2020年06月 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2012.06.25 (Mon)

エリザベート 観劇日記 +2012/6/23+

本日も行ってまいりました。
今日は涼しくてよかった~。

岡田フランツ
今期の私の見所はどうしても両フランツになってしまいます。
なんか岡田さん、演技が激しくなって来た?
この数日で変わった気がしました。
ある意味、極端というか、強弱をつけているというか・・・
セリフを勢い良く激しく言うから、笑ってしまいそうになります。
皇帝陛下の義務を果たそうとして頑張って虚勢を張っているけれど
どこか繊細さ弱さが垣間見える感じ。
2幕目のエリザが旅に出てしまって、「母上はもういない…待っているよ~」って
歌っている時とか背を向けている時とか、、、「しょぼ~~~ん」って感じで、
部屋で一人寂しく待ち続けているフランツの姿が見えてきました。
そんなに一途なフランツなのに、母上に嵌められたと言っても女遊びとかするの
かなあ?とか思ったり…
岡田さんは今までにないフランツって感じで面白いです。

今日の山口さん。
またまた一昨日前とは違って見えました。
今日もいつもと変わらず素晴らしいトート閣下でした。

今までのレポの書き方にちょっと飽きてしまったので
今日はちょっと違う感じにします。

帝劇の公演数も残り少ないこともあり
私は目に焼き付けモードで見てしまいました。

最近はオーケストラの音にも注目しています。
例えば…「最後のダンス」の時のドラムの音。
これは以前から好きなところですが
「じっと待ち焦がれる~~~~~」の後のドラムの「ズダッダッダダン」って言う所。ここを境に山口さんの歌が凄い激しくなるからなんかワクワクして好きなんですよね。

ドラム系では…「私が踊る時」の音楽用語がありそうな小刻みな音が好き。

馬車のお手振りは再び手を左右に振るのと同じく顔も左右に飽きれた様に振っていました。そして「私が踊る時」の前奏の時にシシィをじっと見る時の視線の鋭さにドキッとしてしまいました。「闇広」は山口さんの歌声と動きに注目。

また(今頃)新たに気付いたのは独立運動のシーンの最後。
銃の音が「バキューンバキューン」って鳴る所。
トート閣下が手でクイッと合図して銃声がする!
銃までも閣下が操っていたのね~って思ったら「閣下凄い!」(笑)って思ってしまいました。
ルドルフとのキスシーンはやっぱり溜める~。咳やクシャミひとつ出来ない雰囲気で息を呑んで見てしまいます。今日も角度が美しかった~♪
シシィとのキスも綺麗でした。

カーテンコール
帝劇最後の土曜日公演と言うこともあって盛り上がりました。

上手、下手、センターへお辞儀をする時の山口さんの表情、目力がすごい素敵♪
どひゃ~今日もカッコいいな~って思ってしまいました。

2人でのカテコは3回もありました。
1回目はいつもと同じで、シシィと手をつなぎ舞台奥へ戻る時、腕を前後ろに元気良く振る感じ。
最後は手を下の方に下げたまま(拳で)ガッツポーズ。

2回目はシシィをクローズアップ!的(貸切の時もやっていた感じ)に両手を
瀬奈さんに向けて拍手を~~~。って感じ。

3回目は今度は瀬奈さんが山口さんに「拍手を~」って感じのジェスチャー。
すると…山口さん立てひざをして瀬奈さんの手を取り(王子様が王女さまにする様に)
手の甲にキス~~~~(゚◇゚)結構長かったな~。
ビックリしたな~もうっ!って感じ(笑)

客席は「きゃ~~~~」って声が上がって大盛り上がり?(笑)
山口さんったら…(笑)最後は「やったぜ~。いいだろう!」みたいに親指を立ててグ~のポーズを取っていました。

いや~面白かった。
帰り…悪戯っ子の様な山口さんに思わず顔が緩んでしまいました。

(複数キャストのみ)
エリザベート 瀬奈じゅん
トート閣下 山口祐一郎
フランツ  岡田浩暉
ゾフィー  杜けあき
ルドルフ  古川雄大
少年ルドルフ 坂口湧久


関連記事

テーマ : ミュージカル - ジャンル : アイドル・芸能

01:23  |  観劇日記(エリザ)  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://stages.blog99.fc2.com/tb.php/1100-1c3a0cc4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

-

管理人の承認後に表示されます
2012/06/26(火) 01:08:21 | 

▲PageTop

 | HOME |