2017年10月 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2015.03.08 (Sun)

クリエ・ミュージカル・コレクションⅡ +2015/3/7+ マチネ

1週間ぶりのクリコレ。

オープニングはまたまた田代さんでした。
お当番の順番で行くと土日は同じ人が回ってくるのかなぁ?

今週とても楽しみになってしまったのが…
保阪さんの「吹けガブリエル」と大塚さんと田代さんの「シェルブールの雨傘」港の見える広場が楽しみで楽しみで…耳に凄い残る…。
実は先週、「シェルブールの雨傘」がなかったのでとても淋しかった…。

保阪さんの「吹けガブリエル」は凄い軽快な歌で楽しいし。
スコーンと響き渡る声が気持ち良い。

「シェルブールの雨傘」は誰もが一度は耳にしたことがある曲だと思うのですが
2人とも歌が上手くて、コンサートではなく舞台を観たような気分になるほど気持ちがこもってて、私はストーリーはまったく知らないのですが(苦笑)、2人の切ない気持ちが伝わって来ます(泣)

この2人でもし「シェルブールの雨傘」をやったとしたら観に行きたいな~って思うほどです…
去年?数年前?記憶があいまいですが、井上芳雄くんがクリエでやってたような…?チケットが完売になってて凄い売れてるんだ~って思った記憶が…。

そしてクリコレ第3期。
待ちに待ったアッキー登場です。

去年の「ファーストデート」以来だから約3ヶ月ぶりに聴くアッキーの生歌♪
やっぱりアッキーは独特の雰囲気があるな~。

ソンライの歌。
「Dinosaur in My Heart」(スペルあって合ってるかしら?)
キーボードで弾き語り…そしてオケが加わり…

「恐竜が…」どうのこうのという歌詞が耳に焼き付いてしまったのだけど
どういう話の流れで「恐竜」なのだろう?

歌が終わったら…。
空気がガラッと変わって異空間というのか?今までとは違ったクリコレの空気。
アッキーやっぱ空気を持っていくね…凄いな~って思った。
俳優さんみんな誰しも空気、個性があるのだけど、アッキーはまた誰も持っていない雰囲気を持っている。

次の曲はPQで山口さんの歌なのに…
舞台の空気を乗っ取ってしまった感があって…
ミュージカルのクラシカルな世界に戻って来れない…(苦笑)
アッキーの余韻が凄い残っていて、やっぱりアッキーって個性的だ…と思った。

「罪を着せろ」
岡田さんからアッキーに変わり…
また違う4人組…。

3パターン見ての感想。
一番カッコ良かったのは「今さん、吉野さん、岡田さん、田代さん」の4人組。
何だろう?声が4人とも低い声が良い声だったからかな~?
4人とも背が高かったからかな~?めちゃくちゃ格好良くて目を見張ってしまった。

「今さん、吉野さん、岡田さん、泉見さん」の時…泉見さんのふわ~っとした雰囲気があって丸い感じで柔らかい感じになった気がした。

そして「今さん、吉野さん、田代さん、アッキー」…はまた違って…
なんと言うのだろう?和気藹々?
私はアッキーに惑わされて、まだ掴みきれていなくてなんか良く分からないけれど…悪者って気がしない…?
ただのコンサートなのにこんなにもキャストによって違うなんて…

三銃士「すべて」
保阪さんとアッキーのデュエット。

こんな曲あったっけ?
聴いた事あるようなないような…
どういうこと?真剣に見てたはずなんだけど…。

帝劇100周年時。
三銃士は10回以上は見た気がするのだけど…
歌う人、歌い方が違うだけでこんなに違う歌に聴こえるってこと?
だよね~。きっと…。
聴いた事のフレーズあるし…。

「影を逃れて」
う~~~~ん。
アッキー。歌い方違った。(きっと私がCD聴きすぎ!なだけです)
それはそれで良いんだけど…。

なんか…
あの時の中川ヴォルフには2度と会えないんだなと思った…。
歌声も綺麗だし、伸びまくるし、アレンジも変えてて凄いんだけど…。
2度と同じヴォルフには会えない…それがちょっと悲しく思ってしまった。
やっぱり「思い出」…として封印するしかないんでしょうね…。

その後、、、歌い終わってショーストップ的に拍手鳴り止まず…。

今日の山口さん。

ローマの休日「それが人生」
元気良く歌う山口さんが好きです♪
こう言う風に軽快に歌う舞台ないからな~

パイレート・クィーン「愛していると言えたなら」
今日もとってもとっても良い声で惚れ惚れ。
山口さん、大絶好調だよな~。本当に嬉しい限り。
保阪さんとのデュエット。
声が綺麗に合うから本当に聴き応えがあります。


舞踏の間
山口さん。凄いカッコいい~~~。

曲が流れただけで凄いワクワクする!
このバックのオケの音とかが余計にワクワク感を増大させるんだ~って思った。私はドラムのガンガン言うノリの良い音を聴くと…
そしてその音たちにのせて歌う山口さんの歌声が醸し出す。
伯爵が…劇場を支配しているよな感覚が好きだ~。

ずっと山口さんをガン見です…
本当に格好良い。素敵過ぎる。

吉野さんも…また息子役に復帰してくれないかな~。
あの怪しく、遊び心、見せ方を分かっている人が息子に適役なんだけれどな~。
今回のコンサートでめちゃくちゃ遊んでますね。それでこそ吉野さん!
吉野さんにしか出せない味だと思います。

パイレート・クィーン「君のそばで」
もう再演はないだろうから…貴重な歌です。
声が伸びる伸びる…。
あの頃を思い出します…。
でも…(苦笑)
ガツラをよくよく見たら…山口さんに似合ってないな~(苦笑)
まぁ、ティアナンっぽさはあるけど…。

レベッカ「こんな夜こそ」
ほんと良い声~。この歌を歌う山口さん凄い好き。
また聴けて嬉しい…。

「彼を帰して」は…もう言葉に出して感想を言う事はない…
って言うくらい素晴らしい。
人生で、この声この歌を聴けて本当に良かった幸せだと思った。

カテコ
今日は最初で最後の生声が聞こえてくるくらいの前方席でした。
そしたらお辞儀のたびに「ありがとうございましたっ!」って山口さんのお礼の言葉が聞こえてきて嬉しかった。勘違い目線かもしれないけれど視線が合った気がしました。
山口さん!このような耳が豊かになるコンサートに招いてくれてありがとうございました。

キャスト
大塚千弘、今拓哉、涼風真世、保坂知寿、吉野圭吾、山口祐一郎 

Wキャスト 田代万里生、中川晃教

関連記事
00:27  |  ミュージカル・コンサート  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://stages.blog99.fc2.com/tb.php/1240-8e1ef171
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。