2020年06月 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2012.06.30 (Sat)

エリザベート 観劇日記 +2012/6/27+ 帝劇千秋楽

あっという間に来てしまった帝劇千秋楽。
始まってすぐ、出演者の皆さんの気迫、熱気が違う!って思ってしまいました。
帝劇最後~!!!って気持ちから皆さん一丸となっている感じが伝わってきました。すごい一体感が感じられ、とってもまとまっている舞台でした。

岡田さんは何を目指しているのか?今までとは違った感情豊かなフランツで面白いのだけれど(笑)フランツはやっぱり石川さんの方が安心します。
皇帝陛下そのもののように見えるし、落ち着いているな~。
「待ってるよ 母上はいない 帰っておいで 」のシーンを岡田さんはしょんぼりした感じだったので石川さんは?って気になったので、今日は双眼鏡で見てみました。
この時、フランツは高い所から歌っていますが、1回目の「待っているよ~」の時は上の方の遠い所を眺めるようにして待ち焦がれてる・・・って表情をしていました。2回目の「母上はもういない…」の時は視線は戻していました。
今期は「夜のボート」が切ない…石川さん、なんて歌い方するんだよ~って思ってしまいます。歌声が泣いているなんて(泣)本当に石川さんは・・・。今日もグググ…っときてしまいました。

今日の山口さん。

今まで色々な閣下を見てきたけれど、今日は普通のいつもと同じ閣下でもなく楽しそうとか激しいとか力強いとかでもなく。また違った閣下でした。
気合いが凄い入っているのに、慎重に歌っている感じでした。

『私を燃やす愛』
ゴンドラに乗って(笑)黄泉の国から参上するトート閣下。

手を広げながら死者たちの間をぬって、センターへ歩き…
「皇后へのあ~~~いだぁ~~♪」の時、死者たちの手が集まりトート閣下がクローズアップされるように見える所は何度見ても壮絶な感じ。
歌はとっても良い声~♪「皇后への」って言う時の声が特に好き。
そんな色っぽい声の上に、アイメイクのせいか?目、視線がゾクッとするほど
色っぽくて毎回ドキッとしてしまいます。

そしてエリザベートの棺を迎えるために、舞台奥へ歩いていく時。
衣装の裾が綺麗に広がって好き。
エリザベートの棺が降りてくる時、手をヒラヒラさせて操っていますが、この時
の後姿がまたまた素敵です。

『愛と死の輪舞』
今期のトート閣下はシシィに一目惚れをし、初めて「愛」を知って幸せ感たっぷりの歌い方です。ど、どうしたの?って思うほど、物凄い声が弾んでいる時もあったけれど今日は通常通りな感じ。
一目惚れをした時の閣下の表情がまた良かった。

「からだに刻まれて~」の所で手を上に上げて・・・
陶酔したように歌うトート閣下も目に焼きつきました。

最後の「愛と死のロンド~~~」の所では恋する乙女のような表情で
山口さんじゃないみたいって思ってしまいます。

婚礼のシーン『不幸の始まり』
今日も閣下は鋭い視線でシシィを見ていました。
まるで獲物として狙っているようでもあり、逃げられないように呪縛をかけているようにも見えます。

『最後のダンス』
いつもは歌いだす所から双眼鏡を使うのですが、今日は出てきて手をヒラヒラさせている所から見てしまいました。

階段上で「微笑みかけている~~~」って「る~」を伸ばしている時。
手で長さを測っているようにするところ、変わってないな~(笑)

「じっと待ち焦がれる~~」(ドラム音)ズダダダダン… 
「最後のダンスは俺のもの~ ……  
           ん~~~~ 闇の中から見つめている~♪」
の所へ来たら、なんか良く分からないけれど、感極まるというか涙が出て来てし
まいました。

シシィの背後に回って。
昔は腕を振って身体を揺らしながら「最後のダンスは俺のもの~」って歌ってたよな~とか色々な記憶が蘇ってもきました。

レミゼのピープルズソングなら分かるけれど「最後のダンス」で泣いたらいかん!
と思って涙が流れる寸前でこらえたけれど、視界がぼやけるぼやける…
最後のダンスで泣けて来たのは初めてで自分でもビックリ。
何でだろう?

階段を素早く上がりシシィの方へ向きを変える時。
衣装の裾をバッとはじくようにする所も昔と変わってないな~。
結構、この裾裁き(?)好きです。

歌い終わって大拍手~~~~~!!!
照明さんも山口さんの背中を長く照らしてくれてて
若干、ショーストップ状態になりました。

次のシーンの「皇后の務め」の時、私は目が痒い振りをして目から出た汗を拭ってしまいました。

1幕『闇が広がる』
今年の「闇広」はよりいっそう淋しげ…
なかなかトート閣下を受け入れようとしないシシィを見て悲しい気持ちでいる閣下だけれど、奥底には熱いものを煮えたぎらせている想いのこもった歌に聴こえる。(解釈は色々だと思うけれど)
その結果、フランツにヤキモチを妬いて、ひねくれて「破滅へと導くのだ~」と脅してる閣下に見える。
歌いきる時、目を見開いて細める所が憂いを帯びているように見えて好き。

カフェのシーン
最後の振り向きは前髪がバサッとなって、顔が見えなくなるけれど、今日は目の部分には髪が来なかったのでカッコいい感じに前髪がバラけていたので良かった。思えば何故あんなに激しく前髪をバサッとするのか?ってちょっと笑える時もありました。

『エリザベート泣かないで』
再び閣下はひっそりと現れて、優しく語りかけて巧みにシシィの心の隙間に入り込もうと、あま~い声で誘惑するけど、拒絶される…
こうやって見るとトート閣下、可愛そう(笑)一途だね~って思ってしまう。
確かに「私を燃やす愛」で言っていたように閣下にとって過ちなんだろうな~
(苦笑)羽根は毎回、床に突き刺さっていました。失敗したところは過去に1.2回しか見たことがないので貴重だったかも。

『私だけに三重唱』
シシィの歌「ただ私の人生は…」の「ただ…」の所でドア枠に手を伸ばす閣下の手が見えてくる。
この三重唱の時は瀬奈さんの時の方が好き。
今日もバランスの取れた綺麗な三重唱になっていました。

『エーヤン』
馬車に乗る時のフランツの分厚いマントの裁き方、シシィの広がったドレスをグイッと馬車の中へ入れて座る所・・・なぜか注視してしまいます。大変そうだな~(笑)

フランツが歌っている時、双眼鏡で見て、シシィの歌が始まって「二つの国の…」所で上手の方へ双眼鏡を向けて、閣下がスタスタと歩いてくる所からずっと見てしまいます。

「今の内だけだぜっ…♪」もいつもと変わらず、元気(笑)
馬車のお手振りは普通にいつものパターン。

『私が踊る時』
私はこの歌は昔からあまり好きではないので、歌よりも見ることに集中!って感じで見ています。
馬車が止まってシシィを見る時の視線がドキッとします。
その後、歌が始まってもずっとシシィを鋭い目で見てて…この表情、カッコいいな~って見ています。

「手をとって俺と踊るんだ」っていうところは先日のように笑顔ではなかったな。
でも下手から上手にいるシシィを見て「俺と踊る時は
の時はいつものように微笑しながら歌っていました。

歌が終わって、シシィを見送る横顔も好きです。

『ママ、何処なの? 』
優しげな歌声と眼差しで、チビルド君を見ているトート閣下。

チビルド君がピストルを閣下に向けて「バンっ!」ってする所。
先の方がちょっと出るだけではなく旗が落下したことあったな~って思い出しながら見ていたらなんと!!!
今日もピストルから旗が飛び出して舞台上に落下しました。
私が遭遇したのはこれで2回目。いずれも坂口君の時です(笑)

山口さんはまたまた立膝をして旗を拾ってカッコ良かった♪
まさか千秋楽に見れるなんて思わなかったので嬉しい。
坂口君、ナイス!?(笑)
今期のチビルド君は坂口君がお気に入りです♪

ドクトルのシーン
扉の向こうから、シルクハットに手を添えてユラユラと歩いてくる所から双眼鏡で見てしまいました。

「微熱が…」はいつものように吐息系で歌ってて色っぽい。
「あの病気の…」は私の好きな低い声。

「エリザベート…待っていたっ!!」ってシルクハットとコートを投げ捨て…
帽子はいつものように勢いよく暗闇に吸い込まれていきましたが、コートはソファーの手前に落ちてしまっていました。

「今こそ出かけよう 黄泉の国へ~」の時。
本当に(笑)「トート閣下、出ました~参上!」って感じでこの変わり身が面白い。手を広げるからかな?凄い大きく見える。

ソファーの手前に落ちたコートを踏まないようにまたいで片足をソファーに乗せて、シシィの言葉を聞いている時、顔はうつむき加減なので良く見えない。

「ごまかすなよ……この俺っだ~~~♪」ってシシィに詰め寄る時は、また激しい。
シシィにまたもや拒絶され、去る時はどこか心残りなように、扉の所で横顔を見せる…。

2幕『闇が広がる』
古川さん、ちょっと上手くなった気がします。
音程はきちんと取れているし、声に力も出てきて今日はまあまあ良かったです。
今までで1番良かったかも。(初めがあまりに…だったから)成長と言う意味では古川さんが1番上達した気がします。

山口さんはいつも常に同じように見えました。
「王座に座るんだ~~」も今日も轟いていました。

ショーストにはならなかったけれど、いつもよりも拍手に厚みがありました。
そしてそっとルドルフの腕に手を添え…拍手は終わり…

独立運動
椅子に座る前、じ~~~っとルキーニと視線を絡み合わせる…
そしてテーブルの上の新聞を手に持ち…この新聞を持っている時の手がなんか可愛いな~っていつも見てしまいます(苦笑)マキシムも思い出す…。

椅子に座っている時、足は凄い開いて座ってて、構えて立ち上がりやすくしているのかな?
ルドルフに向かって「お前が自ら導くのだ~」の所、好きなんだけれど、今日は声がちょっと変になってしまってました。ちょっと残念。

その後は動きも激しいこともあり、閣下だけ、ただただ見ています。
脳内ではほぼ再現できるけれど…文字にするとなるとちょっと無理っぽい。

ルドルフをご招待。って感じで馬車に乗せ。閣下も鞭を振り回す。
この鞭の振り回しは、凄い激しくてビックリした時もあったけれど、今日は普通な感じ。そして馬車から降り、腰を落として力を入れてハンドパワーで馬車をグイーッと動かす。そう言えば…閣下をガン見なのでこの後、馬車がどこへ行くのか見たことないかも(苦笑)

ルキーニから渡された新聞をクシャッと空気を含むように丸めて返し
トートダンサーズが合流(笑)そして頭をグルグル回し髪を振り乱してダンサーズの一員になったように?(笑)踊り始める閣下。
ハンドパワーを駆使してルドルフを操っている感じ。
ターンは綺麗で、若い頃(四季時代)は練習したんだろうな。踊っていたんだろうな…見たかったな~って思う。

そして腕を上げ銃声に合わせて手をクイッとして「バキューンバキューン」の音と合う。

今期はゼップスの撃たれ様がジャンピングをしてて、リアルな感じで驚きます。

陛下がルドルフを叱咤する時。
閣下はひっそりと様子を伺い、ずっと横顔を見せている…。

マイヤーリンク~ルドルフへの死のキスシーン
扉が開いて、ルドルフを狙って手を広げてダダダダ~~~と物凄い勢いで追い詰める閣下。古川さんの必死に逃げる表情がとても良かったです。
そしてルドルフを捕らえ、胸元から銃をサッと渡し…
この時、そのままルドルフは自殺してしまうのではないか?って思ってしまいます。でも閣下はルドルフの後頭部をがっと掴み、ルドルフの顔を少し見つめ目を開いたまま静かにキス…今日もとっても綺麗に見えました。
ここは演出が変わったので、荒々しい閣下に見えます。

そしてルドルフが自殺する銃声と共に閣下は頭をルドルフの方(上手側)へ頭を傾ける。前はゆっくりとぐるりと頭を回していたので、ここは変えたところですね。

ルドルフの棺から出てくるシーン。
葬儀のシーンからずっと棺の中に入っているの大変そうです(笑)
ドバッと出てくるけれど、俯いているので顔は見えないけれど
手をふにゃふにゃと動かしてて(笑)以前に比べると、今日はそれほど動かしていなかったので良かった。ここは悶えているのか?良く分からないけれどあまり動かない方がいい気がします。

「まっだ~私を愛してはいない~~~」ってガルルル~系に歌って・・・

そしてルキーニが写真をパチリと撮影。

先月は歌い終わった時のまま、表情も険しく伸ばした手をちょっと下げた所でフラッシュで光って見える・・・って感じでしたが最近は手をすっと降ろして気取ったように?(笑)ポーズって決めていたのが面白かったです(笑)
今日も手を下ろしてかっこつけポーズでした(笑)

『悪夢』
この時の閣下も気取ってる(笑)しかもとっても楽しそうです。
全体を見たい所けれど…石川さんとの歌合戦の所だけ全体を見ました。
石川さんが絶叫系で歌うから、閣下も余計に調子にのって弄んでいる感じがします。山口さんも負けずに半分叫んだように「自由をっっ!!」「これだっ!!」ってガンガン歌うから本当に凄まじい。
今期はフランツ目線で見た時の、あの衝撃は忘れられません。
どうしても太刀打ちできないトート閣下のパワー。神々しいようなオーラを放って輝いている閣下の凄まじさ。他のトート閣下は見ていないので分かりませんが山口さんならではなのかな?って思いました。

『愛のテーマ』
段差のある棺を下を見ないで歩く…
(そんなことありえないのですが)もしこけたら大変。
って…下を見ないで躓く事もなく良く歩けるな~って思いながらいつも見ています。

「いま~こそ~~ 迎えよう♪」って今期は声が綺麗に伸びてて嬉しい。
良い声だな~♪

そしてシシィを嬉しそうにちょっと微笑しながら両腕に迎え入れる…
抱き合った時、閣下の顔は客席からはまったく見えないのですが、シシィが凄い幸せそうな表情をするので「ようやく安らげるのね。あ~良かった。」って気持ちになります。
そしてキス…。シシィを抱き寄せ背中に回した手が力強くグイって言う時もあったけれど、今日はいつもどおり若干力が入ったような感じ。
今日はセンター席でしたが、キスシーンはいつものように綺麗に見えました。

シシィを棺の中に入れて、手を棺の方へ向けて「これが私の愛したエリザベート」です。って感じでキリリとした表情。そして目を細める…
トート閣下はこれで満足なのだろうか?って思ってしまいました。

そしてカーテンコール。
本当の千秋楽ではないから、しんみりとした雰囲気はなく和気藹々とした雰囲気で終わりました。傍から見てても楽しそうなカンパニーです。

これから本格的な夏に突入し、熱い舞台になることでしょう。
無事に大千秋楽を迎えられますように…。

帝劇公演は終わってしまったけれど、観たくなったら遠征すれば良いかな?って
いう気持ちもあります。でも今年はきっともう帝劇に来ることはないな~。
(何かの製作発表とかあるかな~?)
2012年。帝劇での山口さんの舞台を見るのは今日が見納めって思ったら、とっても寂しかったです。

また帝劇でトート閣下に再会する日を、楽しみに待っています。

(複数キャストのみ)
エリザベート 瀬奈じゅん
トート閣下  山口祐一郎
フランツ   石川禅
ゾフィー   寿ひずる
ルドルフ   古川雄大
少年ルドルフ 坂口湧久

関連記事

テーマ : ミュージカル - ジャンル : アイドル・芸能

04:06  |  観劇日記(エリザ)  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

脱力感…

ちよ様 今晩は!

マイ千穐楽から早いもので1週間がたちました。が、心は帝劇をさ迷っているようです…
今回も、帝劇通いをしつつちよさんの熱・いレポを楽しませて頂きました♪
有り難うございました。
同じ日に観劇をしていることが何回もあるので、たぶん、ロビー等ですれ違っていることでしょうね!

今回は頑張って、3人のトート閣下を観せて頂きました。その中でも山口トート閣下は何者であっても包み込むような歌声で一番帝王らしく思えました。ファンの欲目でしょうか?

帝劇まで往復3時間以上かかるので、帝劇でもプチ遠征の私は、博多は勿論、名古屋・大阪も厳しいので、ちよさんがお出掛けになりましたら、是非、レポートをお願いします(^-^ゞ

長々と失礼しました。
モディ |  2012年06月30日(土) 21:55 | URL 【コメント編集】

ありがとうございました

ちよ様

2ヶ月間、詳細でツボ万歳のエリザレポをありがとうございました!
お陰で楽しく、楽し~く過ごすことが出来ました・・

今期の祐一郎さんトート、すべてがキラキラと輝いていましたね、
歌も、表情も、姿も、
共演のどの女優さんより(ゴメンナサイ)色白で、妖艶で、
観る人を瞬時に別世界にいざなってしまう、
その眩しいほどの美しさ!
その壮大な歌声!

