のソロ部分、カツゼツ良く歌うこの歌、短いけれど結構好きです。
仮面のような物を持っているので殆ど顔は見えないけれど、一瞬、顔を見せる時、今年は以前よりも若干長い気がします。

『モーツァルト!モーツァルト!』
「魂を解き放つ…」のソロ部分。音階が徐々に上がっていくので難しそうな歌だな~って毎回聴いていますが、きっちりとあっていました。クリエの時、微妙にズレているのか?歌詞が違ったのか良く分からなかったものの何かが違う感じだった事があって、あの時の事を思い出してしまいました。

『影を逃れて』(フィナーレ)
皆が数列に並んで整列している中を上手後方から登場し、センター上手寄りのところをゆっくりと歩いてくる猊下。
歌い終りの時、いつものように「決め!」って感じに首をクイッと動かしていました。
表情は無表情と言うよりも、ややクリエコンサートの時のような、柔らかい表情でした。
今年の猊下は全体的に性格が丸くなったように感じられました。

売店の所は人が沢山でパンフレットをじっくりと見る事は出来なかったけれど
お稽古写真が載っていて、1500円でした。
 
終演後、号外新聞が配布されました。

次の観劇は、山崎さんのヴォルフを観劇する予定です。
山崎さんはどんなヴォルフなのかとっても楽しみです。


キャスト
ヴォルフガング・モーツァルト…井上芳雄 
ナンネール…高橋由美子 
コンスタンツェ…島袋寛子 
ヴァルトシュテッテン男爵夫人…涼風真世 
コロレド大司教…山口祐一郎 
レオポルト…市村正親 
セシリア・ウェーバー…阿知波悟美 
アルコ伯爵…武岡淳一 
エマヌエル・シカネーダー…吉野圭吾 
アマデ…松田亜美





テーマ : 舞台・ミュージカル - ジャンル : アイドル・芸能

03:24  |  観劇日記(M!)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.11.07 (Sun)

『モーツァルト!』初日カテコ映像UP

昨日、『モーツァルト!』の幕が上がりました。
さっそくカテコの映像がUPされています。

山口さんは小走りに登場して・・・
クロロック伯爵の時も走っていたな~って、ちょっと思い出してしまいました(笑)

TohoChannel★「モーツァルト!」初日カーテンコール映像

そう言えば、今回は公式ブログはないようですね。

テーマ : 舞台・ミュージカル - ジャンル : アイドル・芸能

11:00  |  情報(M!)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.11.05 (Fri)

モーツァルト!会見 web記事

いよいよ。明日『モーツァルト!』開幕です!

そして扮装して会見が行われた模様です。
コロレド大司教様・・・カツラ変わったようですね。
今はまだ整っているけれど、公演中にきっと乱れる(笑)

ORICON STYLE こちら

北國新聞ホームページ はこちら

デイリースポーツ(写真あり)

スポニチ・写真

サンスポ・写真

テレビ朝日・写真

 

テーマ : 舞台・ミュージカル - ジャンル : アイドル・芸能

22:25  |  情報(M!)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.11.01 (Mon)

2010年 山口さんのスケジュール&情報

☆★2010年 舞台★☆

■2010/1/1~1/11 パイレート・クイーン 梅田芸術劇場公式HP 
■2010/3/5~3/31 レベッカ 中日劇場 公式HP 
■2010/4/7~5/24 レベッカ 帝国劇場 公式HP 
■2010/5/30~6/13 レベッカ 梅田芸術劇場 公式HP 
■2010/6/18~6/27 クリエ・ミュージカル・コンサート シアタークリエ
■2010/8/12~10/19 エリザベート 帝国劇場 公式HP 
■2010/11/6~12/24 帝国劇場 公式HP 


山口さん表紙♪

華麗なるミュージカルの世界華麗なるミュージカルの世界
(2010/04/02)
商品詳細を見る

レプリークBis19 (HANKYU MOOK)レプリークBis19 (HANKYU MOOK)
(2010/08/09)


商品詳細を見る

* 2010年発売 掲載雑誌 *


00:03  |  スケジュール  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |