2018年09月 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007.07.12 (Thu)

レ・ミゼラブル 観劇日記

レミゼ、とにかく感動でした
ちょっと冷静ではないです…
SP公演ってこういうことなのかと…つくづく。

アンジョルラスとマリウスが初登場の場面を観て…
今日のアンジョは東山さんなんだ~ 
マリウスは???誰だろう???泉見さん???でも声が違う…
びっくりして双眼鏡でまじまじと見たら石川さんではありませんか!!
今日はSP公演だったのね~。すっかりすっぽ抜けてました。

石川マリウスと東山さん、コゼットの富田さんと並ぶと
見ため的に歳の差が感じられ微妙に違和感があって
石川さんのマリウスに慣れるまでちょっと時間がかかりました。
でもやっぱり低い声を出すジャベールよりもマリウスの方がいい声~。
石川さんの良い所が前面に出せる役って感じ。
エポニーヌの島田歌穂さんは普通に馴染んでいました。

東山さん、久しぶりに観たけど以前よりも歌が上達したように感じられました。
いや~ルックス綺麗だね~。本当に整ってる…
ただ1幕目はオールバックだったのが残念な感じ。
少しでも前髪があった方がカッコいいのに…
と思っていたら2幕目はチョロリと前髪があって良かった。
髪の色も綺麗な茶髪に染めてありGOOD!(#^.^#)

幕間は石川さんと島田さんを大絶賛する声しか聞こえてこなかったかも…
私もそんな光景を見て「やっぱりそうだよね~」と思った次第です。
幕間に皆が盛り上がってて、SPってすごいな~と結構冷静でした…
石川さんと島田さんを観れて私自身も「楽しいな楽しいな~」とトイレ休憩。

そんなノリで2幕目…
いきなり島田さんの「オン・マイ・オウン」でウルウルになってしまいました…
エポニーヌの「オン・マイ・オウン」で泣けたの初めてだと思う…
歌も上手いし演技も細かくてしかも切なくて、、、、
「愛してる 愛してる 愛してる でもひとりさ…」の最後のフレーズが…
この3つの「愛してる」の表現が全て違ったのにも感動してしまいました。

この時、私の中で何かが変わってしまって
「今日は(いい意味で)ヤバいかも~」って思った。

そしてバリケードも…
石川さんと島田さんの2人が入っただけで、与えるイメージが違くなる。
でもやっぱり石川さんと東山さんが並ぶと妙な感じ。東山さん、美しすぎ…

山口さんの「彼を帰して」は今日が一番!?って思うくらい良かったです。
いつもにも増してマリウスに優しく優しく語りかけるような歌い方。
めちゃくちゃ優しいな~と「ジ~~ン」と来ていつも以上に感激。
これ以上はないんじゃないかと思うくらい
気持ちを込めて優しく丁寧に丁寧に歌ってました。

そんな中でジャベールの今さん…
変な感想かもしれないけど、頼もしく感じてしまいました。
安心して観ていられるし、安定している…。
今日は今さんで本当に良かったと思ってしまいました。
(この間の阿部さんが微妙に自分のジャベール探しをしているような
手探り状態のような感覚が残ったせいかな~?)

そうそう!「対決」では山口さんと声が合っていて本当に綺麗でした。
これも今日初めて感じました。
「誓って やり遂げよう…」が特に…「うお~」って感じ
あのピタッと来る感じ何とも言えません。

石川さんの「カフェ・ソング」すっかりやられてしまいました・・・・・
この歌では岡田浩暉さんの歌でしか泣いた事なかったのに…
石川さんを今まで観てて分かっていた気もするけど
演技と歌が…(泣)自分だけなぜ生き残ってしまったのかと歌う姿・・・
悲しくて、つらい、、、、辛すぎるよ~~切なすぎ・・・
慟哭の表情…胸が締め付けられる…
も~涙なくしては観ていられませんでした・・・
泣いてしまうと涙で目が曇ってよく見えなくなるからイヤなんだけど。
耐えられなかった…しかも自分がまさか泣いてしまうなんて思ってもみなかったからハンカチも用意してなかった。
バックを漁ると周りに迷惑になるし自分も気がそれるから
手で何度も目を拭きながら観てました。
今、これを書きながらもなんか泣けてくるよ~~やばい…
禅さん、最高!!石川さんも好きだよ~