12年間続投のキャリア・・だけでなく、何かが光っている!
舞台に対する真摯で純粋な姿勢からでしょうか・・

今期の閣下、
ロンドンのあの有名な蝋人形館に飾ってもらって、
世界中の人に「日本の美しいトート様」を見てもらいたい・・・
なんて思ってしまいます(^^)

千秋楽でまたピストルの旗が落ちましたね・・私も2回目、
実は毎回観劇のたびに落ちないかな~~と期待していました(^^;)、
なんだかその方が自然だし・・
閣下、前回(5月22日)はくるりと半回りしてもう少し美しい動きがおおかったですよね。

エリザを棺に納めて、氷のような冷たい無表情に・・
山口さん自身は心で何を語っているのかしら??
まつ |  2012年07月01日(日) 17:52 | URL 【コメント編集】

終わってしまいましたね

ちよさん お疲れさまでした。
大作のレポありがとうございました。
いちいち「そうそう」と頷きながら読ませていただきました。
待ちに待った『エリザベート』でしたが、いつもながら、はじまるとあっという間に終わってしまいます。
千穐楽のトートさまは、最高に丁寧で素敵でした。
そして、全キャストの皆さんの気持ちがひとつになった今季いちばんの舞台だった気がします。
カーテンコールでのキラキラ輝く皆さんの笑顔が見られただけでもシアワセでした。
よっこ |  2012年07月04日(水) 19:49 | URL 【コメント編集】

モディ様 Re: 脱力感…

こんばんは。

3トート観劇されたのですか!?
あっここが違うとか、演出の違いや全体的な印象とか
変わって来るので面白かったかと思います。

私も帝劇まで往復3時間ジャストぐらいの遠さですが、3時間以上となるとプチ遠征になりますよね。公演中は帝劇まで1時間以内の住まいに引っ越したいぐらいです(笑)

山口さんのあの包み込むオーラや雰囲気は本当に不思議です。
出番の時ではなくても閣下の存在感がじわっと感じられる・・・

残りの3都市遠征は・・・
私も行けるか分からないのですが、もし行ったらレポしますね。
ちよ |  2012年07月06日(金) 20:51 | URL 【コメント編集】

まつ 様 Re: ありがとうございました

コメントありがとうございます。

> 今期の祐一郎さんトート、すべてがキラキラと輝いていましたね、
> 歌も、表情も、姿も、

ヴィジュアルは今期が一番最高でしたね。
祐さんもさらに痩せてスタイルも完璧♪

昔はカツラが物凄く微妙でした。
この感じなら来期(2年後?)でも充分できますよね。

> 千秋楽でまたピストルの旗が落ちましたね・・私も2回目、
> 閣下、前回(5月22日)はくるりと半回りしてもう少し美しい動きがおおかったですよね。

やっぱりそうですよね?
上手く説明は出来ないけれど、1回目に見た時の方が素敵な感じがしました。
でもいつもと違うちょっとしたハプニングがあると「おおぉ!」って嬉しくなります。

> エリザを棺に納めて、氷のような冷たい無表情に・・
> 山口さん自身は心で何を語っているのかしら??

そうなんです・・・
私もあの表情の意味。トート閣下の気持ちはどんななんだろう?って色々考えて見ましたが良く分からなかった・・・(苦笑)
最後の閣下の心境に近づけてないな~って毎回思ってしまいました。

本当に楽しい帝劇通いでしたね。
ちよ |  2012年07月06日(金) 21:16 | URL 【コメント編集】

よっこ 様Re: 終わってしまいましたね

コメントありがとうございます。
終わってしまいましたね・・・

千秋楽も良い舞台でしたね。
同じ空間で共有できて良かったですね。

山口さんがいつもご挨拶で話される
「皆さんと一緒にひと時を過ごせて幸せです」と言う言葉。
実感してしまいます。

よっこさんもお疲れ様でした~。
ちよ |  2012年07月06日(金) 23:49 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://stages.blog99.fc2.com/tb.php/1105-93f20b61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |