2012年01月 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

2012.01.08 (Sun)

深呼吸する惑星 観劇日記 +2012/1/7+

今日は第三舞台の公演を観て参りました。
待ちに待った第三舞台の10年の封印解除公演!?
と思ったら、おまけがついて「・・・&解散公演」・・・

10年前、本当に封印は解かれるのか?って思って疑っていましたが
解除と同時に解散なんて(泣)

本当はVの11/27の初日前日(12月はTDV三昧になるので)11/26(土)に行きたかったのだけれどチケットは取れず・・・
半ば諦めていた所、「1/7のチケット取れたよ~」と
友人から朗報が入り凄い嬉しかった~。

これがまた昔から第三舞台のチケットってまったく取れなかった(泣)
なので、封印やら何やらで、今回でようやく観劇3回目です。

観劇日記と言うよりも思い出日記的です。

劇場はサンシャイン劇場でした。なんとなく古いイメージがあったのですが
久しぶりに行ったら改装されてとっても綺麗になっていました。
ビックリ!!(笑)

最後に行ったのは実に15、6年前に観た第三舞台の「リレイヤーⅢ」でした。
まさに再会♪って感じです。

劇場へ入ると沢山のチラシをいただきます・・・
するとこれまた懐かしや。
鴻上さんがノートに書いた「ごあいさつ」(コピー)も一緒に入っていました。
こういう「ごあいさつ」昔もいただきました。今も大切に取ってあります。

ロビーには鴻上さんがオレンジのTシャツ?トレーナー?を着て立っていらっしゃいました。

客席の雰囲気は、、、
これまた濃密な感じで第三舞台の復活を心待ちにしていた人達が集まっている雰囲気。
この舞台。一時をも見逃すまいとして、みんながみんな舞台に集中している感じで、舞台と客席に凄い一体感がありました。

鴻上さんの演出・・・

オープニングから、あ~そう言えば昔もこんな演出だった!
って懐かしかったな~。
第三舞台って全員で踊るんですよね~
それが凄い格好良くって昔観た時「カッコイ~~!!」って思った記憶が蘇ってきました。

そしてストーリーは相変わらず、やっぱりとってもシュールでした。

舞台展開は凄い早くて飽きないのですが話に付いて行くのが大変!
凄いスピード感があり、渦の中に巻き込まれていく感じ。
このシーンがどこに繋がって行くんだろう?????
どこに着地するのか??????
と言っても真面目な話で悶々とする感じではありません。
笑いも沢山あり…
ジグソーパズルのようで、とにかく「???」だったのが最後にピタッとはまるこの流れ・・・
そして密かに散りばめられたメッセージ。ちょっと淋しげなエンディング。

筧さん。
実は第三舞台のDVDでは見たことがありますが
第三舞台の一員として筧さんを観るのは初めてでした。
(ミス・サイゴンのエンジニア役、観に行きました)

筧さんは相変わらずの芸風・・・
いえいえ(笑)相変わらずの役柄で盛り上げ役みたいな
お笑い担当的でパワフルでした(笑)

大高さん、小須田さん、長野さん、山下さんは
封印されている間も舞台は何回か観に行きました。

TVでは「世にも奇妙な・・・」とか色々なドラマでちょいちょい見かけます。
さすがに個々のスケジュールチェックは出来ないのですが
色々なドラマを見てて、出演されていると嬉しくなります。

大高さん、小須田さんは刑事とか医者役が多いかな?
しかも怪しい・・・(苦笑)怪演な事が多いので、そこが楽しい。
長野さんは普通にお母さん役とか先生役とか色々な役をしているのを見ます。
直近では山下さんが「ラストマネー」で意地悪な(親分肌の)パートのおばちゃん役で出てて「おお!山下さんだ!」って思いました。

私は第三舞台という劇団、全員がとっても個性的で好きなのですがあえて言うなら
小須田さんが一番好きかな~?
何と言うか…いつも怪し過ぎるというか、雰囲気、台詞回しが
何とも言えず、いつの間にか引き込まれている自分に気付きます。
今日もそんな感じでした。

そして今回も長野さんの鳥の着ぐるみ姿を見れて楽しかった(笑)
懐かしい~!!何度見ても可愛い!
劇中で他の出演者から着ぐるみアピールがあって、いつ着ぐるみを着て出てきてくれるのか楽しみにして見てしまいました。

私が初めて見たのは黄色いヒヨコ姿だったかもしれません。
今までペンギンとか飛べない鳥ばかりだったみたいですね。
ところが今日は「カモメ」の着ぐるみで初めて飛べる鳥と言う事でした。
飛び立つと言う事か・・・って淋しい気がしました。

高橋一生さん。
私は細かいキャストチェックとかしないで観に行っているのですが
高橋一生さんが出演されてて驚きました。
「名前をなくした女神」で初めて知りましたが、まさか生で見る事があるなんて!

高橋一生さんも第三舞台のメンバーに混ざって踊っていました。
全員でのダンスは本当に格好良くて好きです。

最後、劇中。
舞台上の人達が見えなくなるほどの量の黄色い紙吹雪が容赦なく降りてきて凄かった。最後の最後は横からバ~ンという感じで黄色い紙吹雪が撒かれ・・・
やっぱりダンス オブ ヴァンパイアを思い出してしまいました。

カーテンコールは3回。
私の好きな人達、全員一気に見れる貴重な舞台だった・・・
ってしみじみ・・・(泣)
一列に並んでいると圧巻でした。

大高さんが最後に出てきて「七草がゆを食べましょう・・・」的なことを言っていました。

作・演出:鴻上尚史 
キャスト:筧利夫・大高洋夫・長野里美・小須田康人・山下裕子・筒井真理子
高橋一生・荻野貴継・小沢道成・三上陽永




終演後も斉藤和義さんの「ずっと好きだった」が流れていました。

歌を聴いていたら・・・
私はずっと第三舞台が好きだった・・・。
そして復活をずっと待っていた・・・。
とつくづく思ってしまった。


鴻上さんの選曲・・・
いつも余韻が残ります。
このCD借りようかな~?

今まで演劇系ではパンフレットは買った事がないのですが
今日は最後の記念にと思って購入しました。

サードステージ


そしてこの舞台のDVD、収録本「もうひとつの私家版第三舞台」も予約♪
「もうひとつの・・・」の方は遠い昔に購入した写真集のような本「第三舞台」とかぶる部分があるのかな?って思ったけれど、もういいんです。購入する事にしました。

なんと!
YouTubeにメッセージがUPされていました!
製作発表もあったんですね。知らなかったな~。
後でゆっくり見てみたいと思います。

YouTube★daisanbutai2011 製作発表他

 

 

大千秋楽の模様が映画館にて生中継されるようですね。

スポンサーサイト



03:09  |  その他舞台  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |