2011年05月 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2011.05.08 (Sun)

レ・ミゼラブル 山口さん千秋楽カテコ動画UP

無事に山口さん、岡さん、原田さんが千秋楽を迎えました。
役者さんたちも客席もとっても熱かった・・・
実際、熱気と夏日のような気温で、さらに劇場も暑くなっていました(笑)

今日のレミゼ、今期のレミゼを見ることが出来て本当に良かったです。
言葉では言い表せないほどの、心のこもった舞台を見させていただきました。
本当にありがとうございます。

本当に無事にレミゼを観劇する事が出来て・・・(T_T)
今までレミゼで感じなかった感想が沢山湧いて来ました。
2011年のレミゼは一生忘れられない公演になりそうです。


さっそくカーテンコールの動画がUPされています。

レ・ミゼラブル 公式ブログ☆5月8日(日)カーテンコール映像

司会は駒田さん。
心なしか目が潤んでいるように見えました。

原田さんも岡さんも泣いていました。
山口さんからの「あした(楽日)を迎えたくないと言う気持ちだった」と言う言葉が頭をグルグル回っています。

レミゼで初めて舞台に立ったとか、山口さんは第2のデビューというように、思い入れのある作品で、皆このレミゼは特別のもので、大事にしている愛されている作品なんだなとつくづく思いました。
私個人は「レミゼで何かがあった!」という事はありませんが、そんな熱い想いが溢れる中、劇場の片隅に座らせていただき、舞台上と客席とではだいぶ違うけれど、ちょっとでも一緒に舞台を作る事が出来たかな?だとしたら嬉しい。本当にありがとうございました。

YouTube - 『レ・ミゼラブル』5月8日(日)特別カーテンコール


開幕前、自粛ムードもあり4/8にプレビューの幕が開くのか?
大被害の遭った被災地の方は今も大変なのに・・・
気持ち的に行って良いものなか?行って楽しめるのか?とか考えたり
計画停電で電車は果たして走るのか?
原発事故や大きい余震が続く中、色々な心配が絶えませんでしたが、計画停電は回避。東宝より公演の売り上げの一部を義援金として送ることが発表され、無事に開幕されました。

そして開幕後も震源地でなくても震度4くらいの余震が多くて、しかも毎日地震がありました。
私の家は帝劇から歩いて帰れる距離ではないので、帰宅難民になるのを覚悟して劇場に通いました。

12日の初日には公演中に震度3ぐらいでしたが長く揺れました。
約1ヶ月前だけれどもっと前のような気がします。
とにかく電車が止まらないで欲しい・・・これ以上地震が起こらないで欲しい・・・と
あの頃、劇場へ行かれた方は皆思っていたのではないでしょうか?
(この1、2週間。ようやく体に感じる余震がなくなってホッとしています。)
そんな不安もある中、空席は目を凝らして見ても見つけ出せないほどで毎日満席でした。
みんなも元気を貰いに?それとも何かを探しに?単に舞台観劇に・・・かもしれません。
経済活性化の為にも良い事だなと思いました。

4/8のプレビューの帰り、夜の電車はいつも満員なのにガラガラでした。
5/8楽日の昼は(震災以来ずっとですが)電気が点いていない暗い電車です。しかも暑い!冷房も節約で点いていません。これからの季節、暑くて厳し~(苦笑)

レミゼは来月12日まで続きますが、私は今日で見納め。
うまく文章に出来てませんが、また違った形、演出リニューアルやコンサート等で(もちろん同メンバーで)出会える日を楽しみにしています。
スポンサーサイト



テーマ : ミュージカル - ジャンル : アイドル・芸能

23:52  |  情報(レミゼ)  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2011.05.08 (Sun)

レ・ミゼラブル 観劇日記 +2011/5/7+

今日はあいにくの雨で、外はちょっと薄ら寒い感じでした。
客席は若干空調が入っているみたいでしたが
(今日に限らず)節電の為、ロビーは空調を入れていないらしくお客さんの熱気も倍増!という感じでムンムンしています。
舞台上ももしかすると、とっても暑いのかもしれません。
衣装がコートを着たり厚着だから、額には汗が光っています。

今年の夏。
電力不足はなんとかなると言う見通しみたいですが、どちらにしても節電対策は必須です。もしかすると真夏の最中の「三銃士」は汗だくで見ることになるかもしれませんね?

そして今日の公演。
山口さん等数名は明日楽日ですが、レミゼ公演は来月まであるので
切羽詰ったような千秋楽間近の独特の雰囲気はなかったけれど、本日も熱い舞台でした。

司教様・・・ここずっと清原邦仁さんの司教様です。
バルジャンを諭させる司教様のあの歌声はとっても重要なんですが
本当に綺麗な良い声で、演技もスマートで好きです。
今回、キャスティングされた司教様は2人とも美声で大満足です。

今さんのジャベール。
また見れて良かったです。
「対決」の時、低い声で「ハハハ・・・」
と笑い声を加えていたので、「ジャベール怖いよ~(><)」って思ってしまいました。
いやいや、面白かったです。

ガブローシュ・・・加藤清史郎でした。
再び見れて良かったです。やっぱり可愛いですね。

それからエポニーヌの平田愛咲さんをもう一度見ることが出来て嬉しかったです。
歌は上手いし、なんか不幸っぽく孤独な雰囲気を醸し出していて
マリウスにまったく相手にされないエポニーヌに同情してしまいます。
最期、死んでしまうものの、マリウスに看取られて死ぬ事が出来て良かったね感が倍増します。

今日の山口さん。

後2公演でこの演出のレミゼは見納めか・・・
って言う気持ちで見てて、昔の事とか思い出しながら見てしまいました。
なので今日は入り込むことなく、冷静に見ていられたかな?(苦笑)

「裁き」
「そのバルジャンではないのか?」の時、正面を向くか?ジャベールの方を向くか?
ジ~~~っと見ていました(苦笑)
そしたらやっぱりジャベールに向かって「バルジャンではないのか?」って
問いかけていました。今さんの時はこのヴァージョンみたいですね。

「取引」
今日は上手側の席だったので、山口さんがコゼットに向ける優しい顔が沢山見れました。
テナ夫妻がバルジャンを椅子に押さえつける所。
今日も2人も力ずくでしたが・・・(笑)
山口さん、押さえられつつもコゼットに助けを求めるように手を伸ばしてて笑ってしまいました(*^^*)

「ワン・デイ・モア」
今日も「あしたは~~~~」の声が響き渡っていました。

2幕目
ジャベールとバリケードでの再会で「違うそれは違う・・・」って歌っている時。
いつも横顔か後姿しか見えなかったけれど、今日は表情が見えました。
真剣なお顔をしているんですね。

「彼を帰して」
今日は前楽だからと言って熱すぎず、いつもと同じようにマリウスの為に祈りの歌を捧げていました。
歌い終わった後、どこからか「ブラボー」って声が上がっていました。

エピローグ
死ぬ時、結構大きめに「ガク~~」って力が抜けた感じの演技でした。
いつも見えそうで見えなかったところ。
ファンティーヌが迎えに来て、立ち上がった所でファンティーヌの事を見て再会を嬉しそうに一瞬、笑顔になっていました。
やっぱり笑顔か・・・ってスッキリ。

今日は結構、冷静に見ていたつもりですが最後の歌の歌詞。
「世に苦しみの炎消えないが どんな闇夜もやがて朝が~♪」って・・・
「明るい明日は必ず来る」みたいな歌詞が今期すごい泣けてくる。

カーテンコールも凄い盛り上りました。
回数は数えてはいなかったけれど、1回ぐらい多かった気がします。

明日はいよいよ。現演出のレミゼ見納め日。
きっとアドリブとかしないで、忠実に演技するんだろうな~って予想。

山口さん千秋楽。心に焼付けたいと思います。

ジャン・バルジャン…山口祐一郎
ジャベール…今拓哉
エポニーヌ…平田愛咲
ファンティーヌ…知念里奈
コゼット…稲田みづ紀
マリウス…原田優一
テナルディエ…三波豊和
テナルディエの妻…森公美子
アンジョルラス…上原理生
ガブローシュ・・・加藤清史郎

テーマ : ミュージカル - ジャンル : アイドル・芸能

01:32  |  観劇日記(レミゼ)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |