2020年06月 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2012.06.21 (Thu)

エリザベート 観劇日記 +2012/6/19+

今日は台風が接近している影響で蒸し暑く空気がまとわり付くような気候でした。

劇場に着くと、またまた学生さんの観劇日で今日は2階S・A席全部学生さんでし
た。(1Fは未確認です)またいつもと違った雰囲気の帝劇で大賑わい。
この間の学生観劇日の時もそうだったけれど、劇場の明かりが消えた時点で拍手
が起こりました。いつもはここでは拍手がないので新鮮。そして指揮者の西野さ
んにスポットが当たりまた拍手~。

オープニングのルキーニの首吊りを見て「おぉ~」みたいなどよめきが起こって
その反応が新鮮でした。
私が初めて見た時は(山口さん目的で観に行ったのですが)一路さんと高嶋兄しか知らなかったから・・・
学生だったら・・・一般的には高嶋兄しか知らないよな~って思ってしまいました。

そしてそして・・・≡≡≡ヘ(*--)ノ

私、、、今、再び山口さんに思いっきり嵌ってしまいました。
何回も何回も嵌ってしまうなんて・・・不思議。

「ファンになった~」って思って、思いっきり嵌った時の(とにかく情報を仕入
れてCDや雑誌を買い漁るみたいな)あの時のパワーは凄いですが
それに匹敵するのではないか?って思うくらいはまっている気がします。

きっかけは・・・
ミュージカルコンサートのDVDです。
まさかこんなドアップで収録されるなんて思ってもいなかったから
本当にリピートしまくりで・・・
山口さんカッコいいな~。って何回も見ていたら
生の舞台が早く見たい!って思って(観劇自体は次の日だったけれど・・・苦笑)
そして、今日見た!(笑)

トート閣下はなんてお澄ましなんだろう・・・?(笑)
鋭い視線で激しく歌うDVDの山口さんの姿が脳裏に蘇り・・・。
違った佇まいなのに同じ山口さんなんだよな~って思ったら。
なんかもう・・・相乗効果で山口さんに惹きつけられる(≧≦)

って今日の山口さん・・・は・・・
いつもと同じく素晴らしいトート閣下でした。

『私を燃やす愛』と『愛と死の輪舞』
最後のフレーズの「皇后への愛だ~」と「愛と死のロンド~」の所。
今までとは違った“溜め”をしていました。
溜めが長くなったような?

『最後のダンス』
も~気を引き締めて見て聴きました。
本当にこの歌を聴ける事が嬉しい。
やっぱり階段上で最後の「オ~オ~」って歌っている時の手の動きが変わった気
がするけれど・・・いつの記憶との違いだか?自分でも良く分からなくなってきま
した。

1幕『闇が広がる』
この時の声はいつでもいい声だ~(*・・*)ウットリ
最後の「破滅へと導くのだ~~~~」って歌いきった後の目を細めて憂いを帯び
たような表情がやっぱりツボで好き♪

『私だけに三重唱 』
今日は2階のセンター席だったのですが、閣下の視線が来てドキっ!

ドクトルのシーン
も~~~今期最大のお楽しみなシーン。
「どうなさいました・・・」っておどろおどろしいような声(笑)(山口さん的に
は凄いいい声で)シルクハットに手を添え扉をくぐって来たとたん、私は「ドク
トルが来た~~~!!(><)」って登場しただけで凄い面白かった。ついついニ
ンマリしてしまう・・・
今期は何故こんなに嵌っているのか?自分で良く分からない(苦笑)

「微熱が~」の所は今日も横顔だったけれど、横顔も綺麗だから◎

コートを投げ捨てた後の「今こそ出かけよう黄泉の国へ~~~」って歌っている
時の閣下。本当にギラギラした感じで「トート閣下でっった~~~」って感じの
所が好きです。所謂、今で言うと肉食形?って感じ?(笑)

2幕『闇が広がる』
古川さん、髪をカットして髪の根元が黒くなってきていたのを染め直して綺麗な
髪になっていました。

「見ていていいのか?」って閣下は言うけれど
なんかもう…見ていました。見ることにしました(苦笑)

手を伸ばし合って・・・
閣下がルドルフの背後から腰に手を当てて「誰かが叫ぶ・・・」っていう所の前。
山口さんが後ろに後ずさりする歩幅が広いのか分からないけれど、大野さんや平
方さんは手を掴む時に離れているからピョンって跳ぶ感じで追いつくけれど
古川さんは自然でした・・・(ちょっと説明不足で分からないかもしれません・・・)

「王座に座るんだぁ~~~ああああ」って劇場いっぱいに声が轟いていました。

ルドルフとの死のキスシーン
これは・・・ドキドキです…最近になって・・・(苦笑)
ピストルを閣下から受け取った後のルドルフの演技は3人とも違うので見入って
しまいます。
古川さん、銃を受け取っても、どこか迷いが見える・・・
そして閣下が後頭部を掴み・・・見つめあう・・・
この時の“溜め”“間”が何ともドキドキする。迷いがあるルドルフの時は長い気が
する。気のせいかもしれないけれど、古川さんの時はキスしている時間が若干長い?

『悪夢』
今日は閣下をガン見~♪
本当にこの時のトート閣下は超お澄まし顔でみんなをかき回すかき回す・・・。
自分の勝利だと豪語する自信満々の閣下。
あ~山口さん輝いているな~って思ってしまいます。

しかも2階センターだとこの時の閣下の視線がバシバシ来るから
きゃ~~~って感じ(笑)

シシィとのキスシーン
今日は綺麗に見えました。(顔は見えないけれど角度が綺麗)

カーテンコール
学生さんかな?指笛でヒュ~ヒュ~ってしていました。
拍手の熱も純粋な拍手に感じられ、いつもと微妙に違う感じで、面白かったです。

2人カテコ
春野さんと山口さんが2人で出てきたら、またまた大盛り上がり!
こう言う反応、新鮮で良いな~(笑)

(複数キャストのみ)
エリザベート 春野寿美礼
トート閣下  山口祐一郎
フランツ   岡田浩暉
ゾフィー   寿ひずる
ルドルフ   古川雄大
少年ルドルフ 鈴木知憲

関連記事

テーマ : ミュージカル - ジャンル : アイドル・芸能

01:12  |  観劇日記(エリザ)  |  TB(1)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

奇跡的!

ちよ様

この日もご一緒していました・・・(^^)
一階の中程上手ブロックでしたが、サブセン側の通路席だったので視界がさえぎられる事なく良かったです。
学生さんは1階にはいらっしゃらなかったです、
気のせいか、ルキーニの台詞のトーンがいつもと違っていたような・・
客席の雰囲気が演じる側にも伝わるんでしょうね(^^)

今期の山口さんトート、いつ観ても「喉、姿、ハート」言葉にならないほど素晴らしいですね!!
ちよさんと同じく、心がとろけてメロメロ・・です(^^#)

実は、今年1月に大阪遠征(TDV)したときにはかな~り心配してしまいました、
帝劇100周年ですべて燃え尽きたのかしら・・・と。

カテコのときの少年のようなあどけない表情と裏腹に、
人には見せない日頃のたゆまぬ努力が演劇の神様を見方につけているな~~と感じます。

こんなご時世なのに・・
10年以上再演され続けているクラシカルな演目なのに・・
2ヶ月というロングランで、
しかも2000人近く入る空間にもかかわらず・・
週末、平日、昼夜を問わず連日超満員!!
こんな公演が他にあるかしら??
奇跡的だと思います!

エリザベートの生き方は観る人それぞれに是非があるでしょうが、
皇太后の「義務を怠る物は滅びるのよ!」の言葉が心に突き刺さります。

帝劇のチケッもあと2枚になってしまいました(;ヘ;)
きっと、ちよさんとどこかでニアニスでしょうね!
まつ |  2012年06月21日(木) 22:37 | URL 【コメント編集】

Re: 奇跡的!

まつ様

19日、ご一緒だったんですね。

> 気のせいか、ルキーニの台詞のトーンがいつもと違っていたような・・
> 客席の雰囲気が演じる側にも伝わるんでしょうね(^^)

確かにびみょ~に違っていました!
舞台慣れしている方たちばかりなので、客席の雰囲気は感じ取ってくれて分かると思います。

> ちよさんと同じく、心がとろけてメロメロ・・です(^^#)

本当に・・・どうしましょ(*^^*)

> 実は、今年1月に大阪遠征(TDV)したときにはかな~り心配してしまいました、
> 帝劇100周年ですべて燃え尽きたのかしら・・・と。

大阪へ遠征されたのですね。
「どうしたんだろう?」って凄い心配になってしまいますよね。
音響も良くなかったとか聞きました。
でもエリザは絶好調で本当に素晴らしいです。

> 週末、平日、昼夜を問わず連日超満員!!

追加したくてもチケットが売り切れで困ってしまいます。
私は山口さん見たさに通っていますが。
エリザは他の方々も1度見たらまた見たい!って思う演目なのでしょうね。
そういう何かを持っているのだと思います。

> きっと、ちよさんとどこかでニアニスでしょうね!

ですね~。また同じ空間を堪能しましょう♪

ちよ |  2012年06月23日(土) 03:29 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://stages.blog99.fc2.com/tb.php/1098-c75c0725
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

-

管理人の承認後に表示されます
2012/06/24(日) 09:35:21 | 

▲PageTop

 | HOME |