その後コゼットの富田さんは声が引っかかると言うか
ファルセットが綺麗でなくて
自分の感覚が現実に戻ってしまいそうになったけど…
感性が一度飛んでしまったのでそのままふわふわとエピローグへ…
山口さんも駒田さんもその他大勢みたいな感覚になってしまって…
しっかりと観なきゃって思うのだけど
平静に戻れなくって、、、中を浮いた感じとでも言うのか???
その感覚が妙に心地よい…
自分の存在がなくなって不思議なところから
舞台を客観的に観ている感じ。ごくごくまれにあります。
(幽体離脱か?って感じで危なげだけど例えです)

1幕目はしっかりと山口さんを観てました。
今日は市長さまがすべてツボでカッコ良かった~。
ファンテーヌが他界して目を閉じさせた後、
ジャベール:バルジャ~ン ついにまた会ったな…
の前のオケの「チャン♪」のところでバルジャンが睨むところ…
すごいゾクッとして「ドッキーーーーン」としてしまいました。かっこい~。

それから最後の「列に入れよ…」のピープルソングの時。
山口さん、16日の初日以来見せなかった表情をしてました。
なんというか、、、、泣きそうと言うか…感極まると言うか…
顔をしかめた感じ…で
汗か涙か判別は難しかったけど頬に光るものがありました。

私、初日に見た時はこれは演技なのかな~?と思ってたけど
その後の公演は以前のように無表情というかいつもの普通のお顔。
あの時は見間違えなのかな?と思ったりもしたけど…
今日見て山口さんも何か感じてああいう表情をするのかな?
と思ってしまいました。

また長くなってしまいましたが、とにかく心に残る公演でした。
こういう感動に誘ってくれる山口さんに感謝です。
祐さん最高!!


7月11日(水)18:15 
ジャン・バルジャン 山口祐一郎
ジャベール 今拓哉
エポニーヌ 島田歌穂
ファンテーヌ シルビア・グラブ
コゼット 富田麻帆
マリウス 石川禅
テナルディエ 駒田一
テナルディエの妻 森公美子
アンジョルラス 東山義久
関連記事
04:52  |  観劇日記(レミゼ)  |  TB(1)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

最高でしたね!

ちよさん、おはようございます。
私も昨日観劇&感激でした!まさにベストメンバーでは?っていう感じでしたね。
山口さんx今さんはもちろんですが、SP公演ならではで、禅さんと島田さん最高でした。
目の前にいる禅さんは、ルイでもジャベールでもない、まさにマリウスでしたね。
いつもは山口さんメインな感じで観てしまうのですが、昨日は禅さんと島田さんに重きを置いて観てしまいました。大満足でした~。
よっこ |  2007年07月12日(木) 06:13 | URL 【コメント編集】

よっこさん♪

こんにちは。
わたしも、、、まさに!!
またもやベストメンバー???って思ってしまいました。
本当にすごく良かったですよねe-2
そして、この感動を味わいたくてまた通ってしまう…(苦笑)
ちよ |  2007年07月14日(土) 02:41 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://stages.blog99.fc2.com/tb.php/71-ad18debd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

レ・ミゼラブル

レ・ミゼラブル『レ・ミゼラブル』(Les Mis?rables)は、ヴィクトル・ユーゴーが1862年に書いた、ロマン主義フランス文学の大河小説である。作品概要1本のパンを盗んだために19年間もの監獄生活を送ることになったジャン・ヴァルジャンの生涯が描かれて
2007/07/26(木) 08:45:53 | ちはるのブログ

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。