2017年10月 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2014.05.10 (Sat)

レディ・ベス 観劇日記 +2014/5/6+

本日も行って参りました。

今日は待ちに待ったロビン役の加藤和樹さんを観れるのでとっても楽しみにしていました。

何年か前に友達の友達が加藤和樹さんのファンになったって話をした事があったのですが、今でもファンを続けているのかな~?
まさか私が加藤和樹さんを「生」で観る事になるなんて思ってもいなかったからとっても不思議です。

そして…
なんだか今日は感動してしまいました。
キャストが違うだけでこんなにも違うものかと…今日も思ってしまいました。
きっと私にとって一番のベストキャストの日だったのかもしれません。

数日前に観劇して「お姫様そのものだ!」って思った花總さん。
今日も可愛らしく、歌声もソフトでホッとできて和みました。
私はつくづく花總さんのベスが好きだな~って実感。

メアリーの未来さんはやっぱり凄い!大迫力でした。
声量があって、本当に気持ちが良いくらい歌が上手い!
未来さんの歌も大好きだ~。
そして今日ツボったのは、フェリペとの結婚話に照れながらも無邪気な少女のように嬉しそうにしているメアリーを見て可愛い!って思わず思ってしまいました。

フェリペの古川さん
どうしてそんなに変われるの!?(笑)って思ってしまって(笑)
素と演じてる時のギャップが凄すぎて目を見張ってしまう…
そこが彼の魅力的な部分なんだろうな。
ルドルフを演じていた時とは全然違うので本当に目を疑ってしまいます。
古川君。フェリペは適役かもしれない!
王族っぽい気品溢れる感じなのに…悪っぽいニヤリとした微笑…
あの表情が忘れられない。
それで思わず笑ってしまったのは、旅の途中。
ロビンと仲間たちとフェリペ様ご一行が出会って、フェリペが自分の身分を隠してメアリーの評判と結婚について尋ねる時。
スペインだからフラメンコ的な踊りを取り入れたんだと思うけれど
何であの場面で急に(笑)なぜあんな(フラメンコ的な)ダンスをする!?って思ったら唐突に可笑しくなって、笑えてきてしょうがありませんでした。いえいえ、踊っている姿はとっても格好良いので「カッコいい~」と思いつつ…でも笑える(笑)

そして初見の加藤和樹さん
山崎さんのロビンは自由人で躍動的というか…私にはちゃらちゃらしているように見えているのでいるのですが、加藤和樹さんの演じるロビンは色々な事に真摯に向き合っているというか、物静かでちょっと影があり、考え方が一貫してて芯が通っていて、まじめな印象。男らしい感じ。私は加藤さんのロビンの方が好きだな~。って言うか、加藤さんのロビンならベスが惹かれる意味が良く分かりました。しかも自分の夢に向かって、突き進む…その姿がカッコ良い。そしてベスの事を一途に想っているようにも見えました。

ロビンとベスはキスシーンとかラブシーンが数回ありますが
初めのキスシーンは、なんか初々しさ、2人の恥ずかしさが伝わってくるような、ぎこちなさがあってドキッとしてしまいました。熱烈な感じよりも、クールな感じの方がドキドキする(*・・*)ポッ

そして最後。
ベスが「恋」よりも「責任、王位」を選んでロビンに別れを告げるシーン。
凄い切なかった~(泣)
思わず涙が出てきてしまいました。まさかここで泣けてくるなんて(ノ_-)って自分でびっくり。
今日は(私に)2人の間の「愛」が見えたからかもしれません。
惹かれ合っているのに別れなくてはいけないって…辛い…。

そしてその愛を断ち切って王座に向かって歩く時のベスの後姿。
一歩一歩階段を上がって振り向いた時のベスが…
この間は単純に漫画から抜き出てきたみたい。
「自由にならないベスの悲しみと国を背負っていくと
言う決意が見えて、物悲しかった」って思ったけれど、自分の人生が自由に選べないと言う事もあるけれど、ロビンへの想いをずっと胸に抱いて生きていく。生きて行かなければならないベスが哀れで可愛そうに見えた。

ロビンの方は…
山崎さんだと「ベス以外の人は好きにならない」的なことを言いつつも、軽さから(笑)すぐに他の人を見つけてしまいそうだけど、加藤さんのロビンは本当に一途にずっとベスの事を想い、ふとすると物思いに耽って一生を過ごしそう…

花總さんと加藤さんだと「純愛感」がクローズアップされて来る感じがしました。

今日の山口さん。

今日、色々な事に感動したのは、やっぱりアスカム、山口さんの存在があったからだと思います。

アスカムはベスの事を見守る…
だけではなく、正しい道へ導く…。

う~~ん。上手く言葉に出来ないけれど…
レミゼのバルジャンのような慈愛に満ちた感じではなくて
ふわ~っとした雰囲気でベスが頼りにし癒しにもなっているような先生。

ずっと優しいアスカム先生で仲良くしていたのに
ベスが血迷って「恋」に走ろうとした時。
すっぱりと拒絶。

その前のアンとアスカムの歌。
「愛のため全て」がずっとどこかに余韻を残していることに気付いた。
アンもアスカムもベスの事を親身に心配してる…。

旅仕度をして出て行こうとする…
そして尊敬していたアスカム先生が最後に教えようとしたこと。
(アスカムの拒絶の仕方が)ベスにとって、かなり衝撃だったのだと…花總ベスだとその重みに悩んでいる姿が良く分かった。
(平野ベスだと急に心変わりしたように見えた)

ラストの戴冠式の時の歌「晴れやかな日」って言う歌?
この歌、卒業式とかで歌われる「蛍の光」に似ているなと思った。

今日はGW最終日。抽選会がありました。
抽選会と言うとダンス オブ ヴァンパイアをついつい思い出してしまいます。
吉野さんも石川さんもいるし…(笑)
TDVの抽選会は博多座だけだったかな~?

山口さんはチケットの半券を引いて…
おもむろに懐から拡大鏡を取り出して席番を読み上げていました(笑)

モノクロの扮装写真にサイン入り…と言うことでしたが
アスカムは大幅にカツラや髭とか変わったからな~。
写真撮影時の扮装は微妙(苦笑)
今のふわふわモフモフした扮装の方が可愛らしい

キャスト
レディ・ベス…花總まり
ロビン・ブレイク…加藤和樹
メアリー・チューダー…未来優希
フェリペ…古川雄大
アン・ブーリン…和音美桜
シモン・ルナール…吉野圭吾
ガーディナー…石川禅
ロジャー・アスカム…山口祐一郎
キャット・アシュリー…涼風真世

関連記事

テーマ : ミュージカル - ジャンル : アイドル・芸能

09:23  |  観劇日記(レディ・ベス)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://stages.blog99.fc2.com/tb.php/1204-b7874c96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